手法解説記事

事業譲渡のニュース記事一覧

「M&Aの手法」を理解するための3つの観点とは

「M&Aの手法」を理解するための3つの観点とは

M&Aの手法はいくつかありますが、個別の手法の詳しい説明は置いておき、まずはM&Aの手法を3つの観点で大まかに捉えてみることからはじめましょう。

記事を読む
M&Aの際の社員の退職金の扱いは?|M&Aの労務(5)

M&Aの際の社員の退職金の扱いは?|M&Aの労務(5)

会社がM&Aにより売却されたとき、社員の退職金の扱いは、株式譲渡と事業譲渡、M&Aの手法により2パターンに大別できる。社員にとっても会社にとっても大きな金額なるだけに、齟齬のないように対応したい。税務の観点を踏まえておくことも大切だ。

記事を読む
【タカタ破綻】事業譲渡の代金は15億8,800万ドル、一部を補償基金の拠出に

【タカタ破綻】事業譲渡の代金は15億8,800万ドル、一部を補償基金の拠出に

エアバッグ大手のタカタと関連会社の事業譲渡説明会が開催された。アメリカ司法省と司法取引で合意した補償基金への拠出に8億5,000万ドルが発生するが、これらは事業譲渡代金15億8,800万ドルより拠出されると公表された。

記事を読む
家業の燃料卸問屋を譲渡し彫刻家に転身 薬師寺一彦さん(下)

家業の燃料卸問屋を譲渡し彫刻家に転身 薬師寺一彦さん(下)

薬師寺一彦さんは会社勤めや社長業の経験が役に立っている。アーティストとして作品を創るだけではなく行動力、企業にコラボを持ちかけるなどの交渉力がある。

記事を読む
家業の燃料卸問屋を譲渡し彫刻家に転身 薬師寺一彦さん(中)

家業の燃料卸問屋を譲渡し彫刻家に転身 薬師寺一彦さん(中)

父が経営していた燃料卸問屋は経営が順調だったからこそ、有利な条件で売却することができた。売却時は何の展望もなかったが、幸い働いていた時の蓄えがあり、生活には困らなかった。

記事を読む
家業の燃料卸問屋を譲渡し彫刻家に転身  薬師寺一彦さん(上)

家業の燃料卸問屋を譲渡し彫刻家に転身  薬師寺一彦さん(上)

芸術家になる夢が破れて、普通の会社に就職したり実家の商売を継ぐというのはよくあるが、薬師寺さんは真逆のパターン。いったん継いだ家業を捨て、プロの彫刻家になった。

記事を読む
週刊住宅新聞社の破産申請、情報誌事業は別会社で継続

週刊住宅新聞社の破産申請、情報誌事業は別会社で継続

(株)週刊住宅新聞社は10月31日、東京地裁から破産開始決定を受けた。負債総額は債権者1195名に対して4億4504万円。うち、新聞の購読者は1019名。「週刊住宅」発行事業は(株)週刊住宅タイムズが引き継ぎ、その他の出版物の版権などの一部も他社へ売却している。

記事を読む
【経営者向け】事業譲渡、会社分割の具体的なやり方を説明します

【経営者向け】事業譲渡、会社分割の具体的なやり方を説明します

会社の一部だけを売りたい場合はどうしたらよいでしょう。第三者へ譲渡する場合は、事業譲渡や会社分割といった手法で行うことが出来ます。

記事を読む
自分の会社を知り合いに譲渡したい

自分の会社を知り合いに譲渡したい

知り合いの会社はあくまでもM&A候補先のひとつと考え、他の候補先と合わせて戦略的にアプローチしていくことが得策といえるでしょう。

記事を読む
M&Aがあったら有給休暇の扱いはどうなる?|M&Aの労務(3)

M&Aがあったら有給休暇の扱いはどうなる?|M&Aの労務(3)

会社がM&Aを行った際に従業員の「有給休暇の扱い」はどうなるのでしょうか。大前提として、合併前の会社と従業員の間で結んでいた労働契約はそのまま引き継がれます。しかし、M&Aの手法により変わることもあるので注意が必要です。

記事を読む
人事・総務のプロに聞く「M&Aにおける人事労務の留意点」その1

人事・総務のプロに聞く「M&Aにおける人事労務の留意点」その1

M&Aというと、買収価格等の条件面が注目されがちだが、「ヒト」の問題に関しても周到に準備しておかないと、労務トラブル等で思わぬコストが発生する、ということになりかねない。今回はM&Aを行う際の人事労務関係の留意点や制度統合などに関して、社会保険労務士法人三島事務所でM&Aに関する人事制度策定やコンサルを多数手掛けている林英臣マネージャーに伺った。

記事を読む
M&Aで分割支払いはできますか?

M&Aで分割支払いはできますか?

一度M&Aの契約を結んだら、もう元には戻れません。支払いは極力、分割払いを避け、将来の不安を残さないように交渉することをおすすめします。

記事を読む
【中小企業のM&A】土地や車を手元に残したいのですが・・・

【中小企業のM&A】土地や車を手元に残したいのですが・・・

中小企業では、「会社」と「個人」の区別がはっきりしていないことがめずらしくありません。手元に残したい資産については、早めに整理しておきましょう。

記事を読む
【現場の声】譲渡後もしばらく仕事をしたいが・・・

【現場の声】譲渡後もしばらく仕事をしたいが・・・

M&Aで会社を売却し、第一線を退いた経営者も増えてきた。今回は、会社の売却を決心した売り主の引き際について考えてみたい。

記事を読む
年金とM&A(2)円滑な制度引き継ぎ 買収後の企業価値を左右

年金とM&A(2)円滑な制度引き継ぎ 買収後の企業価値を左右

​M&Aにおける年金問題に詳しいマーシュアンドマクレナンカンパーニーズの関根賢二氏のインタビューの第2回。関根氏はM&Aの前後で年金制度を円滑に引き継げるかどうかが「買収後の企業価値を左右する」と説く。

記事を読む
事業譲渡又は合併に伴う労働契約の承継について

事業譲渡又は合併に伴う労働契約の承継について

事業譲渡または合併に伴う労働契約の承継について、厚生労働省策定の指針が策定・公表されましたのでご紹介します。

記事を読む
【現場の声】M&Aは起業家にとって重要な選択肢のひとつ。恐れずに一歩踏み出そう

【現場の声】M&Aは起業家にとって重要な選択肢のひとつ。恐れずに一歩踏み出そう

クラウドソーシングを手がける会社として急成長する中、設立わずか2年で事業を譲渡。的確にビジネスシーズをとらえ、次々と新事業を立ち上げる気鋭の起業家に、その事業観やM&Aについてインタビューを行った。

記事を読む
東芝の事業分割の対象となる関係会社が判明

東芝の事業分割の対象となる関係会社が判明

原子力事業の巨額損失に揺れる東芝が半導体部門の分社化に伴い、東芝から半導体事業の受け皿となる会社となる東芝メモリへ移管される関係会社が判明しました。

記事を読む
【中小企業のM&A】買収したその後は?

【中小企業のM&A】買収したその後は?

中小企業のM&Aにおいても、単に株式を売買して完了、というわけではありません。クロージングや引継ぎにもしっかりと気を配りましょう。

記事を読む
9月から医療法人の分割が可能 適格分割なら税制上の恩恵が

9月から医療法人の分割が可能 適格分割なら税制上の恩恵が

会計事務所が医療法人を顧問先に持つことは多い。経営コンサルまで手掛ける会計事務所にとって、平成28年9月から医療法人の分割が可能になるため、コンサルティングの幅が広がりそうだ。ただ、今回の分割制度の対象は、持分の定めのない医療法人。対象外の医療法人も多いだけに、今後の緩和が望まれるところだ。

記事を読む
【経営者必見!】どうすれば「売れる会社」になるのか

【経営者必見!】どうすれば「売れる会社」になるのか

会社の売却を検討し始めたら、まずは買い手の見方を理解することから始めましょう。「売れる会社」になるための第一歩です。

記事を読む
【中小企業のM&A】売れる会社の条件を教えてください

【中小企業のM&A】売れる会社の条件を教えてください

多くの経営者は会社を手放すことに対して期待を抱くと同時に多くの不安を抱えていることでしょう。中小企業の売れる会社の条件についてまとめてみました。

記事を読む
【中小企業のM&A】手法別にみる売り手の税金対策

【中小企業のM&A】手法別にみる売り手の税金対策

M&Aでは、手法や手続きひとつで負担する税金が異なってきます。退職金をうまく利用することで、手取額を増やすことができます。実際にM&Aでよく行われる手法ごとにみていきましょう。

記事を読む
【専門家に聞く】M&Aを積極活用。急がれる中小企業の事業承継(2/4)

【専門家に聞く】M&Aを積極活用。急がれる中小企業の事業承継(2/4)

中小企業庁は、これまで一部の地域で展開していた「事業引き継ぎ支援センター」を全都道府県に展開、M&Aを活用した中小企業の事業承継を後押しする体制を敷いた。支援センターはどこまでサポートしてくれるのだろうか。東京都事業引継ぎ支援センターのプロジェクトマネージャー木内雅雄氏に伺った。

記事を読む
 【M&Aインサイト】厚労省の「組織の変動に伴う労働関係に関する対応方策検討会」が報告書を公表

【M&Aインサイト】厚労省の「組織の変動に伴う労働関係に関する対応方策検討会」が報告書を公表

2016年 4月13日厚生労働省の報告書が公表されました。会社分割や事業譲渡を伴う組織の変動の場面における労働者保護の政策に関する議論・検討の結果について具体的にご紹介します。

記事を読む