menu
Social media

押さえておきたい大量保有報告書の“報告義務”とは(第1回)

Cover e9628983 e13b 4069 9e5e 6e9c51e75722

株式を誰が(どの会社が)、どれだけ保有しているかを知ることができる「大量保有報告書」。これまで「大量保有報告書でM&Aの動向がわかる!」(記事はこちら)などの記事で概要をご紹介してきましたが、本稿では3回に分けて、株式を大量に保有する側の立場から、その報告義務について解説します。

「報告義務が発生するタイミングはいつ?」
「どのようなケースで報告義務が発生するの?」
「報告しなかった場合の罰則は?」

企業の担当者はもちろん、個人投資家の方も株式の動向を知るうえで押さえておきたいポイントを、本記事でチェックしましょう。第1回目の今回は、基本的な流れを追って解説します。

報告義務が発生する「5%ルール」とは?

上場会社の株券等の保有者で、その保有割合が全体の5%を超える者は「大量保有者」と定義づけられ、内閣総理大臣*への報告義務が発生します。
(*)金融庁長官にその権限が委任されている。(金融商品取引法194条の7、府令37条の2)

これが「株券等の大量保有の状況に関する開示制度」(以下、5%ルール)と呼ばれるものであり、その報告書が「大量保有報告書」と呼ばれています。また、大量保有報告書の写しを各証券取引所へ提出、および5年間の公衆縦覧が義務付けられています。

この制度は金融証券取引法で定められており、会社の支配権および株価形成に影響を及ぼしやすい大量保有の情報を公開することで、市場の公正性、透明性を高めるとともに、投資者の保護を徹底することが目的です。

5%ルールの流れ M&A Online編集部作成

大量保有報告書

NEXT STORY

押さえておきたい大量保有報告書の“報告義務”とは(第2回)

押さえておきたい大量保有報告書の“報告義務”とは(第2回)

株式を誰が(どの会社が)、どれだけ保有しているかを知ることができる「大量保有報告書」。株式を大量に保有する側の立場から、その報告義務について解説します。第2回目は、保有の定義や機関投資家に設けられている「特例報告制度」について解説します。


注目の記事

Thumb 6e2b0894 dddf 48d6 9c6c 95c785840927

東芝劇場~衝撃の結末は?

過年度決算訂正が終わったかと思ったら、減損問題で揺れる東芝ですが、現在進行形の劇場型で事件が進展しています。会計の専門家でも難しい内容をできる限り平易に解説したいと思います。少し長いですがお付き合いください。

Thumb c3a99525 9870 40a5 8c37 c49490abd54a
Thumb 09b381d4 25fe 4cb8 9430 ac355561fa98
Thumb bbeb0099 5658 4d41 ada5 c7f4036e1057