menu
Social media

ビジネス

猪浦道夫の英単語の氏素性 M&A(エムアンドエー)の語源と派生語

Cover e923d3b3 bcae 4113 a771 2be010cb20b8

普段何気なく使っている金融英語のルーツを解き明かすシリーズがM&A Onlineで始まります。単語の素性を明らかにしつつ、言葉の派生の妙味を味わっていただきたいと思います。

第1回は、もちろん「M&A」(エムアンドエー)を取り上げます。

「M&A」(エムアンドエー)の語源と派生語

Merger の語源と派生語

M&Aは言うまでもなく merger and acquisition (企業の合併、買収) の略です。

まず mergerは「企業の合併、統合」をいいますが、もとは動詞 merge (合併する、同化させる)から出た名詞で、この merge はラテン語の動詞 mergere (浸す)に遡ります。この動詞は例によって接頭辞がついた派生語を生み出しています。

「中へ」の意味の接頭辞in·がついた動詞は immerge (飛び込む、沈む)ですが、この系統では別の語幹から作られた immerse (浸す、沈める)の方が有名です。この名詞形は immersion (浸すこと)です。

この反対が「外へ」の意味のex·がついてできた emerge です。こちらは「水中から出てくる」というのですから「浮かぴあがる」「明らかになる」という意味です。この名詞形が emergency exit(非常出口)で有名な emergency (緊急事態)です。

この他、「下へ」を意味するsub·がついてできた submerge (水中に沈める、覆い隠す)です。あまり覚えたくはありませんが、I'm submerged in debt.というと、いわゆる「借金で首がまわらない」という意味です。

金融英語

NEXT STORY

こっそり学ぶ連結会計とM&A(1)そもそも連結会計とは何なのか?

こっそり学ぶ連結会計とM&A(1)そもそも連結会計とは何なのか?

今週から計4回にわたり、「こっそり学ぶ連結会計とM&A」と題して、M&Aをよりよく理解するための連結会計の仕組みについてご紹介します。連結決算書あるいは連結財務諸表を作成するメカニズムは会計技術的なものですが、その基本的な仕組みを理解しておけば、決算発表やM&A関連のニュースをより深く理解することにもつながります。第1回目は、連結会計とは具体的にどのようなものを指し、どのような思考にもとづい...


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333