ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

ダイヤモンドダイニングがゼットンを買収!売り上げ規模は300億→400億へ

alt

■ゼットンの営業利益は直近で9300万円の赤字と斜陽化していました

 ゼットンの28年2月期の業績はこんな感じです。
▼売上高 101億4100万円(昨対5.5%増)
▼営業利益 9300万円赤字
▼経常利益 2400万円(91.9%減)

 ちなみに29年2月期の業績予想はこんな感じ。
▼売上高 102億(0.6%増)
▼営業利益 2億3000万円
▼経常利益 3億円(65.4%増)

 ゼットンの売上は3つの柱で構成されています。
①:ビアガーデン
②:アロハテーブル(ダイニングカフェ)
③:ブライダル

 ①ビアガーデンは天候に左右されやすく、特に昨年は影響をもろに受けたようです。不採算店を閉店し、特別損失を計上していました。
 ②主力のアロハテーブルは出店速度に人材育成が追いつかず、既存店の人員不足を招いています(社員をフル回転で毎日出勤させる、ブラック企業の烙印を押される手前まで行ったかどうかはわかりません)。主力事業がガタついたことは間違いなさそうです。
 ③ブライダルは稼ぎ頭の名古屋のガーデンレストラン「徳川園」が競合に押されて停滞気味。名古屋エリアは業界でも激戦区として有名で、最近ではツカダ・グローバルホールディングスが駅前にとんでもない巨大施設をオープンしていました。徳川園は一時テレビでも取り上げられて話題となりましたが、駅から遠いなどの要因により、人気が衰えているのでしょう。

 写真(c)ビールを飲む理由

麦とホップ @ビールを飲む理由

しがないサラリーマンが30代で飲食店オーナーを目指しながら、日々精進するためのブログ「ビールを飲む理由」を書いています。サービス、飲食、フード、不動産にまつわる情報を書き込んでいます。飲食店、宿泊施設、民泊、結婚式場の経営者やオーナー、それを目指す人、サービス業に従事している人、就職を考えている人に有益な情報を届けるためのブログです。やがて、そうした人たちの交流の場になれば最高です。

NEXT STORY

M&A用語の歴史 その3 ライブドア/ニッポン放送の買収合戦

M&A用語の歴史 その3 ライブドア/ニッポン放送の買収合戦

2016-09-15

グッドイヤー・タイヤの事例(1986年)を前回ご紹介した。今回は似ている案件のライブドア/ニッポン放送(2005年)の騒動をご紹介する。

関連のM&A速報

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5