menu
Social media

ビジネス

あの大塚家具も!創業家内紛シリーズ(3) 親子・兄弟の争い編

Cover 72470377 953d 4f79 8da9 cd8cb727bd8e

創業家の内紛シリーズ(3) 親子、兄弟の争い編

「創業家の内紛シリーズ」の第3回目は、「親子、兄弟の争い編」としてロッテ、大塚家具<8186>、ユニバーサルエンターテインメント<6425>の3社を取り上げたい。身内同士の争いであるがゆえに、かえって容赦のない攻防が繰り広げられているようにも映る3社の事例を紹介したいと思う。

■日韓をまたぐロッテ創業家の兄弟げんか

「お口の恋人」というキャッチコピーでお菓子業界の一角を担ってきたロッテの歴史は、戦後間もない1948年にまでさかのぼる。現名誉会長の重光武雄(辛格浩、シン・ギョクホ)氏がチューインガムの製造販売を行う株式会社ロッテを日本において設立したことがその始まりだ。

2009年に武雄氏が第一線から退いたあとは、長男である宏之氏と次男である昭夫氏がともに経営に関与してきたが、しだいに両者間における対立が見られるようになる。

ロッテグループの各社では次男である昭夫氏を推す声が多いものの、武雄氏を始めとする創業家では長男である宏之氏を後継者とする見方が優勢であるため、事態を複雑化させた。また、創業家は韓国でも財を成しているため、この兄弟間の経営権争いは日本と韓国の両国間にまたがる兄弟げんかの様相を帯びてきたのであった。

2015年頃には昭夫氏が経営の主導権を掌握するようになっており、宏之氏は自身や重光氏の代表権の復活を内容とする株主提案を提出するものの、株主でもあるグループ各社が昭夫氏を支持する姿勢は変わらず、総会決議では否決が続いていた。

そうした中、2016年10月には、武雄氏、宏之氏、昭夫氏を含む創業家メンバーが横領などの罪で韓国のソウル中央地検により在宅起訴されるなどして、事態はさらに混迷を極めた。

武雄氏は2015年に代表権を奪われることとなった取締役会決議に対する無効確認の訴えを起こしていたが、2017年4月の東京地裁では請求棄却となっており、現在も昭夫氏が代表権を持つ体制が維持されている。

■娘が経営権を握るも正念場は続く大塚家具

大塚家具の創業者である大塚勝久氏と娘の久美子氏の経営権を巡る対立は、格好のワイドショーネタともなり、連日テレビなどで報道されていたことは記憶に新しい。

業績不振を理由に一度は第一線を退き、娘を社長とした勝久氏であったが、改革路線を進む久美子社長に対して待ったをかけ、2014年7月には久美子社長を解任することになったのが泥沼劇のはじまりだった。

お家騒動

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

大塚家具、TKPとの業務・資本提携で業績不振を乗り越えられるか

大塚家具、TKPとの業務・資本提携で業績不振を乗り越えられるか

2015年12月期に約110億円あった現預金が、わずか1年9カ月で約20億円となってしまった大塚家具。11月6日に貸会議室運営のティーケーピーとの業務・資本提携を正式発表したが、この提携で難局を乗り越えられるか。大塚家具の現状を東京商工リサーチが取材した。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344