再感染の死亡リスクは2倍か 新型コロナで知っておくべきこと

alt
再び感染拡大の波が押し寄せつつある(Photo By Reuters)

「ワクチンも接種したし、コロナなんてただの風邪」と油断していないだろうか。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の警戒感が日に日に緩んでいる。東京都では12月8日に新規感染者が1万4104人(前週比1772人増)となったが、第7波までの騒動とは様変わりで大きな話題にはなっていない。政府や自治体も緊急事態宣言やまん延防止等重点措置を出す動きはなく、逆に新型コロナの感染症法上の扱いを現在の2類から季節性インフルエンザと同じ5類とする見直しが検討されている。新型コロナは「克服」できたのか?

実際のコロナ感染者数は2万2000人超か

そう楽観はできないだろう。現在、全数把握をしていないので、自治体が発表している新規感染者数は第7波以前と同列に比べられない。これまでの数値と比較可能なのは死亡者数だ。同日の死亡者数は20人で、第7波の1日あたりの平均死亡者数14.5人を超えている。

現在の感染の主流が第7波と同じオミクロン株であり、死亡率が同じ(0.90%)と考えれば、全数把握した場合の都内新規感染者は単純計算で2万2042人に達していることになる。第7波のピークだった2022年7月28日の3万9534人(都外からの検体持ち込み、他県陽性者登録センター等分を除く)には及ばないが、感染拡大は続いており、ピークを更新する可能性もありそうだ。

死亡者数が最も多かったのは感染のピークから半月ほど後だった。第7波では8月13日の32人がピークで、死亡者が30人を超えたのは9月8日が最後。第8波で死者が30人に達すれば、第7波と同レベルの感染拡大と言える。33人以上となると、第7波を超えて過去最大の感染爆発が起こっていると推測できる。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

塩野義 新型コロナの飲み薬で「発症予防試験」を実施

塩野義 新型コロナの飲み薬で「発症予防試験」を実施

2022-11-30

塩野義製薬は、2022年12月から供給を始める国産初の新型コロナウイルス感染症の飲み薬「ゾコーバ」を用いて、新型コロナ感染症患者の同居家族を対象とした発症予防試験を実施する。