新型コロナウイルスのニュース記事一覧

飲食店  夏に、もう一段の「値上げ」も 企業業績は減益に

飲食店  夏に、もう一段の「値上げ」も 企業業績は減益に

主要外食100社のうち、29社が過去1年ほどの間に値上げを行い、このうち2021年4-12月が14社だったのに対し、2022年1-4月は15社に達し、値上げが急速に広まっていることが分かった。

記事を読む
新型コロナ第7波の襲来が懸念される「三つの予兆」とは?

新型コロナ第7波の襲来が懸念される「三つの予兆」とは?

東京都の新型コロナウイルス感染症の新規感染者数が3日、3357人と前週同日を1691人下回った。丸2年が経過したコロナ禍も、ようやく終息を迎えるのか?しかし、まだ懸念材料は残っている。コロナ第7波襲来が懸念される「三つの予兆」が現れている。

記事を読む
「モデルナ」新型コロナ変異株の感染を予防できるワクチン開発にめど

「モデルナ」新型コロナ変異株の感染を予防できるワクチン開発にめど

モデルナは、第2/3相臨床試験中の同社製2価ワクチンが、承認済みの新型コロナワクチンよりもオミクロンなどの変異株に対して、高い予防効果を示すことを明らかにした。

記事を読む
副反応の少ない新コロナワクチン「ヌバキソビッド」ってどんなもの

副反応の少ない新コロナワクチン「ヌバキソビッド」ってどんなもの

米国のノババックスが開発した遺伝子組み換えたんぱくを主成分とする新型コロナワクチン 「ヌバキソビッド」が厚生労働省から製造販売承認を取得した。副反応が軽いというが、どのようなワクチンなのか。

記事を読む
生後6カ月の赤ちゃんから「コロナワクチン」の接種が可能に 明治が第2/3相臨床試験を開始 

生後6カ月の赤ちゃんから「コロナワクチン」の接種が可能に 明治が第2/3相臨床試験を開始 

生後6カ月の乳児から接種できる新型コロナウイルスワクチンの第2/3相臨床試験が近く始まる。現在5歳未満に接種可能なワクチンはなく、実用化されれば小児の感染を防ぐ手立てが誕生することになる。

記事を読む
コロナ経営破綻が「じわり加速」、今年は2000件に迫る勢い

コロナ経営破綻が「じわり加速」、今年は2000件に迫る勢い

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴う経営破綻が、じわりと加速している。東京商工リサーチの調べによると、負債額1000万円超のコロナ関連破綻が今年に入って4月18日までに576件あった。通年では2000件に迫るハイペースだ。

記事を読む
憧れのハワイツアーを再開「JTB」「HIS」など2年ぶり

憧れのハワイツアーを再開「JTB」「HIS」など2年ぶり

ハワイ旅行が復活する。JTB が2022年4 月28日出発分からハワイツアーを再開するほか、エイチ・アイ・エスも5月1日出発分から、ジャルパックも4月24日出発分からそれぞれハワイツアー再開する。

記事を読む
イオンが子会社化した100円ショップの「キャンドゥ」業績はいまひとつ

イオンが子会社化した100円ショップの「キャンドゥ」業績はいまひとつ

2022年1月5日に、イオンの子会社となった100円ショップ事業を展開するキャンドゥの業績がいまひとつだ。小売り最大手のイオンとの相乗効果は、いつどのような形で現れてくるのだろうか。

記事を読む
新型コロナ倒産のカワスイ(川崎水族館)運営会社、民事再生へ

新型コロナ倒産のカワスイ(川崎水族館)運営会社、民事再生へ

2020年7月に開園した川崎市川崎区の「カワスイ(川崎水族館)」の財務管理などを手掛けていたアクア・ライブ・インベストメントほか3社は4月4日、東京地裁から民事再生開始決定を受けた。負債総額は4社合計で53億4929万円。

記事を読む
客数減を値上げでカバー「CoCo壱番屋」コロナ前の水準を回復

客数減を値上げでカバー「CoCo壱番屋」コロナ前の水準を回復

カレーハウスCoCo壱番屋を運営する壱番屋の2023年2月期の業績が、コロナ前の2020年2月期の水準に回復する見通しだ。

記事を読む
閉店ラッシュ?「高級パンブーム終焉」の意外な真実と、これから

閉店ラッシュ?「高級パンブーム終焉」の意外な真実と、これから

一世を風靡し、店頭に長蛇の列ができるほどの活況を呈していた高級食パン業界に逆風が吹いているという。プレミアム食パンを販売するベーカリーの閉店が相次いでいると言うのだ。「高級食パンブーム」は本当に終わったのか?ベーカリー業界で何が起こるのか?

記事を読む
好調続く「しまむら」「西松屋」過去最高益を更新

好調続く「しまむら」「西松屋」過去最高益を更新

コロナ禍の中、婦人服や子供服などを手がける、しまむら<8227>と、ベビー服や子供服を手がける西松屋チェーン<7545>の業績が好調だ。両社ともに2022年2月期に過去最高益を上げ、2023年2月期も最高益を更新する見込みだ。

記事を読む
中小企業実態基本調査、事業承継「まだ考えていない」が最多の4割

中小企業実態基本調査、事業承継「まだ考えていない」が最多の4割

中小企業庁は3月30日、「令和3年中小企業実態基本調査」(2020年度決算実績)の速報を公表した。社長(個人事業主)の事業承継の意向については、全体の33.4%が「考えている」と回答。一方で「まだ考えていない」が最多の41.2%だった。

記事を読む
拡大続く「電子コミック」 企業買収や産学連携が活発化 LINE、ヤフー、DMMなど

拡大続く「電子コミック」 企業買収や産学連携が活発化 LINE、ヤフー、DMMなど

電子コミック市場で、M&Aや提携の動きが活発化してきた。電子コミックは、コロナ禍の自粛生活で拡大した新規ユーザーが増加しており、今後も拡大が見込まれている。今後同様の動きが加速しそうだ。

記事を読む
まん延防止等重点措置解除のリバウンドはブースター接種率次第

まん延防止等重点措置解除のリバウンドはブースター接種率次第

新型コロナウイルス感染症の「まん延防止等重点措置」が3月21日に解除される。感染者は減少しているとはいえ、過去の流行拡大時に比べれば高い。経済活動を正常化したいとの強い意向が働いた。感染者が多い段階での完全解除にリバウンドの懸念も出ている。

記事を読む
昼はうな丼店、夜は居酒屋「二毛作」店舗の行方は?

昼はうな丼店、夜は居酒屋「二毛作」店舗の行方は?

ウナギ専門店「名代 宇奈とと」などの飲食店の運営や飲⾷店の出店支援などを手がけるG-FACTORYが、昼間と夜の営業内容を変える「二毛作体制」の強化に乗り出した。

記事を読む
コロナ禍が追い風に「バリューゴルフ」2期連続で過去最高益を更新 

コロナ禍が追い風に「バリューゴルフ」2期連続で過去最高益を更新 

コロナ禍の中、ゴルフ場の1人予約サービスを展開するバリューゴルフが、過去最高の利益を上げた。この勢いは当面続き2期連続で過去最高を更新する見込みだ。今後は既存事業の強化と並行してM&Aを積極化する。

記事を読む
プロバスケットボールチームの買収が増加傾向 この1年で3件に

プロバスケットボールチームの買収が増加傾向 この1年で3件に

コロナ禍の中、上場企業によるプロバスケットボールチームの買収が増加傾向を見せている。東証適時開示情報に限ると2017年、2018年、2020年にそれぞれ1件ずつだった買収が、この1年間は3件に達した。

記事を読む
【アダストリア】M&Aでファッションと飲食の融合にアクセル

【アダストリア】M&Aでファッションと飲食の融合にアクセル

「グローバルワーク」などのカジュアル衣料を手がけるアダストリアが、飲食事業の強化に乗り出した。子会社化したゼットンとの連携によってファッションと飲食を融合させた新しい事業を開発する計画だ。

記事を読む
業績不振の小僧寿し「企業買収で黒字化」の思惑は実現するのか

業績不振の小僧寿し「企業買収で黒字化」の思惑は実現するのか

業績不振の小僧寿しが、2022年12月期に前年度比1.5倍の大幅増収と、営業、経常、当期の全段階で黒字転換を見込む。企業買収が業績回復を後押しする構図だが、果たして思惑通りに進むだろうか。

記事を読む
「JR」東、西、九州にコラボの動き スポーツ、チョロQ、ヨガなどを提供

「JR」東、西、九州にコラボの動き スポーツ、チョロQ、ヨガなどを提供

JR各社がコラボの動きを強めている。JR東日本がアクティビティジャパンと、JR西日本が日本旅行と、JR九州が福岡100PARTNERSとそれぞれ連携し、新し取り組みを展開する。

記事を読む
「旅行再開」に向け JR、日本旅行、HISなどに動きが

「旅行再開」に向け JR、日本旅行、HISなどに動きが

コロナ後を見据えて、旅行業界に動きが現れてきた。新型コロナウイルス感染症の新規感染者数の減少や治療薬の普及などを踏まえた動きだが、果たして思惑通り旅行需要は回復するだろうか。 岐阜県恵那市でのドローンショー2021年12月) 北海道釧路市でのドローンショー(2021年11月)

記事を読む
「クレベリン」で業績急降下の大幸薬品、どこで間違えた?

「クレベリン」で業績急降下の大幸薬品、どこで間違えた?

「好事魔多し」とはこのことかもしれない。コロナ禍で一時は品薄となった空間除菌剤の「クレベリン」だが、あっという間に売れ行きが落ちて在庫の山に。消費者庁から景表法に基づく措置命令も下され、苦境に追い込まれている。大幸薬品はどこで間違えたのか?

記事を読む
「ロボット」が身近に 宅配や配膳で実用化へ

「ロボット」が身近に 宅配や配膳で実用化へ

ロボットがまた一歩、日常生活に近づいてきた。自動配送ロボットを活用した配送サービスの普及を目指す「ロボットデリバリー協会」が発足したほか、飲食業界では自動配膳ロボットの実用化が進んでいる。

記事を読む
2022年の「上場中止」が早くも4社に、あと1社で昨年と並ぶ

2022年の「上場中止」が早くも4社に、あと1社で昨年と並ぶ

シノケングループは2月17日、シノケンリート投資法人が3月8日付で予定していた東京証券取引所不動産投資信託証券市場(東証REIT市場)への新規上場を中止すると発表した。IPO(新規上場)中止は今年4社目で、2021年の5社に迫っている。

記事を読む