株式公開買付けの記事一覧

前田建設が主役!「映画」と「敵対的TOB」が同時進行

前田建設が主役!「映画」と「敵対的TOB」が同時進行

敵対的TOBを仕掛け、2020年のM&A戦線の主役に躍り出たのが前田建設工業。期せずして、同社を舞台とした映画「前田建設ファンタジー営業部」が1月31日から公開される。TOBとの同時進行となり、同社への注目度はいやが上にも高まりそうだ。

記事を読む
旧村上ファンド系、東芝機械に敵対的TOB|買収防衛策で対抗へ

旧村上ファンド系、東芝機械に敵対的TOB|買収防衛策で対抗へ

新たな敵対的TOBが持ち上がった。​旧村上ファンド系のシティインデックスイレブンスが21日、東芝機械に対してTOBを実施すると発表した。最大259億円を投じて東芝機械株の43.82%の取得を目指す。東芝機械は買収防衛策で対抗する方針だ。

記事を読む
ユニゾホールディングスのTOBにみるサラリーマン経営の危うさ

ユニゾホールディングスのTOBにみるサラリーマン経営の危うさ

ユニゾのサラリーマン経営者は、FAに三菱モルガンスタンレー証券と大和証券、法務アドバイザーにTMI総合法律事務所と西村あさひ法律事務所、税務アドバイザーにEY税理士法人など大変に値段が高いアドバイザーを必要以上に多数雇って対抗した。

記事を読む
RIZAPグループ、ジャスダック上場の『ぱど』を売却

RIZAPグループ、ジャスダック上場の『ぱど』を売却

RIZAPグループが連結子会社でフリーペーパー発行等の「ぱど」を畑野幸治氏へ売却する。譲渡価格は総額24億6700万円。畑野氏はM&A の仲介事業を行うFUNDBOOK(ファンドブック)代表取締役CEO。

記事を読む
川崎市の九龍城砦「ウェアハウス」が閉鎖、ゲオの事業整理進む

川崎市の九龍城砦「ウェアハウス」が閉鎖、ゲオの事業整理進む

11月17日にウェアハウス川崎が閉店します。運営はゲオホールディングス。同社は2013年ウェアハウスにTOBを実施して完全子会社化し、上場廃止にしていました。今期の営業利益が36%減の100億円を見込むゲオは不採算事業の整理を急いでいます。

記事を読む
ユニゾHD「基本方針」で考える 従業員の雇用保障と「企業価値向上」概念

ユニゾHD「基本方針」で考える 従業員の雇用保障と「企業価値向上」概念

ソフトバンク傘下のフォートレスが行ったTOBに対し、当初賛同を表明していたユニゾHDが一転して意見を保留する旨を決議した。ユニゾの公表資料などを参考に、どこまでステークホルダーである従業員の利益を重視しうるか検討を試みたい。

記事を読む
ソフトバンクのZOZO買収「成立しない」可能性が急浮上

ソフトバンクのZOZO買収「成立しない」可能性が急浮上

​ソフトバンクグループは2019年9月12日、​子会社のヤフーを通じてアパレルネット通販のZOZOをTOBで買収すると発表した。買収の狙いは​ネット通販事業で、ZOZOが抱える​若年層の顧客を取り込むことだ。このTOBは成功するのだろうか。

記事を読む
構想から12年!日本初の総合取引所がここまで「難航」した理由

構想から12年!日本初の総合取引所がここまで「難航」した理由

2019年7月30日に日本取引所グループが、東京商品取引所を総額約55億円で買収することで最終合意した。世界の取引所と競い合う用意がようやくできたが、「総合取引所」構想が出てから12年もかかった。なぜそこまで両社の合併が「難航」したのか?

記事を読む
様相を異にする「東商取TOB」 経営統合へJPXが買い付け開始

様相を異にする「東商取TOB」 経営統合へJPXが買い付け開始

10月の経営統合に向けて、日本取引所グループによる東京商品取引所へのTOBが1日始まる。ただ、今回のTOBは通常とは様相を異にする。東商取の株主は100人に満たず、大半が業界の関係筋で、ほぼ“無風”で順当に買い付けが進む見通しだ。

記事を読む
​2019年第2四半期 TOBプレミアム分析レポート

​2019年第2四半期 TOBプレミアム分析レポート

2019年第2四半期のTOB件数は公表ベースで5件と前年同期比2件減に。2014年以降の第2四半期では最低の水準にとどまった。2019年累計は20件 で、前年同期より5件増加している。KDDIによる​カブドットコム証券のTOBなどがあった。

記事を読む
「ユニゾ株」高値推移、HISの思惑外れる?

「ユニゾ株」高値推移、HISの思惑外れる?

ホテル・オフィス賃貸事業のユニゾホールディングスに対し、HISが実施中のTOBの成り行きに注目が集まっている。ユニゾ株価がTOB価格の1株3100円を上回る高値圏で推移し、このままでは予定の株式数を買い付けることが困難と見られるためだ。

記事を読む
【今週のピックアップ】敵対的TOBが活発に?

【今週のピックアップ】敵対的TOBが活発に?

旅行大手のHISがビジネスホテル事業のユニゾホールディングスに対し、株式公開買付け(TOB)を開始すると発表した。最大の焦点は敵対的TOBに発展するかどうか。今年の春先、伊藤忠商事によるデサントへの敵対的TOBが記憶に新しいが…

記事を読む
保有株式がTOBになったらどうすればいい?

保有株式がTOBになったらどうすればいい?

上場株式を保有していれば、株式公開買付け(TOB)の対象となる可能性があります。TOBとはどのような制度なのか。保有株式が対象になった場合にどうやって応募する・しないを判断すればよいのか解説します。

記事を読む
M&Aと株価の関係を教えてください

M&Aと株価の関係を教えてください

世界的なカネ余りによって、M&Aが世界的に過熱しています。今回は「M&Aが株価に与える影響」について、元証券ディーラーがわかりやすく解説します。

記事を読む
EDINETガイド~大量保有報告書をみてみよう~

EDINETガイド~大量保有報告書をみてみよう~

株式投資を始めたばかりの方、新聞等の証券欄などで目にする「大量保有報告書」って何だろうと気になる方に向けたコラムです。EDINETで大量保有報告書を閲覧する方法と、何が書かれているのか確認すべき項目についてわかりやすく説明します。

記事を読む
​2019年第1四半期 TOBプレミアム分析レポート

​2019年第1四半期 TOBプレミアム分析レポート

2019年第1四半期 (1-3月)のTOB件数は、公表ベースで15件と前年同期の8件より大幅増となった。当四半期の総プレミアム平均値は31.45%となっている。ポジティブプレミアム平均は35.40%。50%を超えるプレミアムのTOBは2件。

記事を読む
廣済堂TOB、不成立に終わる

廣済堂TOB、不成立に終わる

​中堅印刷会社の廣済堂(東証1部)は9日、同社に対して米投資ファンドのベインキャピタルが前日まで実施したTOBが予定数まで株式が集まらず、不成立に終わったと発表した。TOBへの応募株式数は目標の半分以下にとどまった。

記事を読む
デサント・伊藤忠、TOB終了で再協議へ

デサント・伊藤忠、TOB終了で再協議へ

伊藤忠商事がデサントに対して実施した敵対的TOB(株式公開買い付け)は成立し、伊藤忠の勝利となった。TOBの結果、もともと筆頭株主である伊藤忠のデサント株の保有割合は従来の30.44%から40%に上昇し、デサントの支配権を事実上握った形だ。

記事を読む
企業法務弁護士が語る「上場維持の公開買付け」

企業法務弁護士が語る「上場維持の公開買付け」

上場会社が対象会社となるM&A取引というと、MBOなど非公開化を伴う取引に議論の焦点が当てられやすい。一方で、上場維持案件は案件数が多いにもかかわらず、その問題点については筆者の知る限りあまり議論されていない。

記事を読む
【年間レポート】2018年 TOBプレミアム分析

【年間レポート】2018年 TOBプレミアム分析

2018年のTOBはどうだったのか?2017年以前のデータと比較して、トレンドを探る。2018年通年の累計件数は完了ベースで前年比7件増の46件(17.9%増)と大幅に伸びた。併せて、2018年第4四半期のTOB結果についてもレポートする。

記事を読む
【公認会計士監修】TOB(ティーオービー;株式公開買付け)

【公認会計士監修】TOB(ティーオービー;株式公開買付け)

TOBは、「株式公開買付け」とも呼ばれており、株式市場外で対象企業の株主から直接株式の買い付けを行うことをいいます。株式の買い集めについて対象企業の経営陣の了承を得ているかどうかにより、友好的TOBと敵対的TOBとに分かれます。

記事を読む
グラフでみる TOBプレミアム分析(2018年第3四半期)

グラフでみる TOBプレミアム分析(2018年第3四半期)

2018年3Qの50%を超えるプレミアムTOBは、三菱地所によるアーバンライフへのTOB(139.35%)、芙蓉総合リースのアクリーティブへのTOB(56.60%※公開買付中)の2件。TOB件数は12件と前年より3件増加した。

記事を読む
2018年第2四半期 TOBプレミアム分析レポート

2018年第2四半期 TOBプレミアム分析レポート

2018年第2四半期のTOBは、公表ベースで7件と前年と同件数だった。ベルーナのさが美へのTOBプレミアムは25.0%、ファミレスのジョイフルによる同業のフレンドリーへのTOBプレミアムはマイナス-16.9%となった。

記事を読む
【まとめ】2018年1月-3月に発表された 主要なM&A案件

【まとめ】2018年1月-3月に発表された 主要なM&A案件

2018年1月-3月に発表された 国内企業のM&A案件より抜粋してご紹介します。

記事を読む
​2018年第1四半期 TOBプレミアム分析レポート

​2018年第1四半期 TOBプレミアム分析レポート

​2018年第1四半期のTOB件数(累計)は、公表ベースで8件と前年 (16件)より減少。主なTOB案件は、大和リースによるテクニカル電子のTOB(プレミアム42.73​%)、RIZAPグループによるワンダーコーポレーションのTOB(プレミアム5.83%​)だった。

記事を読む