M&A速報

セコム<9735>、東京美装興業<9615>へTOB

2008/02/07

セコムは持ち分法適用会社の東京美装興業に対し、提携関係強化の一環としてTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。東京美装興業はTOBに賛同を表明している。セコムの現在の株式所有割合は27.1%で、TOBにより所有割合を39.9%に引き上げることを目指す。

両社は2007年から資本・業務提携を進めており、オフィスビルや大型商業施設などで一部業務の相互委託や商品の販売協力などを行ってきた。今回のTOBによりセコムは出資比率を高め、一層のシナジー(相乗効果)創出を図る。

TOBの買付価格は1株当たり650円。公表前営業日までの過去1週間の終値平均630円に対し、約3.2%のプレミアムを加えた。買付予定数は188万3000株で、買付予定額は12億2400万円。公開買付期間は2008年2月15日から3月13日までを予定している。

関連の記事

警備会社に追い風 オリンピックでさらなる高みへ

警備会社に追い風 オリンピックでさらなる高みへ

2019/11/15

セコム、綜合警備保障(ALSOK)、セントラル警備保障(CSP)の警備業大手3社の業績が好調だ。テロなどに備えた防犯意識の高まりなどから警備需要が増加しているのが背景にある。

創業家の内紛シリーズ(2)事業承継が絡む争い編

創業家の内紛シリーズ(2)事業承継が絡む争い編

2017/10/25

創業家の内紛シリーズの第2回目は、「事業承継が絡む争い編」として、大戸屋、セコム、セブンアンドアイの3社を取り上げたい。創業者の遺骨を社長室に持ち込み社長退任を迫る未亡人など、感情的なもつれも垣間見えるのが今回の事例の特徴といえる。

[警備業界のM&A]経営基盤の強化は各社共通の課題に

[警備業界のM&A]経営基盤の強化は各社共通の課題に

2017/09/30

警備業界はM&Aが活発な業界のひとつである。とりわけ、インフラ整備など大がかりな設備投資が求められ、スケールメリットを享受しやすい機械警備が主流になるにつれ、M&Aに乗り出す企業が続出している。

企業のお家騒動・騒乱その行方 【セコム】会長と社長がそろって解職に

企業のお家騒動・騒乱その行方 【セコム】会長と社長がそろって解職に

2016/09/09

ニュースやワイドショー、新聞、雑誌などでひとたび話題になると人々の関心を引き、株価にも影響を及ぼすこともある、企業のお家騒動。その騒乱の行方はどうなったのであろうか。これまでに起きた注目の企業のお家騒動をまとめてみた。今回は、セコムで起きた対立と退任劇を振り返る。

【セコム】新事業が祖業を逆転のM&A、今後の勝算は?

【セコム】新事業が祖業を逆転のM&A、今後の勝算は?

2016/05/16

創業し、現在も同業界の首位の座を守っているセコム。セキュリティサービス事業の売上高構成比は、現在6割弱にまで減らしている。セコムのM&Aを見つめてみる。

【セコム】新事業が祖業を逆転のM&A、今後の勝算は?

【セコム】新事業が祖業を逆転のM&A、今後の勝算は?

2015/10/28

創業し、現在も同業界の首位の座を守っているセコム。セキュリティサービス事業の売上高構成比は、現在6割弱にまで減らしている。セコムのM&Aを見つめてみる。

関連のM&Aニュース