M&A速報

シチズンホールディングス<7762>、ミヤノ<6162>をTOBで子会社化

2008/08/21

シチズンホールディングスは、ミヤノをTOB(株式公開買い付け)により連結子会社化することを決議した。現在同社の株式30.45%を保有するが、議決権ベースで66.0%の取得を目指す。ミヤノはTOBに賛同の意見を表明しており、TOB成立後も上場を維持する。

ミヤノは、主軸台固定型NC(Numerical Control=数値制御)自動旋盤メーカーとしては第一人者。シチズンHDの子会社で主軸台移動型NC自動旋盤を製造するシチズンマシナリーは2009年1月、同社と資本提携を結び持ち分法適用会社としている。シチズンHDは連携を強化し、NC自動旋盤事業の拡大を目指す。

買付価格は1株あたり300円で、公表前営業日の対象株式の終値183円に63.9%のプレミアムを加えた。買付予定数は2028万3000株で、買付代金は60億8000万円。買付期間は8月25日から10月15日までを予定している。決済の開始日は10月22日。

M&Aデータベース

関連の記事

【希望退職者募集】シチズン・ペッパーフード・三菱自動車…7月も続々

【希望退職者募集】シチズン・ペッパーフード・三菱自動車…7月も続々

2020/08/03

7月も産業界では希望退職者を募集する動きが加速した。シチズン時計、ミツバの製造業2社が500人規模で募集するのをはじめ、6社が計画を発表した。外食大手のペッパーフードサービスは主力の「いきなりステーキ」事業の縮小で200人程度を募る。

消えた売上高  5兆円が目前「リーガル」「銀座ルノアール」も新型コロナで苦境に

消えた売上高 5兆円が目前「リーガル」「銀座ルノアール」も新型コロナで苦境に

2020/05/23

新型コロナウイルスの影響で業績を下方修正した上場企業の消失した売上高の合計が5兆円に迫ってきた。帝国データバンクが、適時開示情報を基に新型コロナウイルスの影響で業績予想を下方修正した企業について集計した。

シチズンを見直した!フレデリック・コンスタントを買収!

シチズンを見直した!フレデリック・コンスタントを買収!

2016/12/04

コレクター垂涎のスイス時計メーカー「フレデリック・コンスタント」を買収したシチズン。ブランド力ではセイコーに見劣りしていると思われたが、実際はケタ違いの精度の高い、高品質なクォーツ時計を大量生産できる国内工場を持っているのがシチズンの大きな強みとなっている。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5