事業承継の記事一覧

政府、中小事業承継支援に100億円 新型コロナ対策の補正予算

政府、中小事業承継支援に100億円 新型コロナ対策の補正予算

​政府は新型コロナウイルスの緊急経済対策としてまとめた2020年度補正予算に、中小企業の事業承継支援策を盛り込んだ。総額100億円を投入し、新たな補助金制度や全国ファンドの創設などを推進する。

記事を読む
「中小M&Aガイドライン」に見るこれからの中小企業M&A実務のあり方|中小企業経営者向け

「中小M&Aガイドライン」に見るこれからの中小企業M&A実務のあり方|中小企業経営者向け

経済産業省(中小企業庁)は、2020年3月31日、事業引継ぎガイドラインを全面改訂した「中小M&Aガイドライン」を公表した。本稿ではガイドラインの第1章(経営者向け)で印象的だった箇所を紹介、法律実務家の立場からコメントを加えてみたい。

記事を読む
黒字企業の廃業防止へ事業承継推進 中小企業白書を閣議決定

黒字企業の廃業防止へ事業承継推進 中小企業白書を閣議決定

政府は4月24日、2020年版の中小企業白書・小規模企業白書を閣議決定した。黒字企業の廃業を防ぐため、技術や人材を次世代の経営者に託す事業承継の重要性を強調した。また感染症を含む経営リスクを軽減する事業継続計画(BCP)についても言及した。

記事を読む
【中小企業のM&A】特殊な事業承継の事例「若女将の養子縁組」  ~失敗するには訳がある~

【中小企業のM&A】特殊な事業承継の事例「若女将の養子縁組」 ~失敗するには訳がある~

女性にしかできないポジションというのがある。その一つが旅館、料亭、お茶屋などの「女将」。女将の後継者である「若女将」については、後を継ぐ女性の子がいない時は養子を迎えることもよくある。今回はしの失敗事例を紹介する。

記事を読む
第三者に事業を託せる「M&Aによる事業承継」 

第三者に事業を託せる「M&Aによる事業承継」 

事業承継には、子供などへ引き継がせる「親族内承継」や従業員に引き継いでもらう「​親族外承継​」があります。そして近年注目されている承継方法に、「M&Aによる事業承継」があります。

記事を読む
【中小企業のM&A】オールニッポンで事業承継支援を!

【中小企業のM&A】オールニッポンで事業承継支援を!

中小企業庁は「第三者承継支援総合パッケージ」を策定し、10年間の集中支援策として推進中。後継者不在による中小企業の廃業に歯止めをかけ、まずは2025年度までに黒字廃業の可能性があるとされる約60万社への第三者承継を促すことを目標としている。

記事を読む
国の事業承継補助金、ベンチャー型などに手厚く 公募要領を公表

国の事業承継補助金、ベンチャー型などに手厚く 公募要領を公表

​中小企業庁は3月31日、2019年度補正予算「事業承継補助金」の公募要領を公表した。申請類型は経営者交代タイプの「後継者承継支援型」(Ⅰ型)と、M&Aタイプの「事業再編・事業統合支援型」(Ⅱ型)の2種類。4月10日から交付申請を受け付ける

記事を読む
中小企業のM&A促進へ手引き 国が新ガイドライン策定

中小企業のM&A促進へ手引き 国が新ガイドライン策定

経済産業省は3月31日、中小企業のM&Aのさらなる促進を図る「中小M&Aガイドライン」を策定した。2015年3月公表の事業引継ぎガイドラインを全面改訂したもので、中小企業経営者とM&A支援機関の双方に向け、M&Aの適切な進め方を示している。

記事を読む
島根県の2スキー場、「暖冬」と「新型コロナ」に耐えきれず倒産

島根県の2スキー場、「暖冬」と「新型コロナ」に耐えきれず倒産

島根県内でスキー場の倒産が相次いでいる。2020年3月31日に島根県邑南町の瑞穂ハイランドが、同2月17日には島根県浜田市のアサヒテングストンが自己破産した。暖冬化による雪不足や新型コロナ禍が影響した。両スキー場の再生には工夫が必要だ。

記事を読む
「錯慮」なぜタイミングを逸するのか?|M&Aに効く『言志四録』

「錯慮」なぜタイミングを逸するのか?|M&Aに効く『言志四録』

『言志録』『言志後録』『言志晩録』『言志耋録』、全部で1133条もの言葉が綴られている『言志四録』。幕末の志士、現代の企業家にも大きな影響を与えた佐藤一斎による書だ。この『言志四録』から、現代に生きる言葉を紹介する。今回は「錯慮」。

記事を読む
中小企業の3割超が「事業承継を考えている」 国の実態調査で

中小企業の3割超が「事業承継を考えている」 国の実態調査で

​中小企業庁は3月30日、「令和元年中小企業実態基本調査」の速報結果を公表した。事業承継の意向について「承継を考えている」と回答したのは全体の30%超だった。

記事を読む
終身保険に「贈与」を絡める|生命保険を活用したM&Aの出口戦略(2)

終身保険に「贈与」を絡める|生命保険を活用したM&Aの出口戦略(2)

企業を売却する中小企業が増加傾向にある。オーナーは保有している自社株を手放すので、売却代金が入ってくる。多額の現預金を保有したまま相続が発生すると、遺族は多額の相続税を納めなくてはならない。生命保険を活用した相続税対策を解説する。

記事を読む
苦楽を共にした従業員へ引き継いでもらう「親族外承継」

苦楽を共にした従業員へ引き継いでもらう「親族外承継」

中小規模の会社や飲食店など店舗経営者が事業承継をする場合、経営者の子供などの親族へ引き継がせる「親族内承継」がありますが、それが難しい場合、「従業員への親族外承継」という方法があります。

記事を読む
2020年1月から3月に出版された「M&A関連本」

2020年1月から3月に出版された「M&A関連本」

今年に入ってもM&Aや事業承継をテーマにした書籍の発刊が相次いでいます。2020年1-3月に出版されたM&A関連本をまとめました。

記事を読む
会社を売却する時、検討すべき相続対策とは?|生命保険を活用したM&Aの出口戦略(1)

会社を売却する時、検討すべき相続対策とは?|生命保険を活用したM&Aの出口戦略(1)

会社を売却すると中小企業のオーナーには大金が手元に入ることが一般的だ。多額の現預金を保有したまま相続が発生すると、遺族は多額の相続税を納めなくてはならない。生命保険を活用した相続税対策について解説する。

記事を読む
【中小企業のM&A】M&A交渉人に必要なスキルとは?

【中小企業のM&A】M&A交渉人に必要なスキルとは?

M&Aの交渉に欠かせないアドバイザー。アドバイザーとは売手か買手、どちらかにつく。売手と買手の間に繰り広げられる虚々実々の応酬。M&Aの交渉人に求められるスキルの一端を、エピソードとともにお伝えする。

記事を読む
古くから行われてきた「親族内承継」

古くから行われてきた「親族内承継」

昔から日本では、会社や飲食店などを、親から子供へと引き継ぐ「親族内承継」が行われてきました。中小企業や小規模事業では、経営者とその家族を中心に会社や家業が営まれてきました。

記事を読む
【中小企業のM&A】1次産業にもM&Aを活用しよう!

【中小企業のM&A】1次産業にもM&Aを活用しよう!

日本の1次産業では自主廃業や自然消滅するケースが少なくない。ところが、最近、地方創生やUIターン機運の高まりから、農業や畜産などに挑戦する人も出ている。実際に、第三者承継を実践しているケースを紹介する。

記事を読む
事業承継の支援策強化へ、中小企業成長促進法案を閣議決定

事業承継の支援策強化へ、中小企業成長促進法案を閣議決定

政府は3月10日、中小企業の事業承継の円滑化などを支援する中小企業成長促進法案を閣議決定した。開会中の通常国会での成立を目指す。

記事を読む
中小企業のPMIには強い信念が必要「クレストHD」の望田竜太取締役が助言

中小企業のPMIには強い信念が必要「クレストHD」の望田竜太取締役が助言

クレストホールディングスの望田竜太取締役が、中小企業の事業承継PMIでは「強い信念も持って、経営手法やデジタルツールを使いこなす知識と経験を多く持つことが必要」とアドバイスする。

記事を読む
デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー、「事業承継トライアル実証事業」事務局に決定

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー、「事業承継トライアル実証事業」事務局に決定

​中小企業庁は2020年3月3日、委託先を公募した令和元年度度補正予算「事業承継トライアル実証事業」の事務局に、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリーを決定した。

記事を読む
ドラッカーが教える最強の後継者の育て方|編集部おすすめの1冊

ドラッカーが教える最強の後継者の育て方|編集部おすすめの1冊

後継者の育成に何らかの課題を感じている会長や社長向けに書かれたのが本書。大企業や中小企業の経営者らの考えや行動を紹介、分析し、さらにドラッカーがそれら考えや行動についてどのように発言しているのかを示すスタイルでまとめられている。

記事を読む
『まるわかり!M&A』日本経済新聞出版社から発売

『まるわかり!M&A』日本経済新聞出版社から発売

日経MOOK『まるわかり!M&A』は国内M&A​市場の概況、M&A​の流れ、業種別ポイントから事業承継に関する税制まで網羅的にまとめた「全方位型」の一冊。大型見開きで図を多用したレイアウトで、活字嫌いな読者にもおすすめする。

記事を読む
後継者はいますか?  町中の「飲食店」や「商店」を存続させるための事業承継

後継者はいますか? 町中の「飲食店」や「商店」を存続させるための事業承継

街中で見かける飲食店や商店、工場など、日本の企業のうちおよそ99%が中小企業と言われています。そしてその多くは、過去から現在まで親から子へ、あるいは従業員などへ引き継ぐ形で継承されてきました。これを事業承継と言います。

記事を読む
「法的側面からみた事業承継型M&Aの現状と課題」柴田堅太郎弁護士が発表

「法的側面からみた事業承継型M&Aの現状と課題」柴田堅太郎弁護士が発表

柴田・鈴木・中田法律事務所の柴田堅太郎弁護士は「法的側面からみた事業承継型M&Aの現状と課題」と題したリポートを発表した(日本政策金融公庫調査月報2020年2月号掲載)。

記事を読む