アスラポート・ダイニングはフジタコーポレーションと資本業務提携を実施することを決議した。同社が実施する第三者割当増資を引き受け、株式の25.86%を取得すると発表した。

フジタコーポレーションは北海道でレストラン・ファーストフードの運営を手がけるが、企業間の競争激化などで不採算店舗の閉店や不採算事業からの撤退を迫られていた。アスラポート・ダイニングは資本業務提携により、フジタコーポレーションの北海道・東北エリアでの店舗運営ノウハウを獲得し、人材マネジメントの共有化や共同購買によるコスト削減などで収益基盤の強化を図る。取得価額は1億5400万円。取得予定日は2016年3月28日。