外食・フードサービスの記事一覧

【米国ベンチャーM&A】シリコンバレーのラーメン事情と最近の外食関連M&Aまとめ

【米国ベンチャーM&A】シリコンバレーのラーメン事情と最近の外食関連M&Aまとめ

ここ数年シリコンバレーで一番ホットだったのはラーメンといわれるくらいお店が増えました。一時期は製麺機の輸入が急増したと商社の人に聞いたことがあります。今回は最近の外食関連M&Aを取り上げたいと思います。

記事を読む
ダイヤモンドダイニングが買収したのは「マネーの虎」のイケメン社長の会社でした

ダイヤモンドダイニングが買収したのは「マネーの虎」のイケメン社長の会社でした

ダイヤモンドダイニングが買収した商業藝術という会社、代表は貞廣一鑑さんです。「マネーの虎」に出演していたのでご存知の方も多いのでは。今回は、ダイヤモンドダイニングは、なぜ商業藝術という会社を買収したのか、という話です。

記事を読む
【企業力分析】ペッパーフードサービス 次の一手を財務分析指標から読む

【企業力分析】ペッパーフードサービス 次の一手を財務分析指標から読む

今回は、見事V字回復を達成された「ペッパーランチ」や「いきなりステーキ」を店舗展開するペッパーフードサービスの企業力を分析してみました。

記事を読む
【エー・ピーカンパニー】「食のあるべき姿を追求する」を理念に出店攻勢をかける

【エー・ピーカンパニー】「食のあるべき姿を追求する」を理念に出店攻勢をかける

今回は、エー・ピーカンパニーと連結子会社15社で構成され、都内を中心に居酒屋「塚田農場」等を展開しているエー・ピーカンパニーグループを取り上げる。関東圏以外の地方都市への出店を強化するとともに、東南アジアと北米を主とする海外展開を行っていくようだ。

記事を読む
投資ファンド・インテグラルの戦略 ホリイフードサービスへTOB

投資ファンド・インテグラルの戦略 ホリイフードサービスへTOB

外食大手TBIホールディングスが、北関東を中心に居酒屋などを展開するホリイフードサービスに対して、TOBを実施します。既存株主は慌てて持ち株を放出しているようですが、ホリイにとって好材料だと思う3つの理由をお話します。

記事を読む
英投資ファンド・ペルミラの誤算、スシローは回転しすぎてもはや賞味期限切れに

英投資ファンド・ペルミラの誤算、スシローは回転しすぎてもはや賞味期限切れに

M&A Online編集部です。今回から隔週でビールを飲む理由@麦とホップさんによる「フードビジネスとM&A」の連載が始まります。今回はスシローを中心に回転寿司ビジネスをテーマにお届けします。

記事を読む
外食経営のトレンドは「金太郎アメ」から「水アメ」型に変わっているのかもしれない

外食経営のトレンドは「金太郎アメ」から「水アメ」型に変わっているのかもしれない

外食企業は、店舗開発、チェーン展開、ドミナント戦略、フランチャイズといった、金太郎アメ型経営スタイルが主流。それが今は、いろいろな業態と融合する水アメ型になっているのかもしれません。

記事を読む
【ドトール・日レス】サードウェーブに対抗する星乃珈琲店。コーヒー戦争を制するのは?

【ドトール・日レス】サードウェーブに対抗する星乃珈琲店。コーヒー戦争を制するのは?

2007年に経営統合した日本レストランシステムとドトールコーヒー。競争激化で業界勢力図がめまぐるしく変化する外食産業でトップ企業にあり続けるには。経営統合後の伸び悩みを打開すべく、M&Aによって事業領域を拡大するドトール・日レスを追った。

記事を読む
大戸屋のお家騒動を村上春樹風にまとめてみる

大戸屋のお家騒動を村上春樹風にまとめてみる

大戸屋のお家騒動に関する第三者委員会の報告書が昼ドラのようだと話題になりました。新刊発売にちなんで村上春樹風にまとめたブログをご紹介したいと思います。

記事を読む
インドカレーのシディークが倒産

インドカレーのシディークが倒産

神田カレーグランプリで3年連続準グランプリを受賞したインドカレー店のシーディークが倒産しました。負債総額は約3億3000万円とのことです。

記事を読む
【耳寄り】買参権を取得すれば居酒屋のブランディングと経費削減を両立できる!

【耳寄り】買参権を取得すれば居酒屋のブランディングと経費削減を両立できる!

何かと話題の築地市場。そんな政治問題とは関係なく、国内外から観光客が大勢押し寄せています。今日は居酒屋チェーンがこぞって市場や漁港の買参権を取得している、というお話です。

記事を読む
ジョナサン元社員が語る~すかいらーく吸収合併の舞台裏(下)

ジョナサン元社員が語る~すかいらーく吸収合併の舞台裏(下)

約30年前にジョナサンに中途入社したAさんは2012年、親会社のすかいらーくによる吸収合併に巻き込まれた。現場の混乱で業績は一時は落ち込んだが、Aさんは激務の中で負けてなるものかと奮起。米ベインキャピタルからマクドナルド出身の幹部らがジョナサンの援軍として送り込まれ、業績は急回復する。

記事を読む
ジョナサン元社員が語る~すかいらーく吸収合併の舞台裏(上)

ジョナサン元社員が語る~すかいらーく吸収合併の舞台裏(上)

ファミリーレストランのジョナサンはすかいらーくグループの子会社として設立され、順調に業績を伸ばしてきました。しかし、すかいらーくの業績悪化に伴い、2012年にジョナサンは親会社に吸収合併されました。約30年間ジョナサンに勤務した元社員が吸収合併の舞台裏を赤裸々に語ります。

記事を読む
コロワイドのフレッシュネス買収 利用者にどんな影響?

コロワイドのフレッシュネス買収 利用者にどんな影響?

大手外食チェーンのコロワイドがフレッシュネスバーガーの運営企業を買収する見通しとなった。カフェのようなおしゃれな店内と高品質のハンバーガーが人気のフレッシュネス。コロワイドの傘下に入り、利用者にどんな影響が出るのか予測した。

記事を読む
クリスピー・クリーム・ドーナッツの身売り先はコーヒーの会社を多数保有する投資ファンドJABでした

クリスピー・クリーム・ドーナッツの身売り先はコーヒーの会社を多数保有する投資ファンドJABでした

日本でも行列ができたことでお馴染みのクリスピー・クリーム・ドーナツ。米国本社の身売りが決定しました。買収額は1500億円だそうです。今回の買収劇は経営再建で会社の資産価値を上げるというよりは、コーヒー店との相乗効果を狙っているようですね。

記事を読む
丸亀製麺のSONOKO買収は詳細を知ると”意外”から”納得”に変わります

丸亀製麺のSONOKO買収は詳細を知ると”意外”から”納得”に変わります

M&A Online編集部です。今回は丸亀製麺を運営するトリドールが美白化粧品のSONOKOを買収した記事をピックアップしました。買収した背景を知りたい方は、是非お読み下さい。

記事を読む
ダイヤモンドダイニングがゼットンを買収!売り上げ規模は300億→400億へ

ダイヤモンドダイニングがゼットンを買収!売り上げ規模は300億→400億へ

外食大手のダイヤモンドダイニングがゼットンをTOBへ。買収メリットはどこにあるのか考えてみたいと思います。

記事を読む
【企業力分析】 経営の鬼門、足を踏み入れてはいけない領域 全18社

【企業力分析】 経営の鬼門、足を踏み入れてはいけない領域 全18社

鬼門が決定的になった破綻会社から、良くないことが現実化してしまった会社、鬼門から直ぐに退避すべき18社を取り上げました。ワールド・ロジ、青木建設、エルピーダメモリ、NOVA、真柄建設、日本航空、カッパ・クリエイト、ワタミ、あきんどスシロー、パナソニック、シャープ、ニッセンホールディングス、コロワイド、ゼンショーホールディングス、サンデー、イオン、井村屋グループ、三越伊勢丹ホールディングスです。

記事を読む
【企業力分析 】マクドナルド 数字で検証 危機感と経営計画の妥当性

【企業力分析 】マクドナルド 数字で検証 危機感と経営計画の妥当性

2015年の異物混入問題で厳しい経営状況と言われている日本マクドナルドホールディングス、2005~2014年12月期までの10年間を専門家が経営分析した。

記事を読む
【企業力分析】ワタミ 強烈な個性の創業者

【企業力分析】ワタミ 強烈な個性の創業者

ワタミは、創業者である渡邉美樹氏の思いを大切に外食・宅食・農業・環境事業に取り組んでいる。2006年から15年3月期までの連結財務諸表10年分などを分析する。

記事を読む
【ワタミ】介護事業撤退もリスク分散のM&Aで復活か? 今後に注目

【ワタミ】介護事業撤退もリスク分散のM&Aで復活か? 今後に注目

2015年10月2日、ワタミは「ワタミの介護」の売却を決めた。譲渡先は損保ジャパン日本興亜ホールディングス。ワタミのこれまでのM&A戦略を振り返る。

記事を読む
【ゼンショーホールディングス】アグレッシブなM&Aで年商5000億企業へ

【ゼンショーホールディングス】アグレッシブなM&Aで年商5000億企業へ

ゼンショーホールディングスは、弁当店が始まりである。M&Aは、ファミリーレストランのココスジャパンの買収から始まった。そのM&Aの軌跡とは?

記事を読む
【リゾートトラスト】M&Aによってメディカル・シニアライフ事業の強化を図り始める

【リゾートトラスト】M&Aによってメディカル・シニアライフ事業の強化を図り始める

リゾートトラストは、1973年に名古屋市中区に設立され、事業は大きく2つに分類される。会員制リゾート事業(会員権事業、ホテルレストラン事業、ゴルフ事業)とメディカル・シニアライフ事業(メディカル事業)の2つである。

記事を読む