株式交換を行うと連結仕訳にはどのような影響がある?

A社とB社がもともと同じ企業グループであったというような場合を除き基本的にはA社がB社を取得したと考えられます。この場合、連結財務諸表を作成する過程でB社の資産や負債を時価評価することになります。仮に資産の評価益が100であった場合、下記のような仕訳を行います。

<連結会計上の仕訳B社の個別財務諸表の修正)

(資産)100

評価差額)100

その上で、A社が保有するB社株式とB社の純資産の部を相殺消去します。仮にB社の時価純資産が800(簿価純資産が700)であった場合、連結消去仕訳は下記のようになります。

<連結会計上の仕訳(資本消去仕訳)>

評価差額)100

B社株式1000

(純資産)700

 

のれん)200

 

B社の時価純資産が800であるのに対して、A社は1000相当の株式を発行してB社を取得したと考えられます。その差額が、連結仕訳上、200の「のれん」として計上されることになります。

以上のように、株式交換に対して個別会計上でどのような仕訳が行われたかを確認したうえで、必要な連結仕訳を考えるというスタンスが大切です。

本稿ではTOBなどを通じ、先行して株式の一部を保有していた会社を株式交換完全子会社にするケースなどには触れませんでしたまずは株式交換にかかる連結仕訳の基本的な仕組みを理解していただければと思います。

文:北川ワタル

 全体像株式 取得事業 譲渡株式 交換株式 移転合 併会社 分割第三者 割当増資
個別会計第1回第2回第3回第4回第5回第6回第7回第8回
連結会計第1回第2回第3回第4回第5回第6回第7回第8回
税務--------