ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

バフェットとタッグを組んだ3Gキャピタルの次なる獲物は

alt

買収対象はどこだ

ロイターの記事ではその買収対象は書かれていませんが、うわさにあがっている企業はいくつかあるようです。

・モンデリーズ・インターナショナル
・ゼネラル・ミルズ
・ケロッグ
・キャンベル・スープ

この中で有力な候補がモンデリーズとゼネラルミルズではないかといわれています。

モンデリーズは2012年にクラフトフーズの北米食品部門をスピンオフしています。そのクラフトフーズは2015年にハインツと合併しました。

モンデリーズがクラフト・ハインツと合併すれば違和感なく収まることが予想されますので買収対象の有力候補ではあるでしょうが、スピンオフから合併まで期間が短い気がしますし、モンデリーズは数カ月前にハーシーの買収を断念した経緯があります。

ハーシー買収の一件も含めてモンデリーズは独自で生きていく道を選んでいるようにも感じます。個人的な考えですが。

ゼネラル・ミルズはシリアル食品や冷凍食品などを製造しています。日本でも『ハーゲンダッツ』がよく知られています。

ゼネラル・ミルズは2016年5月にO121感染問題で小麦粉を自主回収しており、そのリコールの対象が拡大している問題を抱えています。

モンデリーズ 株価チャート


モンデリーズ・インターナショナルの1年の株価チャートです。

ゼネラルミルズ 株価チャート


ゼネラル・ミルズの1年の株価チャートです。

さて、3Gの次なる獲物はどこなのでしょうか。さらに再びのバフェットとの協同があるのでしょうか。

ユニリーバだ(追記:2017年2月19日)

クラフト・ハインツがユニリーバに買収提案しました。
食品企業のクラフト・ハインツは同業の買収に動くと思われていましたが、日用品大手のユニリーバに食指が動いたようです。
買収額は1430億ドルと言われていますが、ユニリーバはこれを拒否したようです。

本記事は、「MoneY wave」より転載しております。

MoneY wave管理人 イエローバード

投資のヒントになる情報をPick up あらゆる投資手段で困難な時代を乗り切るブログ「MoneY wave」を運営。

どれだけ景気がよくなったと言われても、肌で実感できなければ景気がいいとはいえないのです。企業の株価があがっても、わたしたちの給料はあがりません。むしろ減る一方です。そんな時代だからこそ、会社に頼らずに自らの力で生きていけるようになることが大切です。
今からでも遅くはありません。お金を貯めて、そしてお金にも働いてもらい、仲間を連れてきてもらいましょう。
お金の波に乗る。
MoneY waveに乗りましょう。


NEXT STORY

ついに決着。J&Jが300億ドルでアクテリオンを買収

ついに決着。J&Jが300億ドルでアクテリオンを買収

2017/02/21

ジョンソン・エンド・ジョンソンがスイスの製薬会社アクテリオンを買収することが正式に決まりました。買収額は300億ドル(3.4兆円)。今回の買収に至るまでサノフィが買収合戦に加わるなど波乱に満ちあふれていました。

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5