2022 新年ごあいさつ|M&A Online編集部

alt
2022年は「寅年」…M&Aの世界はどんな1年になる?

あけましておめでとうございます。

日頃、読者の皆さまには「M&A Online」に変わらぬ声援を賜り、心より感謝申し上げます。コロナ禍との戦いは長期化し、3年目に突入することとなりました。新たな変異株が登場するなど、警戒を緩めるわけにはいきませんが、2022年がポストコロナ時代の元年になることを切に願うばかりです。

2021年のM&A戦線はコロナ禍をバネに、いち早く活況を取り戻した感があります。年間のM&A件数(適時開示ベース)は880件近くに上り、リーマンショックが起きた2008年(870件)以降の最多を記録。国内案件が高水準で推移したことに加え、外国とのビジネス往来の再開で国境をまたぐ海外M&Aが復調したことが原動力となりました。

M&Aを読み解くキーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)、脱炭素化…。ITによる社会・経済のデジタル変革やカーボンニュートラルは世界的な潮流といえ、M&Aに向き合う企業の背中を押す形になっています。

国内にあっては中小企業の後継者難がピークを迎える「2025年」問題の解決が待ったなしで、M&Aの活用が一層進みそうです。そうした中、昨年10月に発足したのがM&A仲介協会(三宅卓会長=日本M&Aセンターホールディングス社長)。適正な取引ルールの徹底など、中小企業が安心してM&Aに取り組める基盤整備を目的としており、今後の活動が要ウオッチです。

編集部では今年も1月末に、「M&A年鑑2022」をダイヤモンド社から出版します。昨年の全M&A(適時開示ベース)を取り上げ、金額やスキーム、業種、海外案件、都道府県、TOB(株式公開買い付け)などさまざまな角度から解説します。手元に置いていただければ、幸いです。

読者の皆さまにおきまして、2022年が良き1年になりますことを心よりお祈り申し上げます。編集部一同、M&A Onlineならではの情報発信に全力投球いたします。引き続き、ご愛顧いただきたく存じます。

M&A Online 編集長  黒岡 博明

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

“寅年”法人 最古は1878年設立の四国銀行、百五銀行

“寅年”法人 最古は1878年設立の四国銀行、百五銀行

2021-12-18

2022年の干支は寅(とら)。全国で寅年に設立された法人は20万7,099社で、最も古い法人は1878(明治11)年設立の四国銀行(高知)と百五銀行(三重)の2行。全国の約330万法人のうち、寅年の設立は十二支では最も少ない6.1%だった。

今日は何の日?M&Aカレンダー