M&A速報

イオンディライト<9787>、現地子会社を通じて中国医療機関向けサービス会社を子会社化

2021/10/25

イオンディライトは中国子会社を通じて、現地の医療施設で清掃や院内運送、警備、設備管理、患者付添などのサービスを手がける浙江美特来物業管理有限公司(杭州経済技術開発区。売上高7億1600万円、営業利益△3500万円、純資産400万円)の株式51%を取得して子会社化すると発表した。

中国での医療施設関連の業容拡大を図り、成長を加速するため、医療施設でのファシリティーマネジメントの豊富な事業経験と実績、高い専門性を持つ浙江美特来を子会社化することを決めた。取得は持ち分の買い取りと増資の引き受けを通じて実施する。

取得価額は増資引き受けの1000万人民元(約1億7200万円)を含めて総額2805万人民元(約4億8400万円)。取得は2021年12月から2022年2月までの間に実施する予定。

M&Aデータベース

関連の記事

[ビルメンテナンス業のM&A] 国内の大手集約が進行

[ビルメンテナンス業のM&A] 国内の大手集約が進行

2018/09/12

ビルメンテナンス業界全体の売上高は、引き続き堅調に推移している。直近のビルメンテナンス業界のM&Aは、「国内の大手集約」「海外展開」「総合サービスの提供」「選択と集中」に特徴がある。

 「TOBってなあに? もうかるの?」 第2回

「TOBってなあに? もうかるの?」 第2回

2016/08/05

KDDIと住友商事によるジュピターテレコム(J:COM)の買収で、海外投資家らがTOBの買い付けに応じない株主から強制的に株を買い取る際の価格が「低すぎる」と申し立てた主張を、最高裁が退けたのは記憶に新しいところ。TOBを投資の目線で見るとどうなるのだろうか?「節税ヒントがあるかもブログ」のメタボ税理士が、全3回でTOBについて分かりやすく解説する。

[ビルメンテナンス業界のM&A]3つの傾向

[ビルメンテナンス業界のM&A]3つの傾向

2016/08/04

ビルメンテナンス業は、主にビルを対象として清掃、保守、機器の運転を一括して請け負い、これらのサービスを提供する業と定義されている。経済状況に左右されにくく、安定収益が見込みやすいことから、M&Aにおいて非常に人気が高い業種の1つだ。ビルメンテナンス業界のM&A動向を探る。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5