デルタ株で終わりじゃない!新型コロナ「変異株」はいくつある?

alt

日本にとって高リスクな「デルタ株」

そして現在、世界で猛威をふるっているのがデルタ株だ。東京大学医科学研究所の佐藤佳准教授が主宰する研究コンソーシアム「The Genotype to Phenotype Japan」によれば、デルタ株には日本人に多く見られる細胞性免疫「HLA-A24」を回避する特性があるという。日本人にとって危険な変異株と言える。

デルタ株はワクチン接種が進んでいる英国などでも感染拡大が進んでいる。既存のワクチンを接種していれば重症化はしにくいが、感染するリスクは残るという。2回のワクチン接種を済ませていても、未接種者に感染させる可能性がある。未接種者の場合、50代以下の年齢層でも重症化するケースが目立つ。

政府CIOポータルによると、日本は6月28日時点でのワクチン接種完了率が7.09%と低い。デルタ株の感染が拡大すれば、過去の4波を上回る被害を出しかねない状況だ。

VOIリスト (注目すべき変異株)
名称 最初に確認された国 確認時期 指定日
イプシロン 米国 2020年3月 2021年3月5日
ゼータ ブラジル 2020年4月 2021年3月17日
イータ 複数の国 2020年12月 2021年3月17日
シータ フィリピン 2021年1月 2021年3月24日
イオタ 米国 2020年11月 2021年3月24日
カッパ インド 2020年10月 2021年4月4日
ラムダ ペルー 2020年12月 2021年6月14日

VOI変異株も油断できない。ペルーで感染が拡大している「ラムダ株」は感染力が強い上に、ワクチンの効果が大幅に低下する可能性も指摘されている。ワクチン接種が遅れれば遅れるほど、新型コロナワクチンの感染が長期化し、変異株が生まれる可能性が高まる。ウイルス変異とワクチン接種の「スピード勝負」と言えそうだ。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

新型コロナに効く「抗体カクテル療法」ってなに?

新型コロナに効く「抗体カクテル療法」ってなに?

2021/06/30

中外製薬は、抗体カクテル療法に用いる2種の抗体を、新型コロナウイルス感染症治療薬として製造販売する承認の申請を厚生労働省に行った。新型コロナウイルスと戦う武器の一つとなる抗体カクテル療法とはどのようなものなのか。