ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

「仮想通貨」が流出したホットウォレットって何?

alt

コールドウォレットは安全

仮想通貨の保管場所にはホットウォレットのほかにコールドウォレットと呼ばれるものがある。これはインターネットにつながっていない記憶装置のことで、インターネットから切り離されているため、ハッカーによる攻撃を受けることがなく、不正流出などは起こらない。

このため多くの仮想通貨取引所では入出金に必要な一部の仮想通貨をホットウォレットに保管し、他はコールドウォレットで保管していると思われる。

コールドウォレットには、必要な情報を紙に書き出したペーパーウォレットや、USBのような専用の機器に必要情報を記録させるハードウェアウォレットがある。

コールドウォレットはインターネットにつながっていないため安全だが、情報を記録した紙や機器を紛失する危険性があるほか、インターネットにつながっていないため支払いなどには使いにくい面がある。

仮想通貨をやり取りするためにはホットウォレットは不可欠であり、同時にセキュリティーレベルをどれだけ上げてもハッカーからの攻撃に対する不安を払しょくすることはできない。

テックビューロから流出した仮想通貨約70億円分のうち顧客からの預かり分は45億円で、テックビューロ保有分は25億円。顧客がテックビューロに預けずに自身で保管していたら、被害金額は少なくなっていたはずだ。

当面、仮想通貨は取引所には預けずに、自身がコールドウォレットで管理するのが、手間はかかるが安全な方法と言えそうだ。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

テックビューロから仮想通貨約67億円分が不正流出 フィスコがM&A

テックビューロから仮想通貨約67億円分が不正流出 フィスコがM&A

2018/09/20

​登録仮想通貨交換業者であるテックビューロが保管しているビットコインなどの仮想通貨約67億円分が不正流出した。フィスコグループがテックビューロを子会社化し支援する。