手法解説記事

合併の記事一覧

合併後の社会保険の手続きはどうなる?| M&Aの労務(1)

合併後の社会保険の手続きはどうなる?| M&Aの労務(1)

会社がM&Aを行なうにあたって、労務の手続きはどのように行えばよいのでしょうか。シリーズの第1回は、社会保険の手続きです。社会保険とは、健康保険と厚生年金保険のことを指します。その手続きとしては、「資格取得届の提出」があります。

記事を読む
【石油業界とM&A】欧米メジャーの日本市場撤退が意味するものとは

【石油業界とM&A】欧米メジャーの日本市場撤退が意味するものとは

大型再編が示す石油業界の将来像とは?前回に続き、エネルギー産業史研究の第一人者である東京理科大学教授橘川武郎氏に緊急インタビューを行った。

記事を読む
【出光興産】創業家が反対する経営統合は、飛躍の起爆剤となりえるか

【出光興産】創業家が反対する経営統合は、飛躍の起爆剤となりえるか

出光興産というと石油元売りとしてのイメージが強いが、プラスチック樹脂等の機能材料の製造や石炭開発、アグリバイオ事業まで幅広い分野に手を広げている。その背景には、M&Aの活用を通じて事業の入れ替えを行ってきたことがある。一時の倒産危機も克服し、石油元売りという枠を超えて事業を展開する出光興産のM&Aを見ていく。

記事を読む
【ダイキン工業】海外に照準を定めた空調機トップメーカー。売上の9割は海外で稼ぐ

【ダイキン工業】海外に照準を定めた空調機トップメーカー。売上の9割は海外で稼ぐ

「うるるとさらら」でおなじみの家庭用エアコンで知名度のあるダイキン工業だが、実は産業用空調機分野で世界トップシェアを誇り、売上げの大半を海外で稼いでいる。M&A巧者の同社を取り上げる。

記事を読む
【まとめ】2017年1月-3月に発表された 主要なM&A案件

【まとめ】2017年1月-3月に発表された 主要なM&A案件

2017年1月-3月に発表された 国内企業のM&A案件より抜粋してご紹介します。

記事を読む
​【キャリア】合併を理由とした転職活動

​【キャリア】合併を理由とした転職活動

合併によって退職勧告を受けることもあるだろう。今回は合併を理由に転職活動を行う際の注意点をお伝えする。

記事を読む
【ドトール・日レス】サードウェーブに対抗する星乃珈琲店。コーヒー戦争を制するのは?

【ドトール・日レス】サードウェーブに対抗する星乃珈琲店。コーヒー戦争を制するのは?

2007年に経営統合した日本レストランシステムとドトールコーヒー。競争激化で業界勢力図がめまぐるしく変化する外食産業でトップ企業にあり続けるには。経営統合後の伸び悩みを打開すべく、M&Aによって事業領域を拡大するドトール・日レスを追った。

記事を読む
事業譲渡又は合併に伴う労働契約の承継について

事業譲渡又は合併に伴う労働契約の承継について

事業譲渡または合併に伴う労働契約の承継について、厚生労働省策定の指針が策定・公表されましたのでご紹介します。

記事を読む
関西アーバン銀行・みなと銀行・近畿大阪銀行が経営統合へ 「取引企業」東京商工リサーチ調べ

関西アーバン銀行・みなと銀行・近畿大阪銀行が経営統合へ 「取引企業」東京商工リサーチ調べ

東京商工リサーチが関西アーバン銀行、みなと銀行、近畿大阪銀行をメインバンクとする企業を調査した。各行の重複先は少ないようだ。

記事を読む
【まとめ】2016年10月-12月に発表された 主要なM&A案件

【まとめ】2016年10月-12月に発表された 主要なM&A案件

2016年10月-12月に発表された 国内企業のM&A案件より抜粋してご紹介します。

記事を読む
「三重銀行・第三銀行取引企業」調査 経営統合に向けて交渉

「三重銀行・第三銀行取引企業」調査 経営統合に向けて交渉

地銀の再編が相次ぐなか、三重銀行と第三銀行が経営統合に向けて交渉を進めていることが明らかになりました。東京商工リサーチによる三重銀行と第三銀行、百五銀行をメインバンクとする企業を調査した記事を取り上げます。

記事を読む
セグエグループ<3968>が上場。合弁会社設立の経緯は

セグエグループ<3968>が上場。合弁会社設立の経緯は

双方のメリットを明確にすること、役割分担や目標を明確にしておくこと、中でも重要なのはパートナーが信頼できるかどうかということ。そのM&A事例をご紹介する。

記事を読む
【法人税】 ご質問 欠損金が引き継げる適格合併に該当するか?(3)

【法人税】 ご質問 欠損金が引き継げる適格合併に該当するか?(3)

前回は適格か非適格再編かの大枠を確認しました。今回のケースでは適格合併に該当となりましたが、さらに欠損金・含み損の引継ぎに使用期限があるかないかをみていきましょう。

記事を読む
【法人税】 ご質問 欠損金が引き継げる適格合併に該当するか?(2)

【法人税】 ご質問 欠損金が引き継げる適格合併に該当するか?(2)

前回の記事では、欠損金が引き継げるか否かの判定における留意点について解説しました。今回は適格合併(欠損金使用制限アリ・ナシ)・非適格合併の判定について一緒にみていきましょう。

記事を読む
【法人税】 ご質問 欠損金が引き継げる適格合併に該当するか?(1)

【法人税】 ご質問 欠損金が引き継げる適格合併に該当するか?(1)

税務署の所轄の税務調査官は合併契約書の印紙を確認する程度で、組織再編税制が苦手な人が多いようです。欠損金が吹き飛んだり、含み資産の譲渡損が否認されるとすぐに何千万円、何億円となってしまいますので、しっかり勉強しましょう。

記事を読む
浦和レッズの身売りや合併の可能性と日産傘下の三菱自動車!

浦和レッズの身売りや合併の可能性と日産傘下の三菱自動車!

三菱自動車は、10月31日のプレスリリースで浦和レッズへの出資比率を変更すると発表しました。今後の動向に注目です。

記事を読む
ウッカリにご注意!合併で贈与税が発生するケース

ウッカリにご注意!合併で贈与税が発生するケース

節税ヒントがあるかもブログのメタボ税理士さんが合併で贈与税が発生する事例をご紹介します。合併後の純資産12億円程度の会社の場合、数千万円の贈与税がかかることも。合併交付株数にはご注意を

記事を読む
【法人税】組織再編税制のおはなし(4)なぜ欠損金や含み損の使用制限があるのか?

【法人税】組織再編税制のおはなし(4)なぜ欠損金や含み損の使用制限があるのか?

節税ヒントがあるかもブログのメタボ税理士さんが、前回に続き、法人税の組織再編税制についてわかりやすく解説します。そもそも、「なぜ欠損金や含み損の使用制限があるのか?」考えてみたいと思います。(M&A Online編集部)

記事を読む
​【法人税】組織再編税制のおはなし(3)適格組織再編と非適格組織再編について

​【法人税】組織再編税制のおはなし(3)適格組織再編と非適格組織再編について

節税ヒントがあるかもブログのメタボ税理士さんが、前回・前々回に続き、法人税の組織再編税制についてわかりやすく解説します。今回のテーマは、適格組織再編と非適格組織再編についてです。(M&A Online編集部)

記事を読む
出光・昭和シェルの合併から学ぶ 財団使った相続対策

出光・昭和シェルの合併から学ぶ 財団使った相続対策

出光興産と昭和シェル石油の合併延期が報じられたばかりだが、実は会計の専門家が注目しているのが、出光の創業家が設立した「財団」だ。

記事を読む
【法人税】組織再編税制のおはなし(2)適格組織再編における事業関連性とは?

【法人税】組織再編税制のおはなし(2)適格組織再編における事業関連性とは?

前回に続き、法人税の組織再編税制について取り上げます。節税ヒントがあるかもブログのメタボ税理士さんが、適格組織再編における「事業関連性要件」について、国税庁の見解を交えながらわかりやすく解説します。(M&A Online編集部)

記事を読む
【M&Aをきっかけに、より強いチームを創る】組織融合の変遷で生まれたユナイテッド早川氏が語る“M&Aのホントのところ”─ユナイテッド株式会社 代表取締役会長CEO 早川 与規

【M&Aをきっかけに、より強いチームを創る】組織融合の変遷で生まれたユナイテッド早川氏が語る“M&Aのホントのところ”─ユナイテッド株式会社 代表取締役会長CEO 早川 与規

2016年7月、成長企業の経営者約460名が一同に会する経営者イベントBestVenture100 Conference 2016が開催され、昨今注目されている“M&A”を積極的に活用している経営者が、その実際を語り合った。ユナイテッド株式会社 代表取締役会長CEO 早川 与規氏が語るM&Aのホントのところとは何か。

記事を読む
「のれん」を考える

「のれん」を考える

最近は日本企業も盛んにM&Aを行っている。そのためか、「のれん」という言葉を新聞などでもよく目にすることになった。今日はこの「のれん」について考えてみる。「のれん」とは何か?財務諸表には計上できない、けれども重要な自己創設のれんとはどのようなものだろうか。

記事を読む
 採用活動から推測する 合併した企業への入り時は、いつか?

採用活動から推測する 合併した企業への入り時は、いつか?

今日では一定の規模の企業であれば、創業以来一度もM&Aに関係したことがない企業の方が珍しくなった。会社がどのような状態にあるかを外部から正確に知ることは難しいが、企業の採用活動からある程度推測することができる。海外M&A人事に詳しい森範子氏が紹介する入り時とは?

記事を読む
職場が買収されそう!M&Aで生き残る社員になるには

職場が買収されそう!M&Aで生き残る社員になるには

職場が買収された。M&Aが盛んに行われている現在、多くの人の身に起こり得ることである。特に、外資系企業に買われた場合、組織改編などによる変化は激しく、対応していかなければならない。では、買収後、生き残り、さらには新組織で求められる人材になるには、どのようなスキルが必要なのか、海外M&A人事に詳しい森範子氏が語る。

記事を読む