手法解説記事

事業譲渡の記事一覧

顧問先からのM&A相談は誰が受けたらよいか

顧問先からのM&A相談は誰が受けたらよいか

会計事務所を経営しています。体裁のために地元以外で事業譲渡したいと顧問先企業から相談を受けたのですが、この場合、誰がM&A相談を受けるべきでしょうか。

記事を読む
【M&Aインサイト】事業の譲受会社が標章を続用したことにより会社法 22 条1 項(商号続用責任)の類推適用が認められた裁判例

【M&Aインサイト】事業の譲受会社が標章を続用したことにより会社法 22 条1 項(商号続用責任)の類推適用が認められた裁判例

森・濱田松本法律事務所の「Client Alert」のM&AOnlineでの配信2回目。今回は、事業の譲受けにおいて商号続用責任の類推適用が認められた裁判例を紹介する。

記事を読む
【今週のピックアップ】M&Aでハッピーリタイアメント?!

【今週のピックアップ】M&Aでハッピーリタイアメント?!

年齢を重ねた経営者の中には後継者難に悩み、廃業を考える者もいる。M&Aも有効な策であると薦められ、成功裏に事業をリタイアした経営者の姿を追う。

記事を読む
【現場の声】事業売却によって譲渡先に成長を託す

【現場の声】事業売却によって譲渡先に成長を託す

業績堅調な事業であったが、経営資源の選択と集中を図るため譲渡を決断。譲渡について考える中で不安だったことや決断のポイントは何だったのか、ご紹介する。

記事を読む
【企業力分析】 経営の鬼門、足を踏み入れてはいけない領域 全18社

【企業力分析】 経営の鬼門、足を踏み入れてはいけない領域 全18社

鬼門が決定的になった破綻会社から、良くないことが現実化してしまった会社、鬼門から直ぐに退避すべき18社を取り上げました。ワールド・ロジ、青木建設、エルピーダメモリ、NOVA、真柄建設、日本航空、カッパ・クリエイト、ワタミ、あきんどスシロー、パナソニック、シャープ、ニッセンホールディングス、コロワイド、ゼンショーホールディングス、サンデー、イオン、井村屋グループ、三越伊勢丹ホールディングスです。

記事を読む
【専門家が答えるM&A相談】不採算事業の売却を検討。従業員ごと売却先に移ってもらうには?(大手企業役員)

【専門家が答えるM&A相談】不採算事業の売却を検討。従業員ごと売却先に移ってもらうには?(大手企業役員)

取引不成立の可能性が大? そのわけとは……。

記事を読む