買収の記事一覧

「ワールド」が企業買収を活発化 わずか7カ月で4社を傘下に

「ワールド」が企業買収を活発化 わずか7カ月で4社を傘下に

​2018年9月に再上場した総合アパレル大手のワールドが企業買収を活発化させている。再上場後に適時開示した買収案件は3件、このほかにも1社を子会社化しており、買収企業数は4社に上る。

記事を読む
最近出版された「M&A関連本」2019年8-10月

最近出版された「M&A関連本」2019年8-10月

「出版不況」と世間で言われる中、M&Aをテーマにした書籍の発刊が相次いでいます。最近(2019年8-10月)出版されたM&A関連本をまとめました。

記事を読む
ポルノアニメ会社「買収」を巡る裏の戦い|映画デーモンラヴァー

ポルノアニメ会社「買収」を巡る裏の戦い|映画デーモンラヴァー

日本のポルノアニメ会社買収を巡る企業間の裏の戦いを描く。女産業スパイを演じるコニー・ニールセンが精神的にじわじわと追い詰められていく焦燥感を見事に演じる。

記事を読む
【法務】企業結合審査を回避する目的で「デザイン」された買収スキームに対する米国及び欧州の独禁当局の制裁

【法務】企業結合審査を回避する目的で「デザイン」された買収スキームに対する米国及び欧州の独禁当局の制裁

企業結合審査の届出及び待機期間の規制を回避する買収スキームを採用したことに関して、米国司法省が、キヤノン及び東芝に対し罰金を科し、さらに、欧州委員会が、キヤノンに対し、制裁金を科す旨の決定をしました。

記事を読む
【3分で読める! ポストM&A成功のtips】子会社に送る経営人材とは

【3分で読める! ポストM&A成功のtips】子会社に送る経営人材とは

M&Aは成長に必要な時間を圧倒的に短縮できる有効な手段だ。だが、M&Aさえ実行すれば、すべてがうまくいくわけではない。むしろ、M&A後に本当の試練が始まる。ポストM&Aを成功に導くための「tips(こつ)」をシリーズで伝える。

記事を読む
対内直接投資の規制強化で資金繰りや非上場株式取得に影響も

対内直接投資の規制強化で資金繰りや非上場株式取得に影響も

政府は外国投資家による対内直接投資の規制強化として、外国為替及び外国貿易法に基づく事前届出の対象業種を追加ーほぼすべてのIT分野が対象になる。これらの企業の中には、資金繰りを外国投資家からのリスクマネーなどに頼っているケースもある。

記事を読む
飲食店「買収」が急増 勢いが止まらないクリエイト・レストランツ

飲食店「買収」が急増 勢いが止まらないクリエイト・レストランツ

クリエイト・レストランツ・ホールディングスの勢いが止まらない。2019年6 月26 日(発表ベース)に過去最高(2018年の3件)を上回る年間4件のM&Aを実施したあと、同年9月2日、9月12日に相次いで更新。年間M&A件数が6件に達した。

記事を読む
【M&A相談所】買収企業の従業員が辞めないようにするには?

【M&A相談所】買収企業の従業員が辞めないようにするには?

買収後も優秀な従業員に働き続けてもらうためにはどうしたらよいでしょうか。組織融和は企業買収において大きな課題です。その対策についてご紹介します。

記事を読む
【中小企業のM&A】田中角栄に学ぶ「PMI」のヒント

【中小企業のM&A】田中角栄に学ぶ「PMI」のヒント

ポストM&Aでよく耳にするのが「PMI」。買収後の経営統合作業をいう。その際、経営トップら幹部のリーダーシップとマネジメントが求められるが、田中角栄(元首相)の考え方や言葉にPMIを成功に導くヒントがあると考えている。

記事を読む
【法務】ドイツ、海外投資家による買収を阻止する権限を拡張

【法務】ドイツ、海外投資家による買収を阻止する権限を拡張

ドイツ政府は、外国貿易管理令に基づき、非EU投資家によるドイツ企業の買収を阻止する権限を拡張しました。 今回の規制変更は、ドイツ政府が中国企業による電力系統を営むドイツ企業の少数持分(20%)の取得を阻止できなかったことを契機としています。

記事を読む
【大阪ガス】2030年に目指す姿は?

【大阪ガス】2030年に目指す姿は?

大阪ガスは2019年7月に、シェールガス開発を手がける米国のサビン オイル&ガス コーポレーションを約650億円で買収することを決めた。 今後も海外エネルギー事業分野でのM&Aが活発化することが予想される。

記事を読む
構想から12年!日本初の総合取引所がここまで「難航」した理由

構想から12年!日本初の総合取引所がここまで「難航」した理由

2019年7月30日に日本取引所グループが、東京商品取引所を総額約55億円で買収することで最終合意した。世界の取引所と競い合う用意がようやくできたが、「総合取引所」構想が出てから12年もかかった。なぜそこまで両社の合併が「難航」したのか?

記事を読む
不動産売買やサイト売買はM&Aなのか?

不動産売買やサイト売買はM&Aなのか?

「不動産M&A」「店舗M&A」「サイトM&A」といった用語をインターネットでよく見かけるようになりました。一般の不動産やサイトの「売買」と「M&A」とでは、いったい何が違うのか、疑問に思いませんか?

記事を読む
ペ・ヨンジュンがM&A専門家役の「ホテリアー(韓国版)」

ペ・ヨンジュンがM&A専門家役の「ホテリアー(韓国版)」

「ホテリアー(韓国版)」は、経営難に陥っている「ソウルホテル」を舞台に、買収を巡る攻防と恋模様を描いた作品。ペ・ヨンジュンがM&A専門家役として出演している。

記事を読む
楽天が買収した「こんまり」って、どんな会社?

楽天が買収した「こんまり」って、どんな会社?

楽天はKonMari Media, Inc.の過半数に当たる株式を取得し、子会社化した。KonMari Mediaは整理整頓関連の書籍や動画などのコンテンツビジネス、ブランディング、プロモーションに楽天と協働で取り組む。両社の狙いはどこに?

記事を読む
「平和」によるゴルフ場買収が10件に

「平和」によるゴルフ場買収が10件に

​パチンコ・パチスロの大手メーカー平和が2011年にゴルフ場運営会社のPGMホールディングス(現パシフィックゴルフマネージメント)を傘下に収めた以降に実施したゴルフ場の買収件数(適時開示情報、発表時点情報)が10件に達した。

記事を読む
M&Aの「プレゼン」は「プロポーズ」と同じ

M&Aの「プレゼン」は「プロポーズ」と同じ

M&Aにおける「プレゼンテーション」とは、結婚における「プロポーズ」。その後の2人の行方を左右するプロポーズ同様、プレゼンの出来次第でM&Aの行く末は怪しいものになります。2つの事例から「成功するプレゼンとは何か」を考えてみたいと思います。

記事を読む
「ボルボ買収」でトップメーカに上り詰めた吉利汽車の投資効果は

「ボルボ買収」でトップメーカに上り詰めた吉利汽車の投資効果は

グローバル自動車メーカーの「ボルボ」買収した吉利汽車(Geely)は、結果的にわずか1年ほどで投資を回収。IRR換算で33%超の投資リターンとなり、M&Aの投資採算としても十分に成功した。吉利の次のステージは日系メーカーの脅威となるのか。

記事を読む
難易度高めなクロスボーダー案件「ボルボ買収」に成功した吉利汽車

難易度高めなクロスボーダー案件「ボルボ買収」に成功した吉利汽車

スウェーデンに本拠を置くグローバル自動車メーカー、ボルボ・カーズの勢いが止まらない。ボルボが浙江吉利控股集团(Geely)に買収されたのは2010年。実質8割が失敗するといわれるクロスボーダーM&Aで稀有な成功事例となった。

記事を読む
日本酒を一大輸出産業へ!クールジャパン機構がトリオを買収

日本酒を一大輸出産業へ!クールジャパン機構がトリオを買収

日本の商品やサービスの海外需要開拓支援を行う官民ファンド・海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)が、中国でワインの卸売事業を展開する「EMW」の親会社「Trio(トリオ)」を22億円で買収しました。目的は日本酒の販売網拡大にあります。

記事を読む
イタリア発の革製品ブランド「イルビゾンテ」が日本企業傘下へ

イタリア発の革製品ブランド「イルビゾンテ」が日本企業傘下へ

イタリア発の革製品ブランド「IL BISONTE(イルビゾンテ)」が日本企業傘下となる。買収するのはレディースアパレル中堅、ルックホールディングス。世界的な著名ブランドの本社を日本企業が取り込むのは珍しい。

記事を読む
M&Aに伴う人材流出をどう防ぐか 聞き取り調査で対策が浮上

M&Aに伴う人材流出をどう防ぐか 聞き取り調査で対策が浮上

合併、買収後に予期せぬ人材流出のリスクがある。組織・人事コンサルティング会社のクレイア・コンサルティング(東京都港区)は、M&Aを実施したことのある企業20社の人事担当役員らを対象に聞き取り調査を行ったところ、このような結果がでた。

記事を読む
海帆、立ち食い焼肉「治郎丸」買収…東京に本格上陸?

海帆、立ち食い焼肉「治郎丸」買収…東京に本格上陸?

名古屋を本拠として居酒屋「なつかし処昭和食堂」などを運営する海帆(かいはん)が東京進出ののろしを上げた。飲食業の弥七(東京都)から立ち食い焼肉「治郎丸」を買収した。

記事を読む
異常に価値が高い謎の会社 モービルアイ(Mobileye)

異常に価値が高い謎の会社 モービルアイ(Mobileye)

世の中には「何をやっているのかちょっとよくわからないけども異常に価値が高い謎の会社」というものが存在します。今回はインテルが2017年に買収したテックギークの「モービルアイ(Mobileye)」を取り上げます。

記事を読む
起死回生戦略としてのM&A

起死回生戦略としてのM&A

今回は「再成長(起死回生)型M&A」を取り上げます。M&Aの特徴やトランザクション実行段階、PMIでどのような困難や留意点が生じるのか整理してみたいと思います。

記事を読む