ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

最速評価レビュー!アップル新製品4モデル「買い」か「待ち」か

alt

「iPhone13シリーズ」は「待ち」

今回の新製品発表の主役だった「iPhone13シリーズ」は、事前の予想通り小幅な変更に留まった。ラインナップも先代の「iPhone12シリーズ」と同じく「13」「13 mini」「13 Pro」「 13 Pro Max」の4本立て。販売不振で「廃盤説」が流れた「mini」も生き残った。

カメラやセンサーなどを配置する「ノッチ」とよばれる画面に食い込んだ部分は前モデルで20%小さくなったが、ディスプレーサイズは同じ。「13」「13 mini」は輝度が上がり、「13 Pro」「 13 Pro Max」はリフレッシュレートが120Hzに向上して動画などの動きがスムーズになった。

カメラは全モデルでセンサーシフト光学式手ぶれ補正や「シネマティックモード」などの新機能が追加されたが、相変わらず1200万画素のまま、カメラの数も「13」「13 mini」は広角、超広角の2個、「13 Pro」「 13 Pro Max」はそれに望遠を加えた3個で、前モデルと変わらない。

「iPhone13」でも背面カメラの画素数アップは見送られ、2015年発売の「iPhone6s」と同じ1200万画素のままだ(同社ホームページより)

耐水性能も水深6メートルで最大30分間と前モデルと同じ(前々モデルの「iPhone11」は同2メートルで最大30分間だった)。ただ、CPUは最新のA15 Bionicに世代交代している。バッテリー駆動時間はいずれも前モデル比で「13 Pro」が5時間長い22時間、「13」が2時間長い19時間、「13 mini」が2時間長い17時間と伸びた。ストレージも最大容量が2倍に増えている。

前モデルに比べると地味にパワーアップしているが、即買いするほどの劇的な変化はない。iPhone13シリーズにプリインストールされる9月21日配信予定の「iOS15」は、2015年9月に発売された「iPhone6s」以降の全モデルで動くため、それ以前の超旧モデルでないのなら「様子見」という手もある。「iPhone14」は大幅な機能アップが見込まれる。「13シリーズ」は「待ち」でよいだろう。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

最大で4製品!アップルの新製品ラッシュ、「ご注文はお早めに」

最大で4製品!アップルの新製品ラッシュ、「ご注文はお早めに」

2021-09-10

9月はアップルの新製品ラッシュの月だ。2021年は恒例の「iPhone」のほか、「iPad mini」や最廉価版の無印「iPad」、「アップルウォッチ」など最大四つの製品でモデルチェンジが予想されている。今回注目すべきはオーダー開始日時だ。