ベインキャピタルの記事一覧

海外メディアも注目する 東芝半導体メモリ事業 売却の混迷

海外メディアも注目する 東芝半導体メモリ事業 売却の混迷

巨額損失を明らかにした東芝。2期連続の債務超過による上場廃止を免れるため、稼ぎ頭の半導体メモリー部門売却を予定している。東芝は13日の取締役会で日米韓連合に売却する決断をするとみられていたが、WD社が反発するなど混迷している。本件は英FTや米NYタイムスも注目しており、誌面を割いて報じている。

記事を読む
雪国まいたけの経営を神明に託したベインキャピタルはやはり優秀だった

雪国まいたけの経営を神明に託したベインキャピタルはやはり優秀だった

コメ卸最大手の神明が、雪国まいたけの株式49%を取得します。投資額は50億円以上。この一件の陰の立役者こそ、米投資ファンド大手のベインキャピタルです。今回、神明から50億円を手にした他、3年後に雪国まいたけを上場させて「うっはうっは」しようと計画中です。やっぱり青い目のあの人らは凄いっす、やり手っす、という話です。

記事を読む
まだまだ波乱がありそうな東芝の半導体事業売却

まだまだ波乱がありそうな東芝の半導体事業売却

東芝は8月24日の経営会議で、半導体事業を8月中に売買契約締結するために、ウエスタンデジタル(WD)陣営と優先的に協議することを決めたと報じられています。いかにも東芝が自発的にWDと協議を始めるようなニュアンスですが、実際はかなり違っているはずです。

記事を読む
東芝の半導体事業売却は、新たな国賊行為の始まり

東芝の半導体事業売却は、新たな国賊行為の始まり

東芝は取締役会で、分社化した半導体事業会社の売却を巡り、産業革新機構、米ベインキャピタル、日本政策投資銀行からなるコンソーシアムに優先交渉権を与えると決定しました。ファンドによる企業買収とは、日産自動車を買収したルノーや、シャープを買収した鴻海グループなどに比べて「はるかにタチが悪い」ものなのです。新たな国賊行為が始まるようです。

記事を読む
投資ファンドによるM&A(下)M&Aの舞台裏

投資ファンドによるM&A(下)M&Aの舞台裏

​東芝は、2017年6月21日の取締役会で、半導体子会社の売却先として、官民ファンドの産業革新機構、米国買収ファンドのベインキャピタル、日本政策投資銀行などが参加する企業連合と優先交渉することを決定した。企業連合側が提示する買収額は2兆円に上るという。前回に引き続き、投資ファンドがM&Aの舞台裏で見せる動きを追ってみたい。

記事を読む
マクロミル、スシローが再上場できたワケ ファンド流の大胆な経営改革

マクロミル、スシローが再上場できたワケ ファンド流の大胆な経営改革

マクロミル、スシローなど投資ファンドと組んで株式を非公開し、再上場する企業が相次いでいる。ファンドの経営手腕が発揮された格好だが、上場を維持したままだと大胆な経営改革に取り組みにくいという市場の課題も浮かび上がる。

記事を読む
ジョナサン元社員が語る~すかいらーく吸収合併の舞台裏(下)

ジョナサン元社員が語る~すかいらーく吸収合併の舞台裏(下)

約30年前にジョナサンに中途入社したAさんは2012年、親会社のすかいらーくによる吸収合併に巻き込まれた。現場の混乱で業績は一時は落ち込んだが、Aさんは激務の中で負けてなるものかと奮起。米ベインキャピタルからマクドナルド出身の幹部らがジョナサンの援軍として送り込まれ、業績は急回復する。

記事を読む
ベインキャピタルが仕掛けた「大江戸温泉リート投資法人」はやや香ばしい匂いがする

ベインキャピタルが仕掛けた「大江戸温泉リート投資法人」はやや香ばしい匂いがする

ベインキャピタルは2015年3月に非上場の大江戸温泉の全株式をおよそ500億円で買収していました。企業価値(業績)を上げて上場させるのかと思いきや、リートを組成するというまさかの変化球。業績を急回復させる目処が立たず、不動産を転がす作戦なのですね。

記事を読む
ジョナサン元社員が語る~すかいらーく吸収合併の舞台裏(上)

ジョナサン元社員が語る~すかいらーく吸収合併の舞台裏(上)

ファミリーレストランのジョナサンはすかいらーくグループの子会社として設立され、順調に業績を伸ばしてきました。しかし、すかいらーくの業績悪化に伴い、2012年にジョナサンは親会社に吸収合併されました。約30年間ジョナサンに勤務した元社員が吸収合併の舞台裏を赤裸々に語ります。

記事を読む
2015年第1四半期TOBプレミアム分析レポート

2015年第1四半期TOBプレミアム分析レポート

2015年第1四半期TOBプレミアム分析レポート

記事を読む
2013年第4四半期TOBプレミアム分析レポート

2013年第4四半期TOBプレミアム分析レポート

2013年第4四半期TOBプレミアム分析レポート

記事を読む