シンガポールの大手仮想通貨取引所であるフォビグループが、仮想通貨交換業の登録業者であるビットトレード(東京都港区)を買収することになった。

仮想通貨交換業者のM&Aが活発化

ビットトレードはグローバル展開しているフォビグループから資本参加を受けることで、内部管理態勢を充実させるとともに、仮想通貨の不正流出などのリスクに耐えられる財務体制作りに取り組む。

金融庁は仮想通貨交換業者に内部管理態勢の充実を求めており今後、海外や国内の大手資本による仮想通貨交換業者のM&Aが活発化しそうだ。

成長フェーズに踏み出す第一歩

フォビグループは2013 年から中国で仮想通貨取引所として活動しており、大きな資金力を持つという。ビットトレードは、フォビグループの支援を受けることで経営を安定化させるとともに、仮想通貨交換所を運営するための高い技術力や専門性、セキュリ ティーシステムなどをフォビグループから取り入れる。 

ビットトレードは今回のフォビグループの資本参加について「加速する仮想通貨市場の成長に遅れることなく、仮想通貨ビジネスで新たな成長フェーズに踏み出す第一歩となる」としている。

一方、フォビグループはビットトレードを日本最大級の仮想通貨交換業者に育て、世界的なサービスの展開を目指すと見られる。

買収はビットトレードの親会社であるシンガポールのTrue Joyful Limitedの株主であるチェン・リェ・メン・エリック氏が、フォビ・ジャパン・ホールディングス代表のクリス・リー氏に、全株式を譲渡する形で実施される。

仮想通貨特集はこちら