menu
Social media

法律・マネー

【M&Aインサイト】他社の株式取得に際しての役員の善管注意義務違反を否定した裁判例

Cover ef8d8a82 4b98 4c9e 81e0 54281fd1f257
※画像はイメージです

2016 年7月20日、東京高裁は、不動産事業を営むA 社が環境事業のベンチャー企業であるB 社の株式を取得したことに関し、A社の株主らが、当該株式取得時の取締役及び監査役らに対して、善管注意義務違反があった等として会社に対する損害賠償を求めた株主代表訴訟において、株主らによる控訴を棄却し、第一審と同様に、被告役員らの善管注意義務違反を否定する旨の判決を言い渡しました。

第一審では、経営判断の原則に基づく判断基準を採用した上で取締役の判断は不合理ではないと判示されたところ、控訴審においては、原告株主らから、経営判断の原則に基づき取締役の裁量を判断するとしても、本業と関連性の低い純然たる投資について取締役に認められる裁量は限定的なものとなるとの主張がなされていました。これに対し、東京高裁は、経営判断の原則に基づく判断基準を採用した上で、異業種の事業の会社の株式を取得する場合であっても、事業の採算性や将来性のほか、既存の事業との関連性や事業内容を多角化させる必要性等、多様な要素を考慮に入れて、会社全体の運営のために限られた時間内で専門的知識経験及び政策的配慮に基づいて判断を下すことになるため、基本的には既存の事業活動に関する経営判断の場合と同様に、広い裁量が認められるべきものであるとの判断を示しました。

本判決は、事例判断ではあるものの、事業会社による異業種の会社の株式取得に関する取締役の判断においても、経営判断の原則に基づく既存事業と同様の判断基準が適用されることを示したものとして、実務上参考になると思われます。

弁護士 大石 篤史
03-5223-7767
atsushi.oishi@mhmjapan.com

弁護士 徳田 安崇
03-6266-8934
yasutaka.tokuda@mhmjapan.com

文:森・濱田松本法律事務所Client Alert 2016年10月号Vol.34より転載

関連リンク
【M&Aインサイト】M&Aに関する役員の善管注意義務違反を否定した裁判例

森・濱田松本法律事務所

森・濱田松本法律事務所は、国内案件・国際案件の双方において、 高度の専門性と豊富な経験・実績を有する大規模法律事務所です。 常にクライアントの皆様の期待に応え、「選ばれる事務所」であり続けることを目指しています。


法改正・判例

NEXT STORY

【キャリア危機への処方箋(1)】M&Aで社内は大混乱。賢いビジネスパーソンは転職すべき?

【キャリア危機への処方箋(1)】M&Aで社内は大混乱。賢いビジネスパーソンは転職すべき?

M&Aに直面した従業員が、どのように前向きな会社生活を送り、自身のキャリアをよりよいものにしていくにはどのように判断し行動すべきなのだろうか。企業における従業員のキャリア相談から研修まで、幅広い分野で活動するキャリアバランスの弓ちひろ代表と、自身も会社員としてM&Aに直面したことがあるという、同社取締役の赤堀吉昭氏に話を伺った。第1回は転職判断についてお伝えする。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333