お祭りの後には売上高1億1100円、営業赤字1億3900万円の会社が残ることに

ニューアート・コインは、4月にニューアート・テクノロジーに社名変更しました。10月3日に仮想通貨の運用を行う孫会社ニューアート・キャピタルを設立。更に同月9日ブロックチェーン技術のエンジニアの育成などを行うニューアート・テクノロジービズを設立しています。

しかし、10月19日にニューアート・キャピタルの設立を中止しました。この辺りから雲行きが怪しくなってきます。

そして11月20日、ICOの結果が発表されたのです。調達総額は1,608,000円。夢が潰えた瞬間でした。

12月ニューアート・テクノロジー社は10万円で、香港企業Capital Intelligence Technology Ltd.へと売却されました。ニューアート・テクノロジーはICO実現に向けた活動をしていたほか、医療法人などからブロックチェーン技術を活用したシステム開発を行っていました。同社の業績はこのようになっています。

決算売上高営業利益
2018年3月期1億1100万円△1億3900万円
2017年3月期5900万円△6100万円
2016年3月期-△11円

ICOが完全な失敗に終わり、売上が拡大すると原価が膨らむ典型的な赤字体質の会社が残ることに。ニューアートは早々に見切りをつけて売却しました。同社の仮想通貨事業はこうして終わりを告げたのです。

ビットコインは11月後半に50万円を切り、ちょうどバブルの終焉を迎えたときと重なりました。

ニューアートの仮想通貨騒動を時系列にまとめるとこうなります。

年月出来事
2017年11月2日仮想通貨事業参入を発表。ニューアート・ウェディングをニューアート・コインに商号変更。
11月13日海外子会社ニューアート・コイン・マレーシアを設立。
2018年1月31日ICO実施を発表。150億円を調達して、ジュエリーショップの国内外出店費用、ダイヤモンドプラットフォーム構築などを行う計画。
4月ニューアート・コインからニューアート・テクノロジーに社名変更。
10月3日仮想通貨の運用を行うニューアート・キャピタル設立を決定。
10月9日ブロックチェーン技術者の育成を行うニューアート・テクノロジービズを設立。
10月19日ニューアート・キャピタル設立を中止。
11月20日ICOによる調達が160万円だったと発表。
12月17日ニューアート・テクノロジーを10万円で香港の企業に売却。

麦とホップ@ビールを飲む理由