イオンディライトは、中国湖北省武漢市で総合ファシリティマネジメントサービス(FMS=施設を中心とした総合的な経営管理)事業を展開する武漢小竹物業管理有限公司の株式51%を取得し子会社化することを決めた。

イオンディライトは中国におけるFMS事業の拡大を進めており、天津市、蘇州市に続く3つ目のエリアとして武漢市の武漢小竹物業管理を取得することにした。

取得価額は約2億4400万円。取得は2013年7月を予定している。