外食・フードサービスの記事一覧

「サブウェイ」FC店舗運営のエージー・コーポレーションが破産

「サブウェイ」FC店舗運営のエージー・コーポレーションが破産

首都圏で「サブウェイ」等のFC店を運営するエージー・コーポレーションが1月16日、東京地裁から破産開始決定を受けた。 負債総額は約11億6400万円。

記事を読む
【ギフト】横浜家系ラーメン「せい家」の買収を断念

【ギフト】横浜家系ラーメン「せい家」の買収を断念

横浜家系を中心にラーメン事業を展開するギフトは17日、横浜家系ラーメン「せい家」のトップアンドフレーバー(東京・世田谷)の買収を断念すると発表した。当初は1月1日に子会社化する予定だったが、資産査定後の詰めの段階で合意に達しなかった。

記事を読む
ラーメンなどの外食産業のM&Aが過去最高に

ラーメンなどの外食産業のM&Aが過去最高に

2018年の外食・フードサービス業界のM&A件数が2011年以来、過去最高の26件となった。ただ取引総額は2011年、2014年、2015年次ぐ4番目の375億5600万円にとどまった。

記事を読む
串カツ田中の全席禁煙化は売上にどう影響したのか?

串カツ田中の全席禁煙化は売上にどう影響したのか?

2018年6月にほぼすべての店舗を全席禁煙化した串カツ田中が、半年経過して売上を昨対比で2.4%伸ばしました。客数を5.8%伸ばしたことが要因。家族連れと若い男女がメインターゲットの男性会社員があけた穴を、見事に埋めた形となっています。

記事を読む
【2018年 M&A】外食企業が活路を見出す企業買収戦略とは

【2018年 M&A】外食企業が活路を見出す企業買収戦略とは

2018年10月の国内外食業界全体の売上高は、前年比101.7%。26ヶ月連続で前年を上回っています。背景にあるのは、海外観光客の旺盛な外食需要。外食企業各社は、海外での知名度獲得にも寄与する、海外企業の買収に力を入れているようです。

記事を読む
バルニバービが7千円で買収した旅館「菊水」が業績に与えた影響

バルニバービが7千円で買収した旅館「菊水」が業績に与えた影響

バルニバービが2017年9月に買収した京都の老舗旅館「菊水」。赤字続きの旅館の再建を担ったのがお洒落レストランで有名なバルニバービでした。買収金額は7,000円。畑違いの再生請負人がどんな手を使って蘇らせるのか。注目が集まっています。

記事を読む
【ゼンショー】海を渡った牛丼、次は寿司か?和食か?海外M&Aに舵

【ゼンショー】海を渡った牛丼、次は寿司か?和食か?海外M&Aに舵

ゼンショーホールディングスは4000店舗を超える持ち帰り寿司店を運営する米国のAFCを買収。今後M&Aの軸足を少子高齢化、人手不足の荒波が押し寄せる国内から大海原が広がる海外に移す。

記事を読む
食中毒ショックはモスバーガーの業績にどれほどの影響を与えたか

食中毒ショックはモスバーガーの業績にどれほどの影響を与えたか

モスフードサービスは2019年3月期の売上予想を60億円減(8.3%減)の660億円に修正しました。更に営業利益は34億円減(89.5%減)の4億円に大幅修正。8月に2店舗で起こった食中毒の影響により、FC店への営業補償が影響しています。

記事を読む
世界一のラーメン企業を目指す「ギフト」ってどんな会社?

世界一のラーメン企業を目指す「ギフト」ってどんな会社?

世界一のラーメン企業になる。これがギフトの描く企業像だ。田川翔社長は「世界中の人々に、E.A.K(家系)を届けるため、国内1000店舗、海外1000店舗を目指す」と宣言する。

記事を読む
一六堂のMBOが絶妙なタイミングすぎてキナ臭い件

一六堂のMBOが絶妙なタイミングすぎてキナ臭い件

居酒屋を展開する一六堂がMBOを実施すると発表。代表の柚原洋一氏が経営を継続し、既存店の建て直しを図るとのこと。しかし、このタイミングでのMBOは少々キナ臭いです。本社ビルの売却、有り余る現金、新規出店の打ち止め。それが何を意味する?

記事を読む
やまやのつぼ八買収でチムニーは目標の1000店舗到達へ!

やまやのつぼ八買収でチムニーは目標の1000店舗到達へ!

酒販大手やまやと子会社チムニーは、全国で居酒屋を展開するつぼ八を買収しました。やまやは卸先を拡大でき、チムニーは中期経営計画で目標にしていた1000店舗を達成しました。さらに、独自に築いた流通を生かして食材を有効活用します。

記事を読む
【必見】サイゼリヤの業績に異変? 安売りの限界に到達か

【必見】サイゼリヤの業績に異変? 安売りの限界に到達か

サイゼリヤの業績に黄色信号が灯っています。2018年8月期の営業利益が前期比23%減の86億4000万円となりました。背景には人件費と原材料費の高騰があります。安売りの代名詞として人気を広げた、ビジネスモデルに限界がきているかもしれません。

記事を読む
フレッシュネス買収は成功?失敗?コロワイドの業績で読み解く

フレッシュネス買収は成功?失敗?コロワイドの業績で読み解く

2016年12月にフレッシュネスバーガーを買収したコロワイド。M&Aを駆使して、居酒屋、焼肉、寿司など多方面に手を広げてポートフォリオの拡充に力を入れています。ファーストフード業態への進出が、コロワイドにとっての成功要因となるのでしょうか?

記事を読む
favyがマイナビと資本業務提携!10億円の資金調達を実施

favyがマイナビと資本業務提携!10億円の資金調達を実施

飲食店の集客支援などを行うfavyがアルバイト採用のマイナビと資本業務提携を締結しました。favyが第三者割当増資により、マイナビから10億円の資金調達をした形。favyとマイナビは何を狙い、どこを目指すのか?この記事を読めばわかります。

記事を読む
鳥貴族の280円から298円への値上げは業績にどう影響したか

鳥貴族の280円から298円への値上げは業績にどう影響したか

デフレの王様「鳥貴族」の値上げが思わぬ客離れを招いています。安売りだけを武器に熾烈な居酒屋業界で生き残りをかけた同社。たった18円の値上げが売上が昨対割れするほどのインパクトをもたらしました。価格勝負企業のもろさをこれでもかと露呈しました。

記事を読む
【新事実!】モンテローザの業績回復が著しい件

【新事実!】モンテローザの業績回復が著しい件

全国で居酒屋チェーンを展開するモンテローザが華々しくも業績回復を図っています。2017年3月期には120億円の純損失という、驚異的な数字をたたき出しましたが、2018年3月期は39億7300万円の純利益を計上しました。戦略的退店の効果です。

記事を読む
「イタリアントマト」10年で100店舗以上を閉鎖

「イタリアントマト」10年で100店舗以上を閉鎖

カフェチェーンのイタリアントマトの国内店舗が、この10年間で100店舗以上減少していることが東京商工リサーチの取材でわかった。既存のイタリアントマト店舗をコーヒー専門店「蔵味珈琲」などに店舗転換しているようだ。

記事を読む
DDホールディングスの業績で読み解く外食M&Aの力

DDホールディングスの業績で読み解く外食M&Aの力

DDホールディングスは、アロハテーブルなどを手掛けるゼットンと、茶茶花など多彩な店舗運営を行う商業藝術を子会社化。更に瓦カフェのSLDにTOBを仕掛けるなど、立て続けに買収を進めるDDホールディングス。M&Aが業績に与えた影響を検証します。

記事を読む
セレスがシンクロライフと提携、トークン転換権付き株式を発行

セレスがシンクロライフと提携、トークン転換権付き株式を発行

グルメSNSのシンクロライフを運営する株式会社GINKANが、ポイントサイトに強味を持つセレスと資本業務提携を行いました。GINKANが調達した資金は8000万円。興味深いのはその中身。トークン転換権付き株式の発行という珍しい試みです。

記事を読む
「楽天」と「ぐるなび」の資本業務提携、背景と狙いを徹底解説!

「楽天」と「ぐるなび」の資本業務提携、背景と狙いを徹底解説!

楽天とぐるなびが資本業務提携しました。楽天がおよそ40億円を投じて、ぐるなびの株式(467万株)を取得。保有割合を9.6%から9.99%へと引き上げ、第2位の株主となりました。ぐるなびの会員を楽天会員と統合して会員数の増大を図ります。

記事を読む
四川中華「黒龍門(こくりゅうもん)」運営会社の破産開始決定

四川中華「黒龍門(こくりゅうもん)」運営会社の破産開始決定

7月10日、四川中華料理の黒龍門(こくりゅうもん)などを運営する株式会社F.T.Sが東京地裁から破産開始決定を受けた。平成30年6月に一部店舗を元従業員などに承継し、事業を停止していた。

記事を読む
ヤフーが「クラシル」のdelyを93億円で子会社化した理由

ヤフーが「クラシル」のdelyを93億円で子会社化した理由

ヤフーはレシピ動画「クラシル」を運営するdelyを連結子会社化しました。93億円を投じて既存株主から株式を買い取り、所有割合を45.6%まで引き上げた形。クラシルは6月にダウンロード数1200万を突破。ヤフー傘下で事業拡大を目指します。

記事を読む
APカンパニーの業績悪化に景品表示法違反が追い打ちをかけた件

APカンパニーの業績悪化に景品表示法違反が追い打ちをかけた件

APカンパニーの2019年3月期通期売上予測は前期比2.8%減の250億円。2018年3月期も前期比割れで、売上高は0.9%減の257億2300万円でした。同社は新規出店の体力を失って苦戦しています。更に消費者庁からお叱りを受けました。

記事を読む
「働き方改革」最前線!人手不足に苦しむ外食産業が生き残る方法

「働き方改革」最前線!人手不足に苦しむ外食産業が生き残る方法

少子高齢化と人口減の影響で、人手不足が最も深刻な外食産業。中でも24時間365日営業が当たり前になっている全国チェーンの状況は深刻だ。外食産業は「働き方改革」にどう取り組むべきか。プランドゥ・エデュケーションの山本浩志社長に聞いた。

記事を読む
KDDIが30億出資したデリッシュキッチン、赤字23億で着地

KDDIが30億出資したデリッシュキッチン、赤字23億で着地

KDDIが30億円の出資を決めたデリッシュキッチン。5月25日に発表した決算では赤字額が23億1500万円。アプリのダウンロード数はリリースから約1年で900万を超える異例のヒットとなりました。が、広告収入モデルには限界がきているようです。

記事を読む