事業承継の記事一覧

【専門家に聞く】M&Aを積極活用。急がれる中小企業の事業承継(3/4)

【専門家に聞く】M&Aを積極活用。急がれる中小企業の事業承継(3/4)

中小企業庁は、中小企業のM&A活用促進を目的とした「事業引継ぎガイドライン」を策定した。また、これまで一部の地域で展開していた「事業引き継ぎ支援センター」を全都道府県に展開、中小企業の事業承継を後押しする体制を敷いた。国が事業承継に力を入れる理由はどこにあるのだろうか。東京都事業引継ぎ支援センターのプロジェクトマネージャー木内雅雄氏に伺った。

記事を読む
【専門家に聞く】M&Aを積極活用。急がれる中小企業の事業承継(2/4)

【専門家に聞く】M&Aを積極活用。急がれる中小企業の事業承継(2/4)

中小企業庁は、これまで一部の地域で展開していた「事業引き継ぎ支援センター」を全都道府県に展開、M&Aを活用した中小企業の事業承継を後押しする体制を敷いた。支援センターはどこまでサポートしてくれるのだろうか。東京都事業引継ぎ支援センターのプロジェクトマネージャー木内雅雄氏に伺った。

記事を読む
【専門家に聞く】M&Aを積極活用。急がれる中小企業の事業承継(1/4)

【専門家に聞く】M&Aを積極活用。急がれる中小企業の事業承継(1/4)

中小企業庁は、これまで一部の地域で展開していた「事業引き継ぎ支援センター」を全都道府県に展開、M&Aを活用した中小企業の事業承継を後押しする体制を敷いた。設立の経緯や目的について東京都事業引継ぎ支援センターのプロジェクトマネージャー木内雅雄氏に伺った。

記事を読む
【質問】M&Aで会社を譲渡した後も、社長が会社に残ることはできる?

【質問】M&Aで会社を譲渡した後も、社長が会社に残ることはできる?

大会社の資本傘下で事業を展開、成長させていきたいと考える48 歳の経営者からの相談事例、「M&A=引退」なのか?譲渡した後も会社に残り貢献できないのだろうか、実例を交え譲渡後のオーナー経営者の処遇を考える。

記事を読む
事業承継の相談事例(2)計画的な事業承継対策

事業承継の相談事例(2)計画的な事業承継対策

ある社長は、自分の3人の子に会社の株式を3等分したい言う。はたしてそれは妥当なのだろうか。会社は事業体であり、運営も考えなくてはいけない。ではどうするのが良いのだろうか。事業承継の形式や必要なもの、理想的な手法とは何か?丸の内アドバイザーズグループ公認会計士・税理士岩松 琢也氏が語る。

記事を読む
事業承継の相談事例(1)認知症の相続人

事業承継の相談事例(1)認知症の相続人

相続人に認知症がの方がいる場合に代わりに手続きをする成年後見人。多くの場合弁護士や司法書士など裁判所から選任される。しかし、ケースによっては予定が合わず、遺産分割協議が進まないまま認知症の方がなくなってしまう場合もあり、その場合、手続きも相続登記もできず時間とお金が多くかかることになる。そうならないためにどうすべきか?丸の内アドバイザーズグループ公認会計士・税理士岩松 琢也氏が語る。

記事を読む
東京商工リサーチ「倒産月報」に見る 企業を取り巻く環境の変化(前編)

東京商工リサーチ「倒産月報」に見る 企業を取り巻く環境の変化(前編)

調査会社の東京商工リサーチは2016年4月、全国の支社店がまとめた地区ごとの倒産集計を取りまとめて分析した「2015年度(15年4月-16年3月) 全国企業倒産状況」 を発表した。その内容を見ると、直近の企業を取り巻く環境の変化をうかがうことができる。同社、情報本部情報部課長の増田和史氏に解説してもらった。

記事を読む
【緊急特集】そのM&A無効にならない?!取引の安全性確保のために

【緊急特集】そのM&A無効にならない?!取引の安全性確保のために

高齢化社会におけるM&Aの心得について、相続・成年後見関係の手続きを数多く手掛ける弁護士・西浦 善彦氏に話を聞きました。今回は、知らないと無効になる可能性もある増資と株券の善意取得についてです。

記事を読む
【法律とM&A】経営承継円滑化法の遺留分に関する民法特例とは?

【法律とM&A】経営承継円滑化法の遺留分に関する民法特例とは?

中小企業の事業承継において遺留分が問題になることがある。自社株式が分散してしまうなど事業承継にとって大きなマイナスになることがありその対処として利用できる、経営承継円滑化法とは何か?4月に施工された「遺留分に関する民法の特例」について司法書士・行政書士法人星野合同事務所の解説をみてみよう。

記事を読む
【緊急特集】その株式売買契約も無効?! 契約の落とし穴「無効」と「取り消し」

【緊急特集】その株式売買契約も無効?! 契約の落とし穴「無効」と「取り消し」

相続手続きを数多く手掛ける弁護士・西浦 善彦氏に契約の落とし穴「無効」と「取り消し」についてお聞きしました。多数の当事者間における株式売買契約ですが、一部の当事者間の無効、取消事由が別の当事者らに大きな影響を与えることがあります。

記事を読む
【現場の声】トップが語る物流業の譲渡事例-買収の目的は新規事業分野の人材を得ること。

【現場の声】トップが語る物流業の譲渡事例-買収の目的は新規事業分野の人材を得ること。

企業は「人」!そう語るカンダホールディングスの勝又社長を譲渡先として選んだニュースターラインの鈴木会長。単に条件が合うだけでなく、社長同士の波長も合いスピードでM&Aが成立した事例を通して譲渡の目的と相手選びのポイントとは?

記事を読む
【緊急特集】代表者の突然の死。その相続だと会社が危ない?!

【緊急特集】代表者の突然の死。その相続だと会社が危ない?!

代表者が予期せぬアクシデントで死亡すると、会社の意思決定や重要な事務が滞り、経営に大きな支障をきたします。会社を守るためにも、相続トラブルを回避するためにも、代表者の突然の死に備える必要があります。

記事を読む
【緊急特集】株主が認知症!迫る企業の危機

【緊急特集】株主が認知症!迫る企業の危機

大株主が認知症になると、会社にふさわしくない者が株主として経営に口を出してくる可能性があります。いざというときに、大切な財産や会社経営を守れるよう、事前の準備が大切です。

記事を読む
【今週のピックアップ】M&Aでハッピーリタイアメント?!

【今週のピックアップ】M&Aでハッピーリタイアメント?!

年齢を重ねた経営者の中には後継者難に悩み、廃業を考える者もいる。M&Aも有効な策であると薦められ、成功裏に事業をリタイアした経営者の姿を追う。

記事を読む
【M&A相談所】取引先に知られずに譲渡できるのでしょうか?

【M&A相談所】取引先に知られずに譲渡できるのでしょうか?

取引先に知られずに譲渡はできるのだろうか?製造業を営む経営者の質問に専門家が答える。

記事を読む
【現場の声】創業者が語る。息子に会社を継承できなくなった場合

【現場の声】創業者が語る。息子に会社を継承できなくなった場合

高齢で創業者が勇退へ。息子に会社を継承させたくてもできなかったため、事業承継型M&Aを選択した事例をご紹介します。

記事を読む
2016年M&Aのツボ

2016年M&Aのツボ

昨年M&Aは史上最高額を記録しました。さて、今年2016年はどうでしょうか。今年、M&Aの焦点になりそうなツボをいくつか挙げてみましょう。

記事を読む
【短期集中連載】本音ベースで語る日本のM&A~佐藤明夫弁護士インタビュー~(第3回)

【短期集中連載】本音ベースで語る日本のM&A~佐藤明夫弁護士インタビュー~(第3回)

短期集中連載開始! M&Aのプレーヤーをうまく使うには? 多数の大型案件に関わり、M&Aアドバイスで豊富な実績を持つ佐藤総合法律事務所代表である佐藤明夫弁護士が語る。

記事を読む
【イベントレポート】「M&Aによる失敗しない事業承継セミナー」

【イベントレポート】「M&Aによる失敗しない事業承継セミナー」

2015年10月20日火曜日、ホテル椿山荘東京にて、ダイヤモンド社主催「M&Aによる失敗しない事業承継セミナー」が開催された。その様子をお伝えする。

記事を読む
【専門家が答えるM&A相談】(第2回)息子に会社を譲る以外にどんな方法がありますか。

【専門家が答えるM&A相談】(第2回)息子に会社を譲る以外にどんな方法がありますか。

そろそろ事業を承継することを考えなければならないと思っている場合、経営環境の変化に対応できそうにないなら、M&Aで売却するのも一つの方法です。

記事を読む
【専門家が答えるM&A相談】(第1回)そろそろ事業承継や相続のことを考えたほうがいい?

【専門家が答えるM&A相談】(第1回)そろそろ事業承継や相続のことを考えたほうがいい?

事業承継や相続の準備は早いにこしたことはありません。60代と言えば、いわばピークですが、見方を変えればその後は下るだけとも言えます。

記事を読む
【専門家に聞く】オーナー経営者が死んだら会社や家族はどうなるの?

【専門家に聞く】オーナー経営者が死んだら会社や家族はどうなるの?

オーナー経営者が死んだら、会社や家族はどうなるの? オーナー経営者のお悩みをQ&A形式にて税理士の先生が回答します。

記事を読む
事業承継型M&Aという選択

事業承継型M&Aという選択

全体の半数以上の経営者が後継者問題に悩んでいる現在、後継者を育てるのは難しい。そんな中、後継者問題の選択肢として事業承継型M&Aがある。専門家に話を聞いた。

記事を読む
【知っ得】高額な株の相続税対策は?

【知っ得】高額な株の相続税対策は?

相続は「早いうちに少しずつ」が節税の第一歩。そのポイントとは?

記事を読む
【M&Aインサイト】白書が語る後継者不足の現状

【M&Aインサイト】白書が語る後継者不足の現状

内閣府の2014年版「高齢社会白書」で、国内の高齢者(65歳以上)の人口は過去最多の3,190万人に達し、4人に1人が高齢者となった。企業経営者の約3割が65歳を超えており、国内企業の3分の2が後継者不在の問題を抱えている実態が明らかになった。

記事を読む