買収の記事一覧

起死回生戦略としてのM&A

起死回生戦略としてのM&A

今回は「再成長(起死回生)型M&A」を取り上げます。M&Aの特徴やトランザクション実行段階、PMIでどのような困難や留意点が生じるのか整理してみたいと思います。

記事を読む
【M&Aサマリー4月】7カ月連続で増加、国内案件で1年ぶりに「1000億円」出現

【M&Aサマリー4月】7カ月連続で増加、国内案件で1年ぶりに「1000億円」出現

東証「適時開示」ベースで、2019年4月のM&Aは前年同月比16件増の67件と、昨年10月以降7カ月連続で前年を上回った。前月(3月)比では15件減った。海外M&Aが23件と全体の3分の1を占め、なかでも売却案件が中国を中心に9件に上った。

記事を読む
「組織マネジメントのスタンダードを目指す」識学の安藤広大社長に聞く

「組織マネジメントのスタンダードを目指す」識学の安藤広大社長に聞く

中堅・中小企業の経営者や幹部を対象に、組織運営に関するコンサルティング業務を手がける識学が躍進中だ。2月には東証マザースに上場した。M&A領域では「組織デューデリジェンス」という新機軸を打ち出した。安藤広大社長に成長戦略を聞いた。

記事を読む
M&Aを実施すると必ず売上高は増加するのか?しっかり学ぶM&A基礎講座(62)

M&Aを実施すると必ず売上高は増加するのか?しっかり学ぶM&A基礎講座(62)

昨年来、日本企業による大型買収が目立ちました。M&Aを実施すれば必ず売上高が増加すると考えるのは早計といえるかもしれません。今回はM&Aと売上高の関係について考えてみることにしましょう。

記事を読む
【M&Aサマリー3月】前年比4割増え82件、金額は小規模に

【M&Aサマリー3月】前年比4割増え82件、金額は小規模に

2019年3月のM&Aは82件と、前年同月(60件)を4割近く上回った。買収金額100億円超の大型案件は富士フイルムホールディングスの海外案件の1件にとどまった。1~3月期の合計は221件と前年同期比49件増加した。

記事を読む
ヒルトン東京お台場を624億円で買収!JHRの勝算は?

ヒルトン東京お台場を624億円で買収!JHRの勝算は?

ジャパンホテルリートが、ヒューリックからヒルトン東京お台場を624億円で買収しました。リート各社が大型不動産の取得を控える中でのビックディールです。オリンピック前需要に期待する、最後の一手になりそうな今回の買収。JHRの勝算は?

記事を読む
サザンや上野樹里も明るい“長調”の気分に 所属プロが3期ぶりに増益

サザンや上野樹里も明るい“長調”の気分に 所属プロが3期ぶりに増益

サザンオールスターズや福山雅治、BEGIN、上野樹里などを抱える芸能プロダクションのアミューズが3期ぶりに増益に転じる。売上高も2期ぶりの増収予想で、2019年3月期は所属アーティスも明るい“長調”の気分で迎えられそうだ。

記事を読む
SKE48を手中に収めた「KeyHolder」が乃木坂46も

SKE48を手中に収めた「KeyHolder」が乃木坂46も

KeyHolderがアイドルグループ「SKE48」の事業買収に続いて、「乃木坂 46」関連の恋愛シミュレーションゲームアプリを手がけるallfuzを子会社化する。今後もアイドルグループ関連事業の買収は続きそう。

記事を読む
米国企業の買収が「危機」的状況に 制限法の発効で

米国企業の買収が「危機」的状況に 制限法の発効で

先端技術の流出防止を目的にした米国の外国投資リスク審査近代化法の発効によって、米国の先進企業の買収が困難になってきた。米国発の技術で業容を拡大しようとする日本企業は少なくなく、今後、成長戦略の見直しに迫られそうだ。

記事を読む
光村印刷、昨年10月傘下入りの「新村印刷」で希望退職者を募集

光村印刷、昨年10月傘下入りの「新村印刷」で希望退職者を募集

光村印刷は、昨年10月に買収して連結子会社化した新村印刷で30人程度の希望退職者を募集すると発表した。新村印刷の全従業員の約2割を削減する。新村印刷は昨年5月に本社不動産を売却するなどリストラに取り組んでおり、今回の人員削減もこの一環。

記事を読む
【2018年 M&A】外食企業が活路を見出す企業買収戦略とは

【2018年 M&A】外食企業が活路を見出す企業買収戦略とは

2018年10月の国内外食業界全体の売上高は、前年比101.7%。26ヶ月連続で前年を上回っています。背景にあるのは、海外観光客の旺盛な外食需要。外食企業各社は、海外での知名度獲得にも寄与する、海外企業の買収に力を入れているようです。

記事を読む
企業法務弁護士が語る「法務デュー・ディリジェンスの限界」

企業法務弁護士が語る「法務デュー・ディリジェンスの限界」

大企業が買収した子会社で何らかの不祥事が起きたことが報道されると、法務デュー・ディリジェンス(買収監査)ではいったい何を見ていたのかと批判されることがある。

記事を読む
『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』|編集部おすすめの1冊

『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』|編集部おすすめの1冊

4月に出版以来、増刷を重ね、年末ですでに18刷を数える。その奇抜なタイトルにくぎ付けになるに違いない。副題は「人生100年時代の個人M&A入門」。サラリーマンにとってリタイア後を見据え、会社を買うことが選択肢の一つになるのだろうか。

記事を読む
【北京首都農業グループ】英国チェリーバレー・ファームズを買収

【北京首都農業グループ】英国チェリーバレー・ファームズを買収

中国企業のM&A戦略を紹介するシリーズ。今回は2017年、英国に本拠地を置くチェリーバレー・ファームズを買収した北京首都農業グループ(首農集団)を取り上げる。買収額は約251億円(約15億元)だった。

記事を読む
英語で「買収」を何という?|金融翻訳のプロに聞く

英語で「買収」を何という?|金融翻訳のプロに聞く

「買収」を意味する「Acquisition」「Buy-out」「Takeover」をネイティブはどう使い分けているのでしょうか?「語学で身を立てる」の著者で、10か国語翻訳家の猪浦道夫先生にニュアンスの違いを聞いてみました。

記事を読む
【意外なM&A】RVHがミュゼプラチナムを買収

【意外なM&A】RVHがミュゼプラチナムを買収

RVHは、1996年7月に3次元グラフィックス向けLSIの開発を目的として創業。2000年に東証マザーズに上場し、2014年には東証2部に。持株会社体制に移行したのは2015年。この頃からRVHは “美”に目覚めたのかもしれない。

記事を読む
県北延岡から宮崎への“金融大移動|ご当地銀行の合従連衡史

県北延岡から宮崎への“金融大移動|ご当地銀行の合従連衡史

ご当地銀行の合従連衡史の6回目は、宮崎県。『夢に遭いにいこう』。この楽曲をテレビCMなどに活用した宮崎銀行の歴史は、イメージソングさながらにすっきりとし、合併や買収などがほとんどなく、県民に愛されて創業し、地歩を固めてきた。

記事を読む
買収と子会社化ってどう違うの?

買収と子会社化ってどう違うの?

近年、日本でも企業買収、M&Aが進んでいる中、新聞やテレビなどのニュースで「子会社化」という言葉を目にすることがあります。買収と子会社化はどう違うのでしょうか。

記事を読む
トムソン・ロイターからリフィニティブへ-M&A市場を深耕

トムソン・ロイターからリフィニティブへ-M&A市場を深耕

米トムソン・ロイターは自社のファイナンシャル・リスク(F&R)部門株の55%をで米ブラックストーンに売却した。「リフィニティブ」と社名を変え、引き続きニュースやデータ、分析などの金融情報を提供する。新生リフィニティブの日本での戦略はいかに。

記事を読む
【まとめ】2018年7月-9月に発表された 主要なM&A案件

【まとめ】2018年7月-9月に発表された 主要なM&A案件

2018年7月-9月に発表されたM&A案件から抜粋してご紹介します。

記事を読む
【2018年1~9月 M&Aサマリー】買収466件「100億円超」は海外軸に38件

【2018年1~9月 M&Aサマリー】買収466件「100億円超」は海外軸に38件

東証の「適時開示」ベースで2018年1~9月の買収件数は466件だった。このうち海外企業を対象とする買収は89件と全体の5分の1を占めた。買収金額100億円超の案件は38件あり、このうち第3四半期(7~9月)だけで16件に上った。

記事を読む
【2018年9月M&Aサマリー】「買収」57件で今年3番目、「売却」18件は最多

【2018年9月M&Aサマリー】「買収」57件で今年3番目、「売却」18件は最多

東証の「適時開示」ベースで、2018年9月の買収件数は57件だった。今年最多だった前月を15件下回ったものの、5月(64件)に次ぐ3番目の高水準で推移した。一方、売却は経営再建中のパイオニアによる案件をはじめ今年最多の18件に上った。

記事を読む
米国、ドイツと続く「中国による買収お断り」は対岸の火事なのか

米国、ドイツと続く「中国による買収お断り」は対岸の火事なのか

ドイツのアルトマイヤー経済相が「外国企業による一部ドイツ企業の買収阻止に向けた政府の取り組みは適切だ」と明言した。ターゲットは積極的なM&Aを仕掛ける中国企業で、米英仏などの先進国も買収阻止に動いている。しかし、政府による買収阻止は問題だ。

記事を読む
「仮想通貨」新規参入意向企業が5カ月で1.6倍の160社に

「仮想通貨」新規参入意向企業が5カ月で1.6倍の160社に

仮想通貨交換業に新規参入の意向を持つ企業が160社超に達していることが、金融庁の調べで分かった。4月27日に金融庁が公表した資料では100社程度だったため、この5カ月ほどで1.6倍に増えたことになる。

記事を読む
【ハイアール】米GEの家電部門を買収

【ハイアール】米GEの家電部門を買収

中国企業のM&A戦略を紹介するシリーズ。今回は、2016年に米国ゼネラル・エレクトリック(GE)の家電事業を買収したハイアールを取り上げる。ハイアールは、2011年に三洋電機の白物家電事業を買収している。

記事を読む