新型コロナウイルスの記事一覧

ゴルフの「平和」コロナ禍を跳ね返しV字回復へ

ゴルフの「平和」コロナ禍を跳ね返しV字回復へ

ゴルフ場の運営事業とパチンコ機などの遊技機事業を経営の2本柱とする平和の2022年3月期の業績がV字回復する。売上高はコロナ前の2020年3月期を60億円強上回る。

記事を読む
コロナワクチン接種予約トラブルの元凶は「初歩的ミス」だった!

コロナワクチン接種予約トラブルの元凶は「初歩的ミス」だった!

コロナ対策の決め手となるワクチン接種が日本でも始まり、政府は7月末までに65歳以上の高齢者の接種を完了するよう自治体に求めている。接種が進むにつれ受付や予約システムの混乱が報じられるようになった。その原因は「初歩的なミス」に起因するという。

記事を読む
ワクチン「大規模接種」が生み出す新ビジネス

ワクチン「大規模接種」が生み出す新ビジネス

自衛隊による新型コロナワクチンの大規模接種が、2021年5月24日から東京と大阪で始まるのを受け、会場近くのホテルが接種者のニーズを取り込んだ新商品やサービスを打ち出した。

記事を読む
「スシロー×ラーメン」「松屋×おにぎり」「安楽亭×映画」コラボ商品が相次いで登場

「スシロー×ラーメン」「松屋×おにぎり」「安楽亭×映画」コラボ商品が相次いで登場

FOOD & LIFE COMPANIES、松屋フーズホールディングス、安楽亭が相次いでコラボに乗り出した。いずれも他社と連携することで集客や販売アップにつなげるのが狙いだ。

記事を読む
コロナ変異株登場で開発に弾みつく国産ワクチン、実用化の課題は

コロナ変異株登場で開発に弾みつく国産ワクチン、実用化の課題は

欧米製薬会社の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンの量産開始で「お役御免」と思われていた国産ワクチン開発が再び注目されている。理由は新型コロナウイルス変異株の流行拡大だ。しかし、先行きは決して楽観できない。その課題とは何か?

記事を読む
やっぱり強かった牛丼「すき家」ゼンショーが今期コロナ越えに

やっぱり強かった牛丼「すき家」ゼンショーが今期コロナ越えに

ゼンショーホールディングスの国内の外食事業で、明暗がくっきりと現れた。2021年3月期に「すき家」の売上高が1%台の微減に留まったのに対し、「ココス」などのレストラン事業は、同20%を超える大幅な減収となった。

記事を読む
いつまで続く「自転車」需要 今期業績予想に明暗も

いつまで続く「自転車」需要 今期業績予想に明暗も

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う自転車需要の高まりに乗って、業績を大きく伸ばした自転車部品メーカーのシマノと、自転車販売店あさひの今期の業績予想に明暗が現れている。

記事を読む
空間除菌の「クレベリン」ブーム、新型コロナ禍よりも早く終息か

空間除菌の「クレベリン」ブーム、新型コロナ禍よりも早く終息か

新型コロナウイルス感染症の感染拡大でヒット商品となった、大幸薬品の空間除菌用品「クレベリン」の販売が伸び悩んでいる。過去最大の感染拡大だった第3波のピークに当たる2021年12月期第1四半期(1〜3月)に急ブレーキがかかったのだ。なぜか?

記事を読む
コロナ禍を跳ね返すことができるか「カレー」の反転攻勢

コロナ禍を跳ね返すことができるか「カレー」の反転攻勢

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、休業や時短営業などを余儀なくされている外食産業にあって、国民食の一つに数えられる「カレー」に、コロナ禍を跳ね返す反転の動きが現れてきた。

記事を読む
飲食店開発のアスラボが倒産、JR東日本との資本提携からわずか1年で

飲食店開発のアスラボが倒産、JR東日本との資本提携からわずか1年で

飲食店の開業支援などを行うアスラボが4月30日に自己破産を申請しました。アスラボは郊外を中心に飲食横丁を開発、出店の支援をしていた会社です。2020年6月にJR東日本の子会社でCVCのJR東日本スタートアップと資本業務提携を締結していました。

記事を読む
承認間近の「モデルナ」製の新型コロナワクチン その効果は?

承認間近の「モデルナ」製の新型コロナワクチン その効果は?

日本政府が2021年前半に5000万回分を調達する予定の、米バイオ企業・モデルナ(マサチューセッツ州 )製の新型コロナウイルス用ワクチンが2021年5月にも承認される見通しとなった。

記事を読む
湖池屋を買収した「日清食品」コロナ禍の中、過去最高益を更新

湖池屋を買収した「日清食品」コロナ禍の中、過去最高益を更新

日清食品ホールディングスは、新型コロナウイルス感染症拡大による外出自粛などの影響で即席めん事業が好調に推移したのに加え、スナック菓子の湖池屋の買収効果なども加わり、2021年3月期の当期利益が過去最高を更新した。

記事を読む
急浮上する新型コロナ「行政訴訟」三つのリスク

急浮上する新型コロナ「行政訴訟」三つのリスク

新型コロナウイルス感染症の感染拡大が止まらない。一方で日本でも遅まきながらワクチン接種が始まり、「出口」も見えてきた。が、自治体や政府にとってはワクチン接種が完了したら問題解決とはいかない。コロナ終息後の行政訴訟リスクが高まっているからだ。

記事を読む
牛丼「松屋」の原価と人件費の比率が改善 

牛丼「松屋」の原価と人件費の比率が改善 

牛丼チェーン店「松屋」を展開する松屋フーズホールディングスの2021年3月期の業績が、2021年2月に発表した2021年3月期第3四半期時点の予想よりも好転した。2022年3月期はこの状況を維持し、さらに好転することができるだろうか。

記事を読む
【4月M&Aサマリー】前年比6割増の83件、3カ月連続で「1兆円」突破

【4月M&Aサマリー】前年比6割増の83件、3カ月連続で「1兆円」突破

2021年4月のM&A件数は83件と前年同月を31件上回り、3カ月連続で増加した。4月としては過去10年間で最多を記録した。取引金額は1兆9263億円に膨らみ、こちらも3カ月連続で1兆円の大台を超えた。M&A市場ではコロナ禍の影響を払拭した感がある。

記事を読む
「すき家」「松屋」に後れをとる「吉野家」 反転の戦略は?

「すき家」「松屋」に後れをとる「吉野家」 反転の戦略は?

牛丼チェーン大手3社の売上高に明暗が表れてきた。3社が発表した4月の全店売上高は「すき家」が前年同月比116.1%、「松屋」が同109.5%となったものの「吉野家」は同91.6%と振るわなかった。

記事を読む
「スシロー」のコロナ越えが鮮明に 過去最大の創業祭を計画

「スシロー」のコロナ越えが鮮明に 過去最大の創業祭を計画

スシローを展開するFOOD & LIFE COMPANIESの「コロナ越え」が鮮明になってきた。2021年9月期第2四半期決算が、上半期業績としては売り上げ、利益ともに過去最高を更新したのだ。

記事を読む
GWで万事休す!? のバス事業|人とものを「運ぶM&A」

GWで万事休す!? のバス事業|人とものを「運ぶM&A」

3度目の緊急事態宣言で苦境に立たされるバス事業。昨年のGWはほとんど稼働していない状態だったが、その悪夢は再来するのか? 乗合バスはともかく貸切りバス事業者は、稼働減はもちろん深刻な経営難にも陥っている。

記事を読む
政府が普及を急ぐ「山梨モデル」、コロナ対策の切り札になるか?

政府が普及を急ぐ「山梨モデル」、コロナ対策の切り札になるか?

政府が新型コロナウイルス感染症対策の一環として「山梨モデル」の導入を全国の都道府県知事に要請していたことが分かった。飲食店でのクラスター(感染者集団)発生を防止するための取り組みだが「山梨モデル」とは何か?そして感染予防に効果はあるのか?

記事を読む
新型コロナワクチン接種、ビジネス街「大手町」がその最前線に!

新型コロナワクチン接種、ビジネス街「大手町」がその最前線に!

政府の直轄で、新型コロナワクチンの大規模接種センターが都内に開設されることになった。対象は東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県の高齢者で、接種のスピードを上げるのが目的だ。会場とある「大手町合同庁舎第3号館」はそもそもどんな施設なのだろうか。

記事を読む
希望退職者募集、4月は「ANAP」1社にとどまるも32カ月連続

希望退職者募集、4月は「ANAP」1社にとどまるも32カ月連続

4月に希望(早期)退職者の募集を発表した上場企業は1社だった。月間1社にとどまるのは昨年4月以来1年ぶりだが、希望退職者募集の動きは途絶えず、32カ月連続となった。

記事を読む
「鉄道×映画」は最高の組み合わせ『名探偵コナン 緋色の弾丸』

「鉄道×映画」は最高の組み合わせ『名探偵コナン 緋色の弾丸』

『名探偵コナン』シリーズ第24作となる『緋色の弾丸』。真空超電導リニアモーターカーと国際的なスポーツ大会という現実の出来事と重なる要素も多い娯楽サスペンスに仕上がっており、過去の鉄道映画に連なる一本として、見事に仕上がっています。

記事を読む
新型コロナの「国産ワクチン」一番乗りはどこ?年内にも承認か

新型コロナの「国産ワクチン」一番乗りはどこ?年内にも承認か

河野太郎新型コロナウイルスワクチン接種担当大臣が、早ければ年内にも国産ワクチン承認の可能性に言及した。これで、ようやく国産ワクチンの承認にめどがついたと言えそうだ。

記事を読む
東京五輪「全選手に毎日PCR検査」で懸念される最悪の事態とは

東京五輪「全選手に毎日PCR検査」で懸念される最悪の事態とは

新型コロナウイルスの猛威が続く中、東京五輪の準備が進んでいる。全国民にワクチンを接種して五輪開催を迎える予定だったが不可能に。東京五輪に参加する選手や関係者全員に毎日PCR検査を実施するなどの感染防止を徹底。コロナ下での開催を目指すが…

記事を読む
苦境に陥った「結婚ビジネス」コロナ対応に四苦八苦

苦境に陥った「結婚ビジネス」コロナ対応に四苦八苦

結婚ビジネス業界が四苦八苦している。3回目の緊急事態宣言が発出される中、協業に乗り出す企業や、一層の感染防止対応を打ち出す動きなどが現れてきた。

記事を読む