自業自得?マスク氏を大量解雇に走らせた「ツイッター広告危機」

alt
大混乱となった解雇の背景にツイッターの広告事情が…(Photo By Reuters)

イーロン・マスクCEO(最高経営責任者)が大鉈(なた)を振るった米ツイッターの超大型解雇が混乱を招いている。同社は11月4日に全世界で働く従業員約7500人のうち、約半数に当たる約3700人にメールで解雇を通知した。が、6日には早くも一部従業員に復帰を要請するなど、社内の混乱ぶりが明らかになった。なぜマスクCEOは大量リストラを急いだのか?

マスクCEOの方針転換で優良広告主が相次いで広告停止

最大の要因は広告料の減収だ。マスクCEOはトランプ前大統領のツイッターアカウントを復活する意向を示していた。これに対して独アウディや米ファイザー、米食品メーカーのゼネラル・ミルズなどの大手企業が一時的にツイッターでの広告を停止すると表明。人種差別発言やフェイクニュースの発信源になるようなら、本格的な撤退も示唆している。

事実、米国では8日の中間選挙で露出を増やしているトランプ氏の影響か、ツイッターで差別的な投稿が急増しているとの指摘もある。当のトランプ氏はツイッターでアカウント凍結が解除されても、自前のソーシャルメディア「トゥルース・ソーシャル」を利用し続けると明言している。

だが「トゥルース・ソーシャル」は財政難が指摘されており、トランプ氏がツイッターに復帰する可能性もありそうだ。そうなるとトランプ支持派のアクセスは増えるだろうが、それでキャッシュが生まれるわけではない。それどころか、人権意識が高い企業の広告離れが顕著になるだろう。こうした企業の多くは高級ブランド商品を扱っている優良企業で、同社の広告営業には大きな痛手となる。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

マスク氏のツイッター買収、米中間選挙巡る誤情報拡散懸念も

マスク氏のツイッター買収、米中間選挙巡る誤情報拡散懸念も

2022-10-31

10月28日、米企業家イーロン・マスク氏によるツイッターの買収により、中間選挙を11月8日に控えた米国で選挙に関する大量の誤情報が解き放たれるのではないか、との懸念が生じている。