倒産のニュース記事一覧

パナソニックなどから110億調達、倒産したセブンドリーマーズとは

パナソニックなどから110億調達、倒産したセブンドリーマーズとは

大和ハウスやパナソニックなどの支援を受けて全自動衣服折り畳みロボットを開発していたセブン・ドリーマーズが倒産しました。負債総額は22億5000万円。第三者割当増資による資金調達は110億円にも上っていました。夢を語り続けていた会社に一体何が。

記事を読む
「十一の奈良漬」老舗が倒産へ

「十一の奈良漬」老舗が倒産へ

「十一の奈良漬」で有名な奈良漬老舗メーカーの黒田食品が4月5日、事業を停止した。負債総額は2社合計で約10億円。

記事を読む
「HOOTERS(フーターズ)」が倒産、客数は想定の半分?

「HOOTERS(フーターズ)」が倒産、客数は想定の半分?

全国で7店舗展開していた「フーターズ」運営のエッチジェーが民事再生法の適用を申請しました。負債総額は5億6000万円。全盛期は全国で7店舗を展開し、売上坂は17億700万円を計上していました。近年は集客力が低下し、赤字に転落していました。

記事を読む
5年ぶりの倒産増「瀕死」のガソリンスタンドを救う方法とは?

5年ぶりの倒産増「瀕死」のガソリンスタンドを救う方法とは?

ひっそりと姿を消すガソリンスタンド。東京商工リサーチによると、2018年1-12月のガソリンスタンド倒産は前年の28件から35件に増え、5年ぶりに前年を上回った。廃業も多く、地方では生活インフラであるガソリンスタンド不足が深刻になっている。

記事を読む
サービス業の人手不足倒産が前年比52%増の41件と急増!

サービス業の人手不足倒産が前年比52%増の41件と急増!

帝国データバンクによると2018年の人手不足倒産件数は前年比44%増の153件。2016年の72件と比較して2倍以上も増えました。サービス業は前年比52%増の41件となり、建設業に次いで2番目。定着率の悪い業種が苦難に追い込まれています。

記事を読む
ゴルフ場の倒産が急増 2018年

ゴルフ場の倒産が急増 2018年

東京商工リサーチが2016年以降の大型倒産(原則負債総額30億円以上)と注目企業の倒産状況をまとめた「TSR速報」によると、2018年にゴルフ場の倒産が多発したことが分かった。

記事を読む
「接骨院」の倒産 過去10年で最多に

「接骨院」の倒産 過去10年で最多に

街中でよく目にする「指圧、マッサージ」や「接骨院、整体」の看板。業界の生き残り競争は熾烈で2018年の「マッサージ業、接骨院等」の倒産は93件に達し、過去10年で最多を記録した。

記事を読む
2分でわかる!ラスクの「シベール」倒産と支援企業の全貌

2分でわかる!ラスクの「シベール」倒産と支援企業の全貌

ラスクが主力の洋菓子メーカー「シベール」が1月17日に民事再生法の適用を申請しました。負債総額は19億6500万円。ジャスダック上場企業があっさりと倒産したことに、投資家からは驚きの声も聞こえましたが、財務状況は厳しい状態が続いていました。

記事を読む
「美容室」の倒産 過去10年で最多になるか

「美容室」の倒産 過去10年で最多になるか

美容室の倒産件数が過去10年で最多になる可能性が出てきた(東京商工リサーチ調べ)。背景にはオーバーストア(店舗の供給過剰)があるようだ。

記事を読む
西日本豪雨による初の倒産 西日本観光(ゴルフ場経営)

西日本豪雨による初の倒産 西日本観光(ゴルフ場経営)

西日本観光(株)は8月30日、大阪地裁へ民事再生法の適用を申請し同日、監督命令を受けた。負債総額は約52億7900万円。記録的な猛暑や西日本豪雨の影響により入場者数が大きく減少したため。

記事を読む
アロマテラピーの「GAIA」が倒産 負債総額は約3億1900万円

アロマテラピーの「GAIA」が倒産 負債総額は約3億1900万円

アロマテラピーブランドの「GAIA」を運営するガイア・エヌピー(株)が7月27日、東京地裁から破産開始決定を受けた。負債総額は約3億1900万円。

記事を読む
継続企業の前提に関する注記企業は29社 その行方は?

継続企業の前提に関する注記企業は29社 その行方は?

東証1部上場の日本海洋掘削が6月22日、東京地裁に会社更生法の適用を申請した。同社には「継続企業の前提に関する注記」(GC注記)が付記されていた。上場企業倒産のGC注記率はほぼ100%だという。

記事を読む
「破産(倒産)」と「民事再生」はどう違う?

「破産(倒産)」と「民事再生」はどう違う?

景気の持ち直しで減少傾向にある企業倒産。しかし、どの企業にもいつかその日は訪れる。一口に倒産といっても破産、民事再生、会社更生、特別清算など形態はさまざま。完全な「墓場送り」もあれば、不死鳥のようによみがえる「死と再生」もある。その違いは?

記事を読む
震災からちょうど7年 震災関連の倒産は累計1,857件に

震災からちょうど7年 震災関連の倒産は累計1,857件に

「東日本大震災」から7年。震災関連の倒産累計は1,857件に達した。倒産企業の従業員被害者数は2万8,597人にのぼり、1995年の「阪神・淡路大震災」時の約6.5倍に膨らんだ。収束傾向にあるものの、震災の影響をいまだに払拭できない企業がみられる。

記事を読む
シンクロ・フードがM&A仲介のウィット買収で飲食包囲網を確立

シンクロ・フードがM&A仲介のウィット買収で飲食包囲網を確立

飲食店の開業支援や求人情報、物件情報などを提供するシンクロ・フードが飲食特化型M&A仲介のウィットを1億5000万円で買収しました。シンクロが築いたインフラ包囲網は、飲食経営者をがっちりと囲い込んで離さない模様です。

記事を読む
「コンビニエンスストア」の倒産状況 休廃業が155件、倒産は51件に

「コンビニエンスストア」の倒産状況 休廃業が155件、倒産は51件に

セブンイレブンの国内店舗数が2万店を突破したと話題になっている。一方で2017年のコンビニエンスストアの倒産は14年ぶりに50件台(東京商工リサーチ調べ)に達するなど、新陳代謝が進む業界構造も透けて見える。

記事を読む
500円ピザのナポリスが、遠藤商事倒産の業火から不死鳥の如く蘇った件

500円ピザのナポリスが、遠藤商事倒産の業火から不死鳥の如く蘇った件

500円で本格ピザが食べられるお店「ナポリス」を運営していた飲食ベンチャー遠藤商事が、今年4月に倒産。「ナポリス」の存続が危ぶまれましたが、10月に新体制の下、再スタートをきりました。500円ピザの「ナポリス」に何が起きて、今後どうなるのか。その詳細について説明します。

記事を読む
「医療・福祉事業」の倒産状況 2017年1-9月

「医療・福祉事業」の倒産状況 2017年1-9月

2018年4月の診療報酬と介護報酬の同時改定を前に、医療福祉事業の倒産件数は累計186件に達し、このペースで推移すると、倒産件数は介護保険法が施行された2000年以降で最多になる可能性が高くなった。(東京商工リサーチ調べ)

記事を読む
ピザ専門店「NAPOLI」が閉店 負債総額13億円で倒産

ピザ専門店「NAPOLI」が閉店 負債総額13億円で倒産

ピザを主体とした飲食ベンチャーで「NAPOLI」、「Napoli's PIZZA & CAFFE」、「DROP」、「Barta」などの店舗を運営していた遠藤商事・Holdings.が東京地裁から破産開始決定を受けた。負債総額は13億円が見込まれる。

記事を読む
青山・表参道のヘアサロン HAIR DIMENSION が倒産

青山・表参道のヘアサロン HAIR DIMENSION が倒産

青山・表参道のヘアサロン HAIR DIMENSION が倒産。カリスマ美容師ブームのさきがけとして高い知名度を有していたが、近時は実質的に店舗を閉鎖していた。

記事を読む
てるみくらぶ 取材ルポ(後編)

てるみくらぶ 取材ルポ(後編)

3月27日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた格安旅行業者のてるみくらぶ。後編はどうしたら被害は防げるのかについて考察する。

記事を読む
てるみくらぶ 取材ルポ(前編)

てるみくらぶ 取材ルポ(前編)

3月27日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた格安旅行業者のてるみくらぶ。3月23日から破産申請した27日までの現地取材をルポする。

記事を読む
出版・広告制作・老人福祉介護・学習塾の倒産動向(2016年度集計結果)

出版・広告制作・老人福祉介護・学習塾の倒産動向(2016年度集計結果)

2016年度の出版、老人福祉・介護事業、広告制作、学習塾の倒産動向はいずれも増加傾向にあり、厳しい経営を強いられている環境下にあることがわかる。

記事を読む
脱毛サロンの「エタラビ」が倒産

脱毛サロンの「エタラビ」が倒産

脱毛サロンの「エタラビ」が倒産した。負債総額は約49億6400万円と現時点ではエステティック業界で過去3番目の大型倒産で、一般会員約9万人が影響を受ける可能性があるという。

記事を読む
中小企業の「人手不足」解消されず 関連倒産調べ(2017年2月)

中小企業の「人手不足」解消されず 関連倒産調べ(2017年2月)

中小企業を中心に人手不足が解消されていない。2017年2月の「人手不足」関連倒産は19件(前年同月23件)で、2014年2月(19件)以来3年ぶりに20件を割り込んだ。

記事を読む