ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

スタートアップ対象のM&Aセミナー、日本公庫が開催

alt

M&Aセミナーのお知らせ

日本政策金融公庫は4月17日、創業間もないスタートアップ企業を対象とする「『攻めと守り』に使えるM&Aセミナー」(共催ストライク)を都内で開く。スタートアップ企業の出口(イグジット)戦略として近年、IPO(新規株式公開)と並んでクローズアップされるM&Aの活用について専門家やベンチャー企業経営者が事例を踏まえて解説する。

セミナーでは第一部で荒井邦彦・ストライク社長が「事例で学ぶ!成功するM&Aのポイントとは?」、第二部で柴田泰成・ソラシードスタートアップスタジオ代表が「経験者が答える!スタートアップのM&Aに関するディスカッション」と題し、講師を務める。

柴田氏は起業家とベンチャー投資家の二つの顔を持ち、ファンドを運営しながら、自ら立ち上げた会社を朝日新聞社に売却した実績を持つ。

受講対象は創業5年未満の企業の経営者や経営幹部らで、定員20人。参加無料。開催時間は13時半~15時50分(13時受付開始)、会場はAP渋谷道玄坂渋東シネタワー11階会議室(渋谷区道玄坂)。    

申し込みや詳しい内容はこちらから。

https://www.strike.co.jp/

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

事業承継の新しいジャンル「ベンチャー型事業承継」に注目 

事業承継の新しいジャンル「ベンチャー型事業承継」に注目 

2019/02/06

日本政策金融公庫の調査月報2月号​に千年治商店の山野千枝代表取締役が「家業承継の新たな視点―注目高まるベンチャー型事業承継ー」を寄稿している。M&Aが必要な局面はあるとしつつ、後継者に悩む企業の事業承継策としてベンチャー型事業承継を勧める。