M&Aのニュース記事一覧

【2023年人材サービス業界のM&A】 アウトソーシングが2200億円MBOで非公開化へ、M&A件数は過去10年で最多の33件

【2023年人材サービス業界のM&A】 アウトソーシングが2200億円MBOで非公開化へ、M&A件数は過去10年で最多の33件

2023年のM&A戦線は終盤、MBO(経営陣による買収)ラッシュの様相を呈した。しかも数千億円の巨額案件が連続した。その一つが人材サービス業界から飛び出した。

記事を読む
【2023年のIT・ソフトウェア業界】過去10年でM&A案件最多に、クロスボーダー低調で取引金額は低迷

【2023年のIT・ソフトウェア業界】過去10年でM&A案件最多に、クロスボーダー低調で取引金額は低迷

2023年のIT・ソフトウェア企業を対象にしたM&Aは、2014年からの過去10年で最多の181件(2023年12月27日現在)で、コロナ禍で同業界のM&Aが活発になった2021年の163件を抜いた。

記事を読む
【2023年運輸業界のM&A】件数・取引総額ともに大幅減も、高水準を維持

【2023年運輸業界のM&A】件数・取引総額ともに大幅減も、高水準を維持

2023年の運輸業界におけるM&Aは件数が前年比29.4%減の24件と2年ぶり、取引総額は同75.6%減の約1737億円と2年ぶりに減少した。それでも2014年以降の10年間では件数、取引総額共には2022年に次ぐ2番目と、好調を持続した。

記事を読む
【2023年外食・フードサービスのM&A】過去最大の案件決めたゼンショー、経営環境厳しいシダックスなどの給食事業

【2023年外食・フードサービスのM&A】過去最大の案件決めたゼンショー、経営環境厳しいシダックスなどの給食事業

2023年の外食・フードサービス企業を対象にしたM&Aの取引金額は2342億円(2023年12月26日現在)で前年比約3.8倍増となった。件数も23件で前年を上回った(2022年は19件)。上位3社の取引総額が大きく、全体をけん引した。

記事を読む
【2023年製造業界のM&A】件数が過去10年間で最多に、金額は前年の3倍に

【2023年製造業界のM&A】件数が過去10年間で最多に、金額は前年の3倍に

2023年の製造業におけるM&Aは、件数が前年比増の240件で3年連続の増加となった。一方、取引総額は同約3倍の約8兆6199億円(前年は約2兆9070億円)と3年ぶりの増加となった。M&A市場全体が成長する中、件数は過去10年間で最多に。

記事を読む
日本製鉄のUSスチール買収に潜む想定外の「経済安全保障」リスク

日本製鉄のUSスチール買収に潜む想定外の「経済安全保障」リスク

日本製鉄によるUSスチールの買収に、米国内から反対の声が聞こえてくる。中国勢からの安価な鉄鋼輸入に押されて青息吐息のUSスチールを救済し、世界シェアを上げると同時に米国内で回復する鉄鋼需要を取り込む「Win-Win」のM&Aのはずなのだが…

記事を読む
復活ののろしを上げる「HIS」黒字転換で買収を再開

復活ののろしを上げる「HIS」黒字転換で買収を再開

大手旅行会社のエイチ・アイ・エス(HIS)が、2023年10月期に営業黒字を達成した。コロナ禍の影響が薄らぎ旅行需要が回復したのが要因で、黒字化は2019年10月期以来4期ぶり。

記事を読む
不振のEC事業の穴を埋められるか「バリューゴルフ」が5年ぶりにM&A

不振のEC事業の穴を埋められるか「バリューゴルフ」が5年ぶりにM&A

ゴルフ場の一人予約サイトなどを運営するバリューゴルフが、4年ぶりに企業と事業の買収に踏み切った。新たに傘下に収める企業と事業は不振のEC事業の穴を埋めることができるだろうか。

記事を読む
与党「令和6年度税制改正大綱」まとまる―イノベーションを促進

与党「令和6年度税制改正大綱」まとまる―イノベーションを促進

政府与党は「令和6年度税制改正大綱」をまとめた。M&A関連ではイノベーションの創出・育成と中小企業の成長・活性化に力を入れている。イノベーションにつながる所得に対して30%の所得控除を認める制度や、中小企業事業再編投資損失準備金制度の拡充。

記事を読む
【動画】有力ファンドのサポートで獣医業界の課題解決力をアップへ 「Lキャタルトン・ジャパン×Withmal」当事者が明かすM&Aの舞台裏

【動画】有力ファンドのサポートで獣医業界の課題解決力をアップへ 「Lキャタルトン・ジャパン×Withmal」当事者が明かすM&Aの舞台裏

動物病院業界には堅実な需要もある半面、業界内の競争も激しくなりつつあります。過酷な市場競争で生き残るためには、規模拡大による経営基盤の強化が欠かせません。そのための手段としてM&Aが注目されています。

記事を読む
大谷選手の1015億円移籍、「企業買収」と考えれば今年何位?

大谷選手の1015億円移籍、「企業買収」と考えれば今年何位?

米大リーグ・エンジェルズの大谷選手が10年で総額7億ドル(約1015億円)というメジャー史上最高額でドジャースへ移籍する。移籍は選手の「M&A」とも言える。大谷選手の移籍をM&Aと捉えれば、国内で今年何位のディール(取引)となるのだろうか?

記事を読む
オランダのキノコ飲み込んだ「雪国まいたけ」復活のきっかけになるか

オランダのキノコ飲み込んだ「雪国まいたけ」復活のきっかけになるか

マイタケやマッシュルームなどの生産を手がける雪国まいたけが、4年ぶりに企業買収に踏み切った。2024年3月期は売り上げが増加に転じるものの、営業利益は3期連続の減益予想だ。今回の企業買収は復活のきっかになるだろうか。

記事を読む
【大成建設】老舗企業が変わる M&Aで事業領域を拡大 

【大成建設】老舗企業が変わる M&Aで事業領域を拡大 

大手ゼネコンの大成建設がM&Aで大きく変わろうとしている。2024年3月期を最終年度とする中期経営計画の中で、重点施策の一つとして成長が見込まれる電気通信分野や、他社から後れをとっている分野、エリアでM&Aを行うことを明記した。

記事を読む
コロナ禍と無縁の「ユニバーサル園芸社」買収を加速 1年ほどで8件に

コロナ禍と無縁の「ユニバーサル園芸社」買収を加速 1年ほどで8件に

観葉植物のレンタル大手ユニバーサル園芸社が、この1年3カ月ほどの間に8度の企業や事業の買収に踏み切った。業績が好調なことからコロナ禍後の事業拡大にカジを切った格好だ。2024年もこのハイペースは続くのだろうか。

記事を読む
【11月M&Aサマリー】今年最多の114件、16年ぶり年間1000件突破へ|大正製薬が過去最大MBO

【11月M&Aサマリー】今年最多の114件、16年ぶり年間1000件突破へ|大正製薬が過去最大MBO

2023年11月のM&A件数(適時開示ベース)は前年比25件増の114件と今年の月間最多となった。1~11月累計は946件と前年を81件上回り、年間件数はリーマンショック前年の2007年以来16年ぶりに1000件の大台に乗せる見通しだ。

記事を読む
丸亀製麺の「トリドール」利益が一気に2倍に

丸亀製麺の「トリドール」利益が一気に2倍に

セルフ式うどん店「丸亀製麺」などを展開するトリドールホールディングスの2024年3月期の事業利益(売上高から売上原価と販管費を引いた額)が、前年度比96.2%増とほぼ倍増する。

記事を読む
事業承継のカギを握る「サーチファンド」⑦サーチャー(ネクストプレナー)としての働き方(後編)

事業承継のカギを握る「サーチファンド」⑦サーチャー(ネクストプレナー)としての働き方(後編)

サーチャーが事業を引き継ぐまでに具体的にどのような活動を行うのでしょうか。意向表明の提出からクロージングほか、M&A後の社員との顔合わせまでポイントを解説します。

記事を読む
業績急伸の「近鉄グループ」先行きに暗雲も その理由は

業績急伸の「近鉄グループ」先行きに暗雲も その理由は

近鉄グループホールディングスは、近鉄エクスプレスの子会社化で業績が急伸している。ただ先行きについては暗雲が立ち込めており、その理由も近鉄エクスプレスのM&Aにある。

記事を読む
事業承継のカギを握る「サーチファンド」⑥サーチャー(ネクストプレナー)としての働き方(前編)

事業承継のカギを握る「サーチファンド」⑥サーチャー(ネクストプレナー)としての働き方(前編)

サーチャーが事業を引き継ぐまでに具体的にどのような活動を行うのでしょうか。事前準備から始まり、企業情報を取得、その企業の事業計画策定までを解説します。

記事を読む
印刷大手の「TOPPAN」と「大日本」そろって当期利益予想が減益から増益に反転

印刷大手の「TOPPAN」と「大日本」そろって当期利益予想が減益から増益に反転

TOPPANホールディングスと大日本印刷の印刷大手2社の2024年3月期の当期利益予想が、当初の減益から増益に反転する。リクルート株の売却益を特別利益として計上することで、当期増益を見込むのだ。

記事を読む
【サカタのタネ】種苗国内トップ、海外M&Aを“再起動”へ

【サカタのタネ】種苗国内トップ、海外M&Aを“再起動”へ

サカタのタネは種苗会社として国内トップに立つ。170カ国・地域に花や野菜の種子を販売し、海外売上高比率は70%を超え、グローバル展開でも抜きん出る。同社躍進の牽引役の一つがM&Aへの積極的な取り組みだ。

記事を読む
ゲームセンター「GiGO」など運営のGENDAが企業買収を加速 3カ月で8件 その戦略とは

ゲームセンター「GiGO」など運営のGENDAが企業買収を加速 3カ月で8件 その戦略とは

ゲームセンターの「GiGO」など260店舗を運営するGENDAが、この3カ月ほどの間に企業や事業を8件買収した。対象は同業のアミューズメント関連事業のほか、映画配給会社やレモネード専門店、ポップコーン専門店など幅広い。

記事を読む
M&Aで歯科医院の譲渡価格を上げるには? ストライクとPMCがセミナー共催

M&Aで歯科医院の譲渡価格を上げるには? ストライクとPMCがセミナー共催

ストライクとコンサルティング先の歯科医院が590を超えるPMC(札幌市)は2023年11月19日に「加速する歯科医院M&Aの実態 歯科医院経営者のための最新のM&A戦略を専門家が解説!」と題したオンラインセミナーを共同で開催した。

記事を読む
家電量販「ビックカメラ」「ヤマダ」が3期ぶりの営業増益見込む その要因は? 

家電量販「ビックカメラ」「ヤマダ」が3期ぶりの営業増益見込む その要因は? 

ビックカメラは2024年8月期に3期ぶりの営業増益となる。ヤマダホールディングスも2024年3月期に3期ぶりに営業増益となる。要因の一つに企業買収によって携帯電話販売事業や環境事業が順調に推移することがある。

記事を読む
「丸亀製麵」のトリドールHD、グローバル飲食企業に向けてその前途は?|ビジネスパーソンのための占星術

「丸亀製麵」のトリドールHD、グローバル飲食企業に向けてその前途は?|ビジネスパーソンのための占星術

うどん専門店「丸亀製麵」で知られるトリドールホールディングス。2000年に第1号店を出店し、以来、快進撃を続け、飲食業界に新風を吹き込んできた。海外でも「丸亀製麵」を軸にアジア、欧米の約30カ国で事業を展開する。日本発グローバル飲食企業の今後は?

記事を読む