最新米国ベンチャーキャピタルの動向まとめ(2016年3Qまで)

【米国VCファンド募集】

2016年(第3四半期まで)のファンド募集総額は$32Bとなっている。前年を4割ほど上回るペースである。低金利による運用難で投資家がハイリターンを求めてVCファンドをポートフォリオに組み込んでいるとのこと。

PitchBook(http://pitchbook.com/news/articles/the-current-state-of-venture-capital-in-18-charts)よりM&A Online編集部作成

【米国VC投資活動】

2016年(第3四半期まで)のVC投資総額は$56Bとなっている。前年を2割近く下回るペースである。歴史的には引き続き高水準にあるが、投資金額は2四半期連続、投資件数は5四半期連続で減少している。


PitchBook(http://pitchbook.com/news/articles/the-current-state-of-venture-capital-in-18-charts)よりM&A Online編集部作成

【米国VC投資先Exit】

2016年(第3四半期まで)のVC投資先Exitは535件となっている。好調だった2014年の1,027件から、2015年の940件に続いて、通年で減少となる可能性が高い。2015年に比べて、IPOが激減している一方、M&Aは比較的堅調である。

各四半期の大型IPO案件は、BeiGene(Q1、$158M調達)、Twilio(Q2、$150M)、Nutanix(Q3、$238M)など。
各四半期の大型M&A案件は、IBM/Truven Health Analytics(Q1、買収価格$2.6B)、Tencent/Supercell(Q2、$8.6B)、Walmart/Jet(Q3、$3.3B)など。

<その他の最近のM&A案件>

・AppirioをWiproが買収(クラウド統合;$500M)
・Capture MediaをTagboardが買収(SNSコンテンツ検索・利用)
・KampyleをMedalliaが買収(顧客体験管理)
・FameBitをGoogleが買収(YouTubeインフルエンサ・マーケティング)
・GlobalServeをPC Connectionが買収(IT機器ソリューション販売)

記事提供:TransCap

関連リンク:
【M&Aインサイト】CVCファンドを活用した事業シナジー創出で押さえておくべき5つの視点
【500 Startups Japanトップインタビュー】<1>500 Startupsに選ばれるための3つの条件とは?