menu
Social media

大量保有報告書でM&Aの動向がわかる!(後編)

Cover d721f973 02cb 4baa b2c7 d6363b559bd2

大量保有報告書でM&Aの動向がわかる!(前編)では、大量保有報告書とはどういうものなのか、企業側が見るべきポイントとは何かについて解説しました。今回は、個人投資家が見るべきポイントについてお話したいと思います。株式投資を行う人には必須の知識ですよ!

●個人投資家が見るべきポイント

株取引でいかに儲けるかは投資家として一番の関心事です。もちろん事業計画や決算数値をしっかり見て企業の将来性を見極めることも大事ですが、実際の株価は市場での売買動向に大きく左右されますから、大口の投資家の動きを把握しておくことは投資の判断材料になります。また、そこまで分析する時間は無いという個人投資家が機関投資家に追随する場合にも、大量保有報告書は有効な情報源になります。

例えば、シンガポールの投資会社であるエフィッシモ・キャピタル・マネージメントは川崎汽船株式会社に大きな投資をしていますが、投資の経過を大量保有報告書からグラフ化すると以下のようになります。

(「大量保有報告書DB」より作成)

見ての通り2015年の年末から2016年3月にかけて一気に株式を取得しています。この期間は変更報告書が次々出されており、買い増しし続けている様子は一目瞭然です。

この期間の川崎汽船の株価は実は下がっているのですが、同期間の日経平均はそれ以上に下落、同業の日本郵船や商船三井などは円高も重なってそれ以上の大幅下落となっています。

つまり、日本の株安と円高による海運セクターの株安を見たエフィッシモは川崎汽船を割安と踏んで買い続けたため、川崎汽船の株価は下支えされていたことになります。

個人投資家が円相場や海運セクターの状況まで考えて株取引をするのは簡単ではありませんが、分析力のある機関投資家の動きに追随することはできます。そのためには大量保有報告書や変更報告書は重要な情報源となります。

なお、大量保有報告書や変更報告書は実際の取引と5営業日のタイムラグがあります。例えば機関投資家が大量取得して株価が高騰した場合には、その数日後に公表される大量保有報告書を見て追随買いしても短期の利益は期待できませんので注意が必要です。あくまでも機関投資家の大きな動向を見るための材料として使うのが良いと思います。

また、投資元の属性によっても株価の反応が変化します。例えば川崎汽船に投資したエフィッシモは「アクティビスト・ファンド」と呼ばれる経営にも物言う株主で、近時では減損問題に揺れる東芝の株式を大量取得して話題になっています。この辺の情報も株価と照らし合わせてみて、他の個人投資家と差をつけていきたいものです。

NEXT STORY

大量保有報告書でM&Aの動向がわかる!(前編)

大量保有報告書でM&Aの動向がわかる!(前編)

大量保有報告書は、大口の株式売買の動向が分かる貴重な資料ですが、普段あまり目にする機会はないかもしれません。そこでまずは、大量保有報告書には何が書いてあり、どのように使えるのかを見ていきましょう。


注目の記事

Thumb 92b587ec 0671 471d 8dd3 5d58627a4ed4

英投資ファンド・ペルミラの誤算、スシローは回転しすぎてもはや賞味期限切れに

M&A Online編集部です。今回から隔週でビールを飲む理由@麦とホップさんによる「フードビジネスとM&A」の連載が始まります。今回はスシローを中心に回転寿司ビジネスをテーマにお届けします。

Thumb 7ef6eb2f f6ad 41d2 a879 e351e640771d
Thumb f3c648a3 4804 433a 8d16 1aecd7a2a8fe
Thumb d5fd8cbc 4e0b 42d6 b4b0 e36ecbd4441c