ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

Capital(資本)の語源は?|金融・経済の英単語

alt

Capital(キャピタル)と聞くと、「資本」や「首都」が思い出されるのではないでしょうか。「譲渡益」を意味するキャピタルゲインcapital gain)という言葉も、よく耳にしますね。

capital の語源は、ラテン語 capus (頭)にさかのぼります。この単語は第3格変の語で、主格以外の形がみな capit- という変化形だったため、形容詞が capital になりました。

日本語の「頭金」の発想と同じで「最初のお金」ということから「資本」の意味が、「頭=主位にくる町」となり、「首都」の意味ができたのでしょう。capital に「~化する」の語尾 ize(ise)がつくと、capitalize (資本化する、投資する)になります。

capital には「大文字」の意味もありますから、capitalize には「大文字で書く」という意味もあります。会計用語で「過小資本税制」(金利費用の損金算入に制限が課されること) がありますが、これは「thin capitalization」と言います。

帽子の cap がこの capital に関係があるのでは、と思われた方は大正解です。cap は古い時代にフランス語を経由して英語になりました。入れ物のフタや出版社の編集長を「キャップ」と言いますが、もちろん同じ単語です。

団体のボスという意味では captain(キャプテン)もそうです。軍隊では「陸軍大尉」、「海軍大佐」もcaptainですし、corporal (伍長) も同じ語源です。

婦人服の「ケープ」や「岬」を意味する cape も同じく元は「頭」の意味から発展したものです。南アフリカの Cape Town(ケープタウン)は「岬町」だったのですね。

米国の国会議事堂を the Capitol といいます。この言葉は古代ローマの7つの丘のひとつ、ジュピターの神殿があったカピトリーノの丘  the Capitoline Hill の名前から来ています。

ところで「牛」の総称を cattle と言いますが、これも実は capital と大いに関係があります。語形は中世の北フランス語で、牛は財産であり、富であったのです。

経済用語で「動産、家財」を chattel と言いますが、「牛」と家族の言葉なのです。

文:猪浦道夫・天宮徹也(共同執筆)/編集:M&A Online編集部

猪浦 道夫 (いのうら・みちお)

ポリグロット外国語研究所代表。翻訳家。東京外語大学卒。イタリア政府国費留学生を経て同大学院修了。野村證券、旧日本興業銀行、ブリヂストン、キヤノン等において研修講師を務める。現在は、一般向けの「再チャレンジ英語セミナー」「9か国語の超速習セミナー」など多数のセミナーも主催。またブレークスルー大学、DHC主催の語学セミナー講師、DHC翻訳者新人コンテストの審査委員長を務めた。

著書: 語学界のバイブル的ベスト&ロングセラー『語学で身を立てる』(集英社新書)他、『英語冠詞大講座』(DHC)、『英語語彙大講座』(DHC)、『日本人のための再チャレンジ英語全6巻』(ポリグロット外国語研究所出版会)など。

ポリグロット外国語研究所のホームページはこちら
http://www.polyglot.jp/


NEXT STORY

Budget(予算)の語源は?|金融・経済の英単語

Budget(予算)の語源は?|金融・経済の英単語

2019/01/27

「予算」を意味する budget という言葉は、中世フランス語の bougette という語に起源をもつそうです。基本的に「袋」という意味を持つことから「バッグ」「奨学金」「株式市場」と3つの意味を覚えておけば用が足りるでしょう。