日本経営史の記事一覧

【日本M&A史】戦後の大型合併 新日本製鉄の発足(9)

【日本M&A史】戦後の大型合併 新日本製鉄の発足(9)

戦後の日本における大型合併について語るとき、まず思い浮べるのは、1970年の八幡製鉄と富士製鉄の合併による新日本製鉄の発足であろう。それは資本自由化を受けて国際競争力を強化しなければならないという時代の要請を反映したものでもあった。

記事を読む
【日本M&A史】三菱重工業の復活 財閥から企業集団へ(8)

【日本M&A史】三菱重工業の復活 財閥から企業集団へ(8)

1964年6月、三菱三重工(三菱日本重工・新三菱重工・三菱造船)合併による三菱重工業の復活は、「財閥の復活」として国内外に大きな反響を呼んだ。統合には、三菱三重工間の競合や重複投資を除去するというねらいがあった。

記事を読む
【日本M&A史】三菱商事と三井物産の復活 財閥解体と総合商社(7)

【日本M&A史】三菱商事と三井物産の復活 財閥解体と総合商社(7)

終戦後、GHQは徹底的な財閥解体を命令し、三菱商事と三井物産はそれぞれ200社前後の小商社に分割された。それから7年後の1954年、三菱商事は再統合を達成。さらに5年後の1959年に三井物産の再統合が実現した。

記事を読む
【日本M&A史】短命に終わった最初の大銀行間合併 帝国銀行の誕生と消滅(6)

【日本M&A史】短命に終わった最初の大銀行間合併 帝国銀行の誕生と消滅(6)

日本経営史全体に大きなインパクトを与えた企業合併や企業買収を全12回にわたり振り返ってゆく「日本M&A史」。第6回で取り上げるのは、最初の大銀行間合併となった「帝国銀行」である。

記事を読む
【日本M&A史】日本製鉄の誕生 戦時経済統制構築の一環としての「製鉄合同」(5)

【日本M&A史】日本製鉄の誕生 戦時経済統制構築の一環としての「製鉄合同」(5)

1934(昭和9)年1月、官営製鉄所と輪西製鉄・釜石鉱山・三菱製鉄兼二浦製鉄所・九州製鋼・富士製鋼の民間5社による製鉄合同が実現した。この合併は単なる産業合理化策ではなく、戦時経済体制構築の一環としての意味をもったことは間違いない。

記事を読む
【日本M&A史】大企業の時代到来を告げた「三大製紙」の合併 新王子製紙の登場(4)

【日本M&A史】大企業の時代到来を告げた「三大製紙」の合併 新王子製紙の登場(4)

1933年5月、三大製紙会社が合併して、新たに王子製紙が発足した。この合併は、大企業の時代到来を告げるものであり、製紙産業史だけでなく日本経営史全体にとっても大きな衝撃を与える出来事であった。

記事を読む
【日本M&A史】「五大電力」の成立 大衆消費社会への道を開いた電化の進展(3)

【日本M&A史】「五大電力」の成立 大衆消費社会への道を開いた電化の進展(3)

日本の近代化、工業化、経済発展の歴史は、M&Aの歴史でもあった。1914~18年の第一次世界大戦は、日本経済のあり方を大きく変え、都市化と電化が急速に進展した。その電化の担い手となったのが、活発な水平統合で集約された「五大電力」である。

記事を読む
【日本M&A史】「三大紡績」の成立 世界最初の後発国工業化の担い手(2)

【日本M&A史】「三大紡績」の成立 世界最初の後発国工業化の担い手(2)

日本経営史全体に大きなインパクトを与えた企業合併や企業買収を振り返ってゆくコーナー。今回は「三大紡績」(鐘淵紡績・東洋紡績・大日本紡績)の成立を解説する。

記事を読む
【日本M&A史】日本郵船の誕生 近代日本の夜明けを告げた企業間競争の帰結(1)

【日本M&A史】日本郵船の誕生 近代日本の夜明けを告げた企業間競争の帰結(1)

日本の近代化、工業化、経済発展の歴史は、M&Aの歴史でもあった。本連載では、日本経営史全体に大きなインパクトを与えた企業合併や企業買収を振り返ってゆく。第1回は日本郵船の誕生(1885年)である。

記事を読む