企業買収の記事一覧

のれん費用化の国際的な会計処理が見直される?

のれん費用化の国際的な会計処理が見直される?

国際会計基準(IFRS)を策定する国際会計基準審議会(IASB)が、企業買収を巡る会計処理の見直しに着手しました。今までは減損一辺倒であったIFRSにおける「のれん」の会計処理が、規則償却を基本とする日本基準に近づく可能性が出てきました。

記事を読む
【M&Aインサイト】国際会計基準審議会がIFRSにおけるのれんの費用計上の義務付けを検討

【M&Aインサイト】国際会計基準審議会がIFRSにおけるのれんの費用計上の義務付けを検討

国際会計基準(IFRS)を策定する国際会計基準審議会(IASB)が、IFRSにおける企業買収の際ののれんについて、費用として計上する会計処理の導入を検討していることが明らかに。

記事を読む
日本とはこんなに違う! イスラエル企業とするM&Aの「ツボ」

日本とはこんなに違う! イスラエル企業とするM&Aの「ツボ」

年間に1000社ものコア技術を持つ有望企業が誕生する「スタートアップ大国」イスラエル。日本企業がイスラエルの有望なスタートアップとM&Aするケースも増加中だ。イスラエル企業とのM&Aの「ツボ」を、実際の交渉に関わった経営者に教えてもらおう。

記事を読む
【双葉電子工業】M&Aで次世代の「芽」を創造する老舗メーカー

【双葉電子工業】M&Aで次世代の「芽」を創造する老舗メーカー

双葉電子工業は蛍光表示管(VFD)、有機ELディスプレー、タッチセンサー、複合モジュール、産業・ホビー用ラジコン機器などの電子デバイス製品や金型用器材、生産器材などを手がける製造業。これだけ幅広い製品を提供できるようになった理由はM&Aだ。

記事を読む
【スシローGHD】スイーツで好調な回転寿司の「甘くない現実」

【スシローGHD】スイーツで好調な回転寿司の「甘くない現実」

スシローグローバルホールディングスは回転寿司チェーン業界首位の「スシロー」を展開するあきんどスシローの親会社だ。そのスシローGHDだが、業界トップ企業でありながら何度も「身売り」を経験している。その原因は「オーナー経営者一族の内乱」だった。

記事を読む
「100億円超」の買収 、8月前半急増

「100億円超」の買収 、8月前半急増

お盆前の8月前半のM&Aはいつになく大型案件が目立っている。JTによるバングラデシュたばこ大手の買収を筆頭に100億円超がすでに7件。お盆明け後半戦を前に、2018年の日本企業によるM&Aを金額ランキングで振り返ると…。

記事を読む
「M&Aアドバイザー」企業買収と事業承継の舞台裏

「M&Aアドバイザー」企業買収と事業承継の舞台裏

M&Aアドバイザー(仲介業)とはどのような仕事なのか?この本を読めばおおよその内容がつかめる。これからM&Aアドバイザーを目指す人には大いに参考になる。もちろん企業経営者が読めば、M&Aを実施する際に失敗を回避できる可能性が高まる。

記事を読む
武田薬品が買収するシャイアーって、どんな会社?

武田薬品が買収するシャイアーって、どんな会社?

武田薬品工業が2018年5月8日、アイルランドの大手製薬メーカーのシャイアーを総額460億ポンドで完全子会社化することで合意した。さて、武田薬品が買収するシャイアーとはどんな会社なのか?それは意外にも「ただ買われる側の企業」ではなかった。

記事を読む
何をもって買収を「成功」と判断するのか「海外企業買収失敗の本質」

何をもって買収を「成功」と判断するのか「海外企業買収失敗の本質」

もはや海外企業とのクロスボーダー(海外)M&Aは珍しくなくなった。それでも「日本企業は海外企業の買収が下手」と言われるのはなぜか?著者は「日本人は交渉が苦手」などという抽象的な評価ではなく、具体的な事例をもとにして失敗の要因を明らかにしていく。

記事を読む
【日本通運】宅配便で惨敗した「物流の雄」の起死回生プランとは

【日本通運】宅配便で惨敗した「物流の雄」の起死回生プランとは

日本通運がM&Aで新分野に挑戦している。国内最大手の日通も成長市場の宅配便で惨敗し、自社が得意とする法人輸送も国内外の物流会社から「侵略」を受けている。日進月歩の物流業界で生き残り、競合他社を出し抜くにはスピードが必要。そのためのM&Aなのだ。

記事を読む
「結果にコミットする」人材こそが、新たな価値を創り出す-RIZAPグループ 加來武宜取締役経営企画・人事本部本部長に聞く

「結果にコミットする」人材こそが、新たな価値を創り出す-RIZAPグループ 加來武宜取締役経営企画・人事本部本部長に聞く

「自己投資産業でグローバルNo.1ブランドとなる」をビジョンに掲げ、積極的なM&Aで急成長を続けるRIZAPグループ。グループ会社の数は今や60社以上におよぶ。そこで「新しいカタチのM&A」に挑む同社取締役経営企画・人事本部本部長の加來武宜氏に話を聞いた。

記事を読む
「名門ゼロックスの買収劇」アメリカメディアはどう報じたか

「名門ゼロックスの買収劇」アメリカメディアはどう報じたか

富士フィルムホールディングスによる米ゼロックス買収劇を報じる主要メディアは、ざっと見る限り今回の買収がビジネス界に影響を及ぼすといった分析は少ない。多くは100年を超える同社の歴史を回顧し、「消滅やむなし」「栄光の過去」などと締めくくっている。

記事を読む
ROEとM&Aの関係性ってあるの?

ROEとM&Aの関係性ってあるの?

ROEを重視する企業が増えていますが、どのように経営状況の良否を判断すればよいのでしょうか。M&A巧者で高ROE企業として知られるソフトバンクやRIZAP(ライザップ)を例に挙げ、共通点や相違点を分析してみたいと思います。

記事を読む
AIが化粧を指南? 資生堂が人工知能開発の米ギアランを買収

AIが化粧を指南? 資生堂が人工知能開発の米ギアランを買収

資生堂は2017年11月7日、米子会社のシセイドウ アメリカズ コーポレーションを通じてAI(人工知能)開発を手がけるギアランを買収した。資生堂は同社のディープラーニング(深層学習)技術を生かし、個人に合わせたバーチャルなメーキャップ体験や肌色判定などによる化粧品や化粧法を提案する。さらには売れ筋をつかむための精度の高いマーケティングでの活用にも期待をかけているようだ。

記事を読む
米テスラのM&A加速の裏にトヨタの提携解消が?

米テスラのM&A加速の裏にトヨタの提携解消が?

米電気自動車(EV)メーカーのテスラは2017年11月6日、米自動工作機械メーカー・パービクスの買収を発表した。テスラは新型セダンの量産でつまずいており、生産技術を向上するのが狙いのようだ。同社は16年11月にも独機械設備メーカーを買収しており、今後も生産技術関連のM&Aに力を入れることになりそうだ。

記事を読む
「ワーキング・ガール」(1988年)|一度は見ておきたい経済・金融映画&ドラマ<2> 

「ワーキング・ガール」(1988年)|一度は見ておきたい経済・金融映画&ドラマ<2> 

ビジネスマン、いやビジネスウーマンも一度は見ておきたい、おすすめの経済・金融映画を紹介する。今回取り上げるのは「ワーキング・ガール」。キャリアアップを目指す主人公が夢に向かって突き進んでいく姿に元気がもらえます。見た後は爽快感たっぷり!

記事を読む
「ウォール街」(1987年)|一度は見ておきたい経済・金融映画&ドラマ<1> 

「ウォール街」(1987年)|一度は見ておきたい経済・金融映画&ドラマ<1> 

ビジネスマンなら一度は見ておきたい、おすすめの経済・金融映画を紹介する。今回取り上げるのは「ウォール街」。エンターテインメントとしても楽しめる1本なので、週末の息抜きにもどうぞ!

記事を読む
これはおすすめ!企業買収ドラマ5作品 洋画編

これはおすすめ!企業買収ドラマ5作品 洋画編

​企業買収にまつわる専門用語を映画で学んでしまおう、という方におススメ。洋画5作品をM&A Online編集部がピックアップしてみた。

記事を読む
M&A用語の歴史 その1 1980年代アメリカのM&A

M&A用語の歴史 その1 1980年代アメリカのM&A

ソフトバンクが英国ARMホールディングスを3.3兆円で買収と、久々に話題の大型M&Aが報じられた。いつもは企業買収(M&A)に無関心な人たちも今回は新聞やネットの記事に目を通したことだろう。1980年代アメリカのM&A事例を引きながら、M&A用語の意味をもう一度確認してみたい。

記事を読む
【M&Aインサイト】補償条項に関する近時の動向

【M&Aインサイト】補償条項に関する近時の動向

企業買収に際し、売主・買主間で締結される株式譲渡契約については、米国におけるM&A実務等を参考にした一般的な枠組みが存在するが、近時、課税関係に配慮して補償条項を作成するという実務も定着しつつある。いくつか例をみてみよう。

記事を読む