たばこ業界も再編か

AT&Tの買収案件もそうでしたが、最近は大型企業の事業再編が目立ちます。BATによるレイノルズの買収でたばこ業界にも再編の波が起きるかもしれません。

とくにたばこ業界にとっては近年の健康志向と増税による客離れが頭を抱える問題になっています。フィリップモリスが販売している電子たばこ「iQOS(アイコス)」の人気は続いていますが売上げとしては大きくはありません。

今後、フィリップ・モリス・インターナショナルはなんらかのアクションを起こすのでしょうか。

そして元々の親会社だったアメリカ国内で大手たばこ企業のアルトリア・グループに動きはあるのか。

業界3位の日本のJT。そして4位のイギリスのインペリアル・タバコ・グループも今後どうなるかわかりません。

なんだかさまざまな業界で動きが活発になってきました。

本記事は、「MoneY wave」より転載しております。

関連リンク
フィリップモリス インターナショナル(PM)-売上高はすべて米国外
半導体のクアルコムがNXP買収で依存から抜けるってよ