外食・フードサービスの記事一覧

クリスピー・クリーム・ドーナッツの身売り先はコーヒーの会社を多数保有する投資ファンドJABでした

クリスピー・クリーム・ドーナッツの身売り先はコーヒーの会社を多数保有する投資ファンドJABでした

日本でも行列ができたことでお馴染みのクリスピー・クリーム・ドーナツ。米国本社の身売りが決定しました。買収額は1500億円だそうです。今回の買収劇は経営再建で会社の資産価値を上げるというよりは、コーヒー店との相乗効果を狙っているようですね。

記事を読む
丸亀製麺のSONOKO買収は詳細を知ると”意外”から”納得”に変わります

丸亀製麺のSONOKO買収は詳細を知ると”意外”から”納得”に変わります

M&A Online編集部です。今回は丸亀製麺を運営するトリドールが美白化粧品のSONOKOを買収した記事をピックアップしました。買収した背景を知りたい方は、是非お読み下さい。

記事を読む
ダイヤモンドダイニングがゼットンを買収!売り上げ規模は300億→400億へ

ダイヤモンドダイニングがゼットンを買収!売り上げ規模は300億→400億へ

外食大手のダイヤモンドダイニングがゼットンをTOBへ。買収メリットはどこにあるのか考えてみたいと思います。

記事を読む
【企業力分析】 経営の鬼門、足を踏み入れてはいけない領域 全18社

【企業力分析】 経営の鬼門、足を踏み入れてはいけない領域 全18社

鬼門が決定的になった破綻会社から、良くないことが現実化してしまった会社、鬼門から直ぐに退避すべき18社を取り上げました。ワールド・ロジ、青木建設、エルピーダメモリ、NOVA、真柄建設、日本航空、カッパ・クリエイト、ワタミ、あきんどスシロー、パナソニック、シャープ、ニッセンホールディングス、コロワイド、ゼンショーホールディングス、サンデー、イオン、井村屋グループ、三越伊勢丹ホールディングスです。

記事を読む
【企業力分析 】マクドナルド 数字で検証 危機感と経営計画の妥当性

【企業力分析 】マクドナルド 数字で検証 危機感と経営計画の妥当性

2015年の異物混入問題で厳しい経営状況と言われている日本マクドナルドホールディングス、2005~2014年12月期までの10年間を専門家が経営分析した。

記事を読む
【企業力分析】ワタミ 強烈な個性の創業者

【企業力分析】ワタミ 強烈な個性の創業者

ワタミは、創業者である渡邉美樹氏の思いを大切に外食・宅食・農業・環境事業に取り組んでいる。2006年から15年3月期までの連結財務諸表10年分などを分析する。

記事を読む
【ワタミ】介護事業撤退もリスク分散のM&Aで復活か? 今後に注目

【ワタミ】介護事業撤退もリスク分散のM&Aで復活か? 今後に注目

2015年10月2日、ワタミは「ワタミの介護」の売却を決めた。譲渡先は損保ジャパン日本興亜ホールディングス。ワタミのこれまでのM&A戦略を振り返る。

記事を読む
【ゼンショーホールディングス】アグレッシブなM&Aで年商5000億企業へ

【ゼンショーホールディングス】アグレッシブなM&Aで年商5000億企業へ

ゼンショーホールディングスは、弁当店が始まりである。M&Aは、ファミリーレストランのココスジャパンの買収から始まった。そのM&Aの軌跡とは?

記事を読む
【リゾートトラスト】M&Aによってメディカル・シニアライフ事業の強化を図り始める

【リゾートトラスト】M&Aによってメディカル・シニアライフ事業の強化を図り始める

リゾートトラストは、1973年に名古屋市中区に設立され、事業は大きく2つに分類される。会員制リゾート事業(会員権事業、ホテルレストラン事業、ゴルフ事業)とメディカル・シニアライフ事業(メディカル事業)の2つである。

記事を読む