記事一覧

【名古屋銀行】2022年、焦眉の急を告げる愛知地銀業界|ご当地銀行のM&A

【名古屋銀行】2022年、焦眉の急を告げる愛知地銀業界|ご当地銀行のM&A

メガバンクと信金の攻勢に挟まれて苦戦を強いられる愛知県の地銀業界。名古屋都市圏にある3地銀のうち2022年、その2つが経営統合を果たす。残った1行の動向に注目が集まる。

記事を読む
ランドクルーザー「納期は4年先」を公表したトヨタの真意は?

ランドクルーザー「納期は4年先」を公表したトヨタの真意は?

「納車まで4年待ち」2021年に14年ぶりのフルモデルチェンジしたトヨタ自動車の「ランドクルーザー(ランクル)300シリーズ」の受注が殺到。同社はホームページで「今からご注文いただく際の納期は4年程度となる場合がございます」と告知したのだ。

記事を読む
ジュエリー需要の落ち込み 4℃(ヨンドシー)HDが下方修正

ジュエリー需要の落ち込み 4℃(ヨンドシー)HDが下方修正

「4℃」を展開するヨンドシーホールディングスは1月6日、2022年2月期の連結業績予想を下方修正した。連結業績予想は、売上高383億円(前回予想405億円)、営業利益17億円(同28億円)、最終利益14億円(同22億円)を見込む。

記事を読む
キャンペーン攻勢をかける「かっぱ寿司」トップを走るスシローに迫れるか

キャンペーン攻勢をかける「かっぱ寿司」トップを走るスシローに迫れるか

かっぱ寿司のカッパ・クリエイトが、キャンペーン攻勢をかけている。話題になった「半額キャンペーン」に続いて「メイプルストーリー」とのコラボや「生ビール半額キャンペーン」を実施する。

記事を読む
「日本旅行」eスポーツ事業に参入 次に来るものは?

「日本旅行」eスポーツ事業に参入 次に来るものは?

日本旅行がデジタル教育施設を運営するレッドホースコーポレーションと共同で、シニア向けeスポーツ事業の開発に乗り出した。非旅行事業拡大の一環だ。eスポーツの次は何が来るだろうか。

記事を読む
かっぱ寿司の半額キャンペーンは集客効果がどれだけあったのか?

かっぱ寿司の半額キャンペーンは集客効果がどれだけあったのか?

かっぱ寿司が2021年9月に1皿半額というキャンペーンを実施しました。常識外れのキャンペーンに客が殺到しました。一部店舗周辺の道路が大渋滞し、16時間待ちという店舗が出たと言われています。その効果はどれだけあったのでしょうか?

記事を読む
感染が止められないなら、経済活動を続けた方がマシのコロナ対策

感染が止められないなら、経済活動を続けた方がマシのコロナ対策

過去最高の感染者を出した新型コロナウイルスの猛威を前に、ついに13都県で「まん延防止等重点措置」の適用が決まった。これまでと同様、飲食店に営業や酒類提供の時間短縮を求める。が、従来と違うのは対象店舗に対策の選択ができるようになったことだ。

記事を読む
マイクロソフトの「M&Aショック」でソニーグループ株が下落

マイクロソフトの「M&Aショック」でソニーグループ株が下落

米マイクロソフトのM&Aが、ソニーグループ株を下落させた。マイクロソフトが米ゲームソフト会社のアクティビジョンドを約7兆8700億円で買収すると発表したのを受けて、19日のソニー株が終値で前日比12.79%安の1万2410円と大幅に下げた。

記事を読む
知事たちは及び腰?「オミクロン株」で緊急事態宣言は出るのか

知事たちは及び腰?「オミクロン株」で緊急事態宣言は出るのか

オミクロン株の流行で新型コロナの第6波が現実のものとなった。沖縄、山口、広島の3県に続き、19日には東京、埼玉、千葉、神奈川、愛知、岐阜、三重の1都6県に「まん延防止等重点措置」を適用する。だが、知事たちは規制強化に及び腰に見える。なぜか?

記事を読む
【会計コラム】東証再編について

【会計コラム】東証再編について

2021年末における世界の主要市場の時価総額では、NY市場の時価総額は約3,500兆円、NASDAQで約3,000兆円の規模に対して、東証は約750兆円と、規模で数倍の差があります。東証再編で株式市場は活況となるのでしょうか。

記事を読む
「オープンハウス」などが打ち出す ちょっと変わった男女マッチング術とは

「オープンハウス」などが打ち出す ちょっと変わった男女マッチング術とは

「スキーリフトで男女をマッチング」「AIがオンライン婚活パーティーを司会進行」こんなユニークな取り組みが現れた。多くの人がコロナ禍で結婚したい気持ちが高まっており、男女のマッチング需要は多そうだ。

記事を読む
「イオン」近づくコロナ越え まん延防止措置の影響は?

「イオン」近づくコロナ越え まん延防止措置の影響は?

イオンによるコロナ越えが近づいてきた。同社が2022年1月12日に発表した2022年2月期第3四半期決算で、コロナ前の2020年2月期を上回るとしていた業績予想を、そのまま据え置いたため、コロナ越えが現実味を帯びてきたのだ。

記事を読む
2021年M&A、前年を28件上回る877件|コロナ禍をバネにリーマンショック後の最多に

2021年M&A、前年を28件上回る877件|コロナ禍をバネにリーマンショック後の最多に

2021年(暦年)のM&A件数(適時開示ベース)は877件と前年を28件上回り、2年ぶりに増加に転じるとともに、リーマンショック(2008年、870件)後の最多となった。コロナ禍をバネに、M&A市場は活況を取り戻した格好だ。国内案件が高水準で推移し、前年に大きく落ち込んだ海外案件も復調に向かった。

記事を読む
「吉野家」に回復の兆し 売却した京樽分を除くと増収に

「吉野家」に回復の兆し 売却した京樽分を除くと増収に

牛丼チェーン「吉野家」などを展開する吉野家ホールディングスに回復の兆しが現れてきた。2022年2月期第3四半期は、売却した京樽の影響を除くと増収になったという。先を走る「すき家」のゼンショーにどこまで迫ることができるか。

記事を読む
健康食品「くわ青汁」のミナト製薬が倒産

健康食品「くわ青汁」のミナト製薬が倒産

ミナト製薬は1月5日、東京地裁から破産開始決定を受けた。取り扱いは青汁、ローヤルゼリーなどの健康食品から化粧品に至るまで多岐に渡っていた。負債額は調査中。

記事を読む
世界を制した北見 “ハッカ王国”|産業遺産のM&A

世界を制した北見 “ハッカ王国”|産業遺産のM&A

かつては世界の7割のシェアを誇った北海道の北見ハッカ。海外生産などの波に揉まれて2度、停滞・衰退の道をたどる。だが、そのたびごとに復活を遂げてきた。

記事を読む
ファイザーが承認を申請 新型コロナの2番目の軽症、中等症向け飲み薬となるか

ファイザーが承認を申請 新型コロナの2番目の軽症、中等症向け飲み薬となるか

ファイザーは2022年1月14日に、新型コロナウイルス感染症治療薬「PF-07321332/リトナビル錠」の製造販売承認を厚生労働省に申請した。承認が得られれば200万人分を日本政府が購入する。

記事を読む
大学発ベンチャーの「起源」(48) 未来シェア

大学発ベンチャーの「起源」(48) 未来シェア

未来シェアは、公立はこだて未来大学発のICT(情報通信技術)ベンチャー。2016年の設立以来、世界初のAI(人工知能)による配車システムの社会実装に取り組んでいる。世界で新たな潮流となっているMaaSの実現を目指す。今後の成長が期待できる。

記事を読む
バルミューダだけじゃない!ベンチャーにスマホは「鬼門」なのか

バルミューダだけじゃない!ベンチャーにスマホは「鬼門」なのか

バルミューダが満を持してと投入したスマホの「バルミューダフォン」が、製造を委託した京セラから「技術基準適合認定の認証について確認すべき項目がある」との報告を受け、販売を一時停止した。なぜか国産スマホベンチャーには「不運」がつきまとっている。

記事を読む
WDIが承継した老舗すき焼き店「ちんや」が3月に再オープン

WDIが承継した老舗すき焼き店「ちんや」が3月に再オープン

「カプリチョーザ」や「ハードロックカフェ」を運営するWDIが、2021年8月に老舗すき焼き店「ちんや」を買収しました。閉店していた「ちんや」は2022年3月に創業の地浅草で再オープンする予定です。WDIとはどのような会社なのでしょうか?

記事を読む
東急ハンズを子会社化する「カインズ」が、打ち出す次の手は

東急ハンズを子会社化する「カインズ」が、打ち出す次の手は

カインズは、AI(人工知能)で中古車の査定を行うファーストグループと資本業務提携した。カインズは東急ハンズの子会社化を決めたばかり。今回の提携にはどのうな狙いがあるのか。

記事を読む
事業売却を進めていた「武田薬品」が一転 企業買収を加速

事業売却を進めていた「武田薬品」が一転 企業買収を加速

アイルランドの製薬会社シャイアーの買収で膨らんだ借入金の返済のために非中核事業の売却を進めてきた武田薬品工業が、中核事業と位置付ける、がん領域で企業買収を加速している。

記事を読む
循環取引で破綻したD-LIGHT関連会社が破産申請 負債177億円

循環取引で破綻したD-LIGHT関連会社が破産申請 負債177億円

D-LIGHTの関連会社として蓄電池やLED照明器具の開発、販売を手掛けていたD-PROXは12月20日、東京地裁に破産を申請した。負債総額は債権者102名に対し約177億円。

記事を読む
ソニーが販売するEV、意外と「お安く」乗れるかも

ソニーが販売するEV、意外と「お安く」乗れるかも

ソニーブランドのEVが誕生する。ソニーグループが米ラスベガスで開催されたテクノロジー見本市「CES」で、1月4日に明らかにした。今春にEV事業を手がける新会社を設立し、EVの市販に向けて始動する。ソニー製EVは消費者の手が届くのだろうか?

記事を読む
東芝分割案に反対のアクティビスト、臨時株主総会を請求

東芝分割案に反対のアクティビスト、臨時株主総会を請求

シンガポールの資産運用会社3Dインベストメント・パートナーズは6日、東芝に臨時株主総会の招集を請求したと発表した。

記事を読む