相続の記事一覧

【中小企業・事業承継】種類株式(黄金株)を活用した段階的かつ円滑な事業承継

【中小企業・事業承継】種類株式(黄金株)を活用した段階的かつ円滑な事業承継

事業承継に活用したい自己信託シリーズ第4回。今回は種類株式(黄金株)を活用した事業承継について、ビジネス・ブレイン税理士事務所所長の畑中孝介氏が解説します。

記事を読む
【M&A相談所】株主が複数いる場合に自分の保有株式だけ売ることはできるのか?

【M&A相談所】株主が複数いる場合に自分の保有株式だけ売ることはできるのか?

今回は、非上場企業で「株主が複数いる場合に自分の保有株式だけ売ることはできるのか?」というご質問のケースを取り上げてみます。筆頭株主が親族株主から株式を取りまとめる際の「株式の売買価額」には注意しましょう。

記事を読む
究極的な相続対策としての公益財団法人

究極的な相続対策としての公益財団法人

公益財団法人は究極的な相続対策・事業承継として、今後も利用の増大が見込まれています。フォーサイト総合法律事務所 大村健弁護士が活用メリットをわかりやすく解説します。

記事を読む
所在不明株主の株式売却・買い取り制度

所在不明株主の株式売却・買い取り制度

全く連絡がとれず所在が分からない株主が会社にいる場合の株式買取制度についてお話します。

記事を読む
【贈与税】株式贈与契約書(サンプル)

【贈与税】株式贈与契約書(サンプル)

一般的な非上場会社(譲渡制限付き)の株式贈与契約書のサンプルをご紹介します。なお事案により内容は変わりますのでご注意ください。

記事を読む
【中小企業・事業承継】共有不動産の分散防止に有効な財産処分信託の活用

【中小企業・事業承継】共有不動産の分散防止に有効な財産処分信託の活用

事業承継に活用したい自己信託シリーズ第2回。今回は財産処分信託の活用について、ビジネス・ブレイン税理士事務所の畑中氏がわかりやすく解説します。

記事を読む
相続でこんなに出てくる手続き 銀行口座、カード解約、準確定申告etc

相続でこんなに出てくる手続き 銀行口座、カード解約、準確定申告etc

相続が発生すると何から手をければよいのかよく分からない人も多いのではないだろうか。税金問題を含め、一連の相続対策の流れをご紹介する。

記事を読む
【相続】生命保険金は相続財産か

【相続】生命保険金は相続財産か

相続放棄をしても生命保険金を受け取ることができるのでしょうか。司法書士・行政書士法人の星野合同事務所がわかりやすく解説します。

記事を読む
【相続】遺言能力

【相続】遺言能力

司法書士・行政書士法人の星野合同事務所が、遺言能力について簡単にご説明します。

記事を読む
ウッカリにご注意!合併で贈与税が発生するケース

ウッカリにご注意!合併で贈与税が発生するケース

節税ヒントがあるかもブログのメタボ税理士さんが合併で贈与税が発生する事例をご紹介します。合併後の純資産12億円程度の会社の場合、数千万円の贈与税がかかることも。合併交付株数にはご注意を

記事を読む
保育施設に土地貸与で相続・贈与税を非課税 政府が待機児童対策として検討

保育施設に土地貸与で相続・贈与税を非課税 政府が待機児童対策として検討

​政府が待機児童対策のため、相続・贈与税を見直す方向で検討していることが分かった。相続・贈与された土地について、保育所や幼稚園に貸与する場合は、相続税や贈与税を非課税にする優遇策を設けるようだ。

記事を読む
出光・昭和シェルの合併から学ぶ 財団使った相続対策

出光・昭和シェルの合併から学ぶ 財団使った相続対策

出光興産と昭和シェル石油の合併延期が報じられたばかりだが、実は会計の専門家が注目しているのが、出光の創業家が設立した「財団」だ。

記事を読む
【相続】終活を考える(ライフエンディングへの備え)

【相続】終活を考える(ライフエンディングへの備え)

M&A Online編集部です。今回は相続問題「終活を考える(ライフエンディングへの備え)」がテーマです。司法書士・行政書士法人の星野合同事務所が法的観点からわかりやすく解説します。

記事を読む
【法律とM&A】数次相続における裁判例のご紹介

【法律とM&A】数次相続における裁判例のご紹介

相続について何度かご紹介しておりますが、今回は数次相続の結果、最終相続人が1人となった場合の相続登記について、東京地裁における、平成26年3月13日の判決例をご紹介いたします。

記事を読む
【法律とM&A】消極財産の相続と熟慮期間の伸長

【法律とM&A】消極財産の相続と熟慮期間の伸長

相続について何度かご紹介しておりますが、今回は 相続財産の中に借金等のいわゆる消極財産がある場合、一般的にどのような方法で対処するのか、ご紹介いたします。

記事を読む
【法律とM&A】不在者財産管理人制度

【法律とM&A】不在者財産管理人制度

ご家族がお亡くなりになると、原則相続人の全員が相続の諸手続が必要となる。 しかし、相続人の中に行方不明の方がいると手続をすすめることができない。この場合どうすべきだろうか。

記事を読む
【M&A相談所】父の他界後、株式を親子で相続。売却したいが譲渡制限が・・・

【M&A相談所】父の他界後、株式を親子で相続。売却したいが譲渡制限が・・・

5年前に企業経営者の父が他界、相続した株式を売却しようと思いますが、現経営陣に強く反対されている。取締役会が反対すると株式は売却できない、株式の譲渡制限というものがあるとか。どうすればいいのか、相談の事例をみてみる。

記事を読む
【法律とM&A】相続人は誰?

【法律とM&A】相続人は誰?

相続とは、お亡くなりになった方の権利義務の一切を、ある一定の親族が承継することです。この一定の親族の範囲は、民法という法律で定められています。どう違うのか今一度見てみよう。

記事を読む
事業承継の相談事例(2)計画的な事業承継対策

事業承継の相談事例(2)計画的な事業承継対策

ある社長は、自分の3人の子に会社の株式を3等分したい言う。はたしてそれは妥当なのだろうか。会社は事業体であり、運営も考えなくてはいけない。ではどうするのが良いのだろうか。事業承継の形式や必要なもの、理想的な手法とは何か?丸の内アドバイザーズグループ公認会計士・税理士岩松 琢也氏が語る。

記事を読む
事業承継の相談事例(1)認知症の相続人

事業承継の相談事例(1)認知症の相続人

相続人に認知症がの方がいる場合に代わりに手続きをする成年後見人。多くの場合弁護士や司法書士など裁判所から選任される。しかし、ケースによっては予定が合わず、遺産分割協議が進まないまま認知症の方がなくなってしまう場合もあり、その場合、手続きも相続登記もできず時間とお金が多くかかることになる。そうならないためにどうすべきか?丸の内アドバイザーズグループ公認会計士・税理士岩松 琢也氏が語る。

記事を読む
【緊急特集】そのM&A無効にならない?!取引の安全性確保のために

【緊急特集】そのM&A無効にならない?!取引の安全性確保のために

高齢化社会におけるM&Aの心得について、相続・成年後見関係の手続きを数多く手掛ける弁護士・西浦 善彦氏に話を聞きました。今回は、知らないと無効になる可能性もある増資と株券の善意取得についてです。

記事を読む
【緊急特集】その株式売買契約も無効?! 契約の落とし穴「無効」と「取り消し」

【緊急特集】その株式売買契約も無効?! 契約の落とし穴「無効」と「取り消し」

相続手続きを数多く手掛ける弁護士・西浦 善彦氏に契約の落とし穴「無効」と「取り消し」についてお聞きしました。多数の当事者間における株式売買契約ですが、一部の当事者間の無効、取消事由が別の当事者らに大きな影響を与えることがあります。

記事を読む
【緊急特集】代表者の突然の死。その相続だと会社が危ない?!

【緊急特集】代表者の突然の死。その相続だと会社が危ない?!

代表者が予期せぬアクシデントで死亡すると、会社の意思決定や重要な事務が滞り、経営に大きな支障をきたします。会社を守るためにも、相続トラブルを回避するためにも、代表者の突然の死に備える必要があります。

記事を読む
 株主が認知症になったらどうする?

株主が認知症になったらどうする?

大株主が認知症になると、会社にふさわしくない者が株主として経営に口を出してくる可能性があります。いざというときに、大切な財産や会社経営を守れるよう、事前の準備が大切です。

記事を読む
非公開企業の株式を売却して現金化したいのですが

非公開企業の株式を売却して現金化したいのですが

非公開の同族会社で経営に参加しない者が保有する株式を現金化できるのでしょうか?

記事を読む