手法解説記事

合併の記事一覧

【日本M&A史】「五大電力」の成立 大衆消費社会への道を開いた電化の進展(3)

【日本M&A史】「五大電力」の成立 大衆消費社会への道を開いた電化の進展(3)

日本の近代化、工業化、経済発展の歴史は、M&Aの歴史でもあった。1914~18年の第一次世界大戦は、日本経済のあり方を大きく変え、都市化と電化が急速に進展した。その電化の担い手となったのが、活発な水平統合で集約された「五大電力」である。

記事を読む
【広島銀行】戦禍の遺志を今に紡いで…|ご当地銀行の合従連衡史

【広島銀行】戦禍の遺志を今に紡いで…|ご当地銀行の合従連衡史

広島県には2つの国立銀行があった。尾道市に創立した第六十六国立銀行と広島市に創立した第百四十六国立銀行。両行は1920年に統合し、芸備銀行となった。芸備銀行は1945年5月、周辺他行と大合同を果たす。その3か月後、広島に原爆が投下された。

記事を読む
難しすぎるM&Aクイズ(第1回)

難しすぎるM&Aクイズ(第1回)

2020年7月に開設5周年を迎え​るにあたり、日頃の感謝を込めて、5月上旬より「月間350万PV達成記念&サイト開設5周年記念キャンペーン」を実施します。キャンペーンに連動して、​難しいM&Aクイズを作問してみました。

記事を読む
【日本M&A史】日本郵船の誕生 近代日本の夜明けを告げた企業間競争の帰結(1)

【日本M&A史】日本郵船の誕生 近代日本の夜明けを告げた企業間競争の帰結(1)

日本の近代化、工業化、経済発展の歴史は、M&Aの歴史でもあった。本連載では、日本経営史全体に大きなインパクトを与えた企業合併や企業買収を振り返ってゆく。第1回は日本郵船の誕生(1885年)である。

記事を読む
日本電産会長の「永守重信氏」が理事長を務める永守学園と京都光楠学園が合併

日本電産会長の「永守重信氏」が理事長を務める永守学園と京都光楠学園が合併

日本電産会長の永守重信氏が理事長を務め、大学、幼稚園、保育園を運営する永守学園と、中学、高校を運営する京都光楠学園が2021年4月1日に合併することになった。

記事を読む
その名も「動力」、太陽光発電・省エネ関連で成長目指す|【東証PRO】

その名も「動力」、太陽光発電・省エネ関連で成長目指す|【東証PRO】

2008年、TOKYO PRO Marketの登場と同時期に愛知県蒲郡市で創業した株式会社動力。当初はスズキ太陽技術という社名だったが、2015年の上場を機に積極的にM&Aを重ねるとともに社名を変更。上場効果はどんな分野に発揮されたのか。

記事を読む
吉本興業の闇営業問題とコーポレートガバナンス

吉本興業の闇営業問題とコーポレートガバナンス

闇営業問題で話題となった吉本興業は、2009年に上場廃止します。この際、吉本興業はスクイーズアウトと言われる手法を用いて少数株主を排除しました。しかし今や非上場企業であっても、ガバナンスやコンプライアンスに無関心ではいられません。

記事を読む
合併話の遺恨がル・マン24時間レースへ駆り立てた『フォードvsフェラーリ』

合併話の遺恨がル・マン24時間レースへ駆り立てた『フォードvsフェラーリ』

2020年1月10日公開の映画『フォードvsフェラーリ』は、ル・マン24時間耐久レースで絶対王者フェラーリに挑んだ男たちの奇跡の実話である。ル・マン史上に残る熱戦の背景には、フォードとフェラーリの決裂した合併話があった。

記事を読む
『噂の安全車ー合併人事』|編集部おすすめの1冊

『噂の安全車ー合併人事』|編集部おすすめの1冊

主役の柳田直道は、中堅自動車メーカー・シバ自動車の宣伝部係長。無公害安全車「アポロ1200」の「ノンストップ全国縦断20周・10万キロ公開テストキャンペーン」を仕切っている。ところがあろうことかキャンペーン最終日に死亡事故が起こってしまう。

記事を読む
 法廷の外での熾烈な駆け引きを描く海外ドラマ『ダメージ』

法廷の外での熾烈な駆け引きを描く海外ドラマ『ダメージ』

『ダメージ』は、アメリカのケーブルTV局・FXで放映されたリーガル・サスペンスのテレビドラマシリーズである。シーズン2第5話「疑惑の合併」では、UNRの合併話が明らかになるが・・・

記事を読む
【茨城・常陽銀行】業界の隠れた優等生の冒険|ご当地銀行の合従連衡史

【茨城・常陽銀行】業界の隠れた優等生の冒険|ご当地銀行の合従連衡史

「都道府県魅力度ランキング」では6年連続最下位で、一見するとパッとしない茨城県。常陽銀行は、その茨城県内のトップ地銀として圧倒的な存在感を持つ。その特徴は十分には伝わっていないが、沿革・歴史を見ると豪快ともいえるM&Aを繰り返してきた。

記事を読む
構想から12年!日本初の総合取引所がここまで「難航」した理由

構想から12年!日本初の総合取引所がここまで「難航」した理由

2019年7月30日に日本取引所グループが、東京商品取引所を総額約55億円で買収することで最終合意した。世界の取引所と競い合う用意がようやくできたが、「総合取引所」構想が出てから12年もかかった。なぜそこまで両社の合併が「難航」したのか?

記事を読む
M&Aの「合併契約書」サンプル書式と注意点

M&Aの「合併契約書」サンプル書式と注意点

最終契約は、M&Aで交わす契約のうち最も重要な契約書です。合併の場合は「合併契約書」を締結します。ここでは「吸収合併」を例にして、合併契約書の書式と作成方法をご紹介していきます。

記事を読む
不動産売買やサイト売買はM&Aなのか?

不動産売買やサイト売買はM&Aなのか?

「不動産M&A」「店舗M&A」「サイトM&A」といった用語をインターネットでよく見かけるようになりました。一般の不動産やサイトの「売買」と「M&A」とでは、いったい何が違うのか、疑問に思いませんか?

記事を読む
【第四銀行】両翼を広げた鷲のように|ご当地銀行の合従連衡史

【第四銀行】両翼を広げた鷲のように|ご当地銀行の合従連衡史

南北に延々と長い新潟県のトップバンクは第四銀行。明治期の第四国立銀行の流れを組む“ナンバーバンク”で、創立時の行名を残す最古の銀行として、その歴史、営業エリア、預金量や貸出金残高などを総合的に見ても、地銀の代表格といえる金融機関である。

記事を読む
いまさら聞けない組織再編とは

いまさら聞けない組織再編とは

組織再編税制が施行されてから20年近くが経過し、今では大企業のみならず中小企業でも利用されるようになりました。​今回は「組織再編税制」とは何なのか、基本的な考え方をやさしく解説したいと思います。

記事を読む
【佐賀銀行】風評被害を乗り越えて|ご当地銀行の合従連衡史

【佐賀銀行】風評被害を乗り越えて|ご当地銀行の合従連衡史

佐賀県のトップバンクは1955年創立の佐賀銀行。その創立は佐賀興業銀行と佐賀中央銀行の合併によって誕生したもので、この両行の歴史をたどると同行の合従連衡の実情を垣間見ることができる。その始まりは1882年創立の伊万里銀行にさかのぼる。

記事を読む
M&Aに伴う人材流出をどう防ぐか 聞き取り調査で対策が浮上

M&Aに伴う人材流出をどう防ぐか 聞き取り調査で対策が浮上

合併、買収後に予期せぬ人材流出のリスクがある。組織・人事コンサルティング会社のクレイア・コンサルティング(東京都港区)は、M&Aを実施したことのある企業20社の人事担当役員らを対象に聞き取り調査を行ったところ、このような結果がでた。

記事を読む
【福島・東邦銀行】独自色を打ち出す|ご当地銀行の合従連衡史

【福島・東邦銀行】独自色を打ち出す|ご当地銀行の合従連衡史

福島のウォール街。その通りには1899年、東北地方で最初に開設された日銀福島支店がある。福島県のトップ地銀・東邦銀行もその一角に本店を構えている。「国策によって生まれた」銀行だが、県内トップバンクとして独自色を強めた取り組みも行っている。

記事を読む
さくら総合リートが合併に反対 初の敵対的買収となるのか?

さくら総合リートが合併に反対 初の敵対的買収となるのか?

5月10日にスターアジア投資法人<3468>の運用会社が、さくら総合リート投資法人<3473>に合併提案を行い、さくらは反対を表明。J-REIT初のプロキシーファイト(委任状争奪戦)になるか、注目を集めています。

記事を読む
瀬戸が渦巻く長崎地銀の大合併|ご当地銀行の合従連衡史

瀬戸が渦巻く長崎地銀の大合併|ご当地銀行の合従連衡史

2020年10月に合併が予定されている十八銀行(長崎市)と親和銀行(佐世保市)。しのぎを削ってきた地域有力地銀は、ふくおかFG、西日本FG、九州FGという九州地区の地銀再編のなかで、両雄並び立たずなのか。

記事を読む
企業同士の「合併比率」はどのように決まる?しっかり学ぶM&A基礎講座(67)

企業同士の「合併比率」はどのように決まる?しっかり学ぶM&A基礎講座(67)

合併比率はどのように決まるのでしょうか。合併についての基本事項にも触れながら、合併比率の決定方法を確認してみたいと思います。

記事を読む
【山形県】問われるのは「同族経営の底力」|ご当地銀行の合従連衡史

【山形県】問われるのは「同族経営の底力」|ご当地銀行の合従連衡史

山形銀行は第八十一国立銀行が源流で、その営業終了の際に両羽銀行が業務を継承し、両羽銀行は1965年に山形銀行と改称した。明治後期から昭和の中期までの両羽銀行時代は、まさにM&Aラッシュの時代だった。その躍進の背景には、同族経営があった。

記事を読む
ソフトバンク、米携帯子会社スプリント売却遅れの「皮肉な理由」

ソフトバンク、米携帯子会社スプリント売却遅れの「皮肉な理由」

とっくに決着がついたはずのソフトバンクグループ子会社・米携帯大手スプリントのTモバイルUSへの売却に暗雲が立ちこめている。米司法省と米連邦通信委員会による合併承認が遅れているからだ。ソフトバンクグループの経営にも影響を与えかねない事態だ。

記事を読む
M&Aを実施すると必ず売上高は増加するのか?しっかり学ぶM&A基礎講座(62)

M&Aを実施すると必ず売上高は増加するのか?しっかり学ぶM&A基礎講座(62)

昨年来、日本企業による大型買収が目立ちました。M&Aを実施すれば必ず売上高が増加すると考えるのは早計といえるかもしれません。今回はM&Aと売上高の関係について考えてみることにしましょう。

記事を読む