ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

「夢のつかみ方、挑戦し続ける力~元宝塚トップスターが伝える~」|編集部おすすめの1冊

alt

数あるビジネス書や経済小説の中から、M&A編集部がおすすめの1冊をピックアップ。M&Aに関するものはもちろん、日々の仕事術や経済ニュースを読み解く知識として役立つ本を紹介する。

・ ・ ・ ・ ・

『夢のつかみ方、挑戦し続ける力~元宝塚トップスターが伝える~』 早霧 せいな著・河出書房新社

「私は将来、なにになりたいんだろうか」。中学生ともなれば、誰しもこんな疑問を思い浮かべることだろう。夢が決まっていても、「本当に叶うのだろうか」と不安を感じているに違いない。

著者の早霧せいなさんは宝塚歌劇団の元雪組トップスター。17年間の現役時代は「ちぎ」の愛称で親しまれ、2017年に退団後は舞台やテレビで活躍中だ。

「宝塚」との出会いは14歳の時。将来の夢が見つからず悩んでいた頃、偶然読んだ記事で宝塚のことを知った。即座に、男役としてステージに立つことを心に決めたという。ただ当時、ダンス、歌もまったく未経験。地方都市(長崎県佐世保市)に暮らす「普通の女の子」にとって、タカラジェンヌへの道のりは平たんではなかった。

最大の関門である宝塚音楽学校は競争率20倍以上という超難関。2度の不合格を経て、高校3年のラストチャンスで入学を果たした。

本書の冒頭にあるのが「24才になる私へ」という手紙。14歳の早霧さんが10年後の自分に書き残した。「…と(途)中であきらめているか、他の事をしているのなら、あなたはこのことを一生こうかいすると思いますよ」。並々ならぬ想いが言葉に込められている。

宝塚歌劇団では宙組に配属され、後に雪組に移った。組替えの戸惑い、苦手な歌、くすぶっていた2番手時代…。男役としては背が低いことへのコンプレックスも。トップへの階段を上り始めても、その裏側では迷い、つまずき、もがく連続だったという。

さまざまな困難や壁を乗り越えて宝塚の頂点に立った早霧さんが、夢の見つけ方やつかみ方、夢を叶えた今何を思っているのかをつづった。もちろん、深刻ぶっているわけでも、偉ぶって語っているわけではない。ちょっとしたヒントを軽妙な筆致で紡いでいる。

本書は版元の河出書房新社が企画・展開する「14歳の世渡り術」シリーズの一つとして書き下ろされた。ティーンエージャーが想定読者だが、ヅカファンの如何を問わず、多くの「大人」に手に取ってもらいたい一冊。(2019年8月発売)

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

「海峡に立つ 泥と血の我が半生」|編集部おすすめの1冊

「海峡に立つ 泥と血の我が半生」|編集部おすすめの1冊

2019/09/22

昭和の終盤から平成の前半、アクセルを目いっぱいに踏み込み、フルスロットルで駆け抜けた在日韓国人実業家がいた。「闇社会の帝王」「バブルの怪人」といった枕言葉を伴って語られることも多いその人物とは許永中氏。自らの半生を初めてつづった衝撃の一冊。