オミクロン株の記事一覧

「モデルナ」新型コロナ変異株の感染を予防できるワクチン開発にめど

「モデルナ」新型コロナ変異株の感染を予防できるワクチン開発にめど

モデルナは、第2/3相臨床試験中の同社製2価ワクチンが、承認済みの新型コロナワクチンよりもオミクロンなどの変異株に対して、高い予防効果を示すことを明らかにした。

記事を読む
感染が止められないなら、経済活動を続けた方がマシのコロナ対策

感染が止められないなら、経済活動を続けた方がマシのコロナ対策

過去最高の感染者を出した新型コロナウイルスの猛威を前に、ついに13都県で「まん延防止等重点措置」の適用が決まった。これまでと同様、飲食店に営業や酒類提供の時間短縮を求める。が、従来と違うのは対象店舗に対策の選択ができるようになったことだ。

記事を読む
知事たちは及び腰?「オミクロン株」で緊急事態宣言は出るのか

知事たちは及び腰?「オミクロン株」で緊急事態宣言は出るのか

オミクロン株の流行で新型コロナの第6波が現実のものとなった。沖縄、山口、広島の3県に続き、19日には東京、埼玉、千葉、神奈川、愛知、岐阜、三重の1都6県に「まん延防止等重点措置」を適用する。だが、知事たちは規制強化に及び腰に見える。なぜか?

記事を読む
山口県岩国市が最悪の「コロナ感染ホットスポット」となった理由

山口県岩国市が最悪の「コロナ感染ホットスポット」となった理由

山口県岩国市の新型コロナウイルス新規感染者数が1月6日に81人を記録した。総人口の0.062%に相当し、東京都に当てはめると8676人という猛烈な感染拡大だ。これまではコロナ感染の影響が限定的だった岩国市で、なぜここまで感染が拡大したのか?

記事を読む
新型コロナ「オミクロン株」軽症がほとんどでも油断できない理由

新型コロナ「オミクロン株」軽症がほとんどでも油断できない理由

新たに感染が拡大しているオミクロン株だが、世界各国で猛威を振るったデルタ株に比べると重症化リスクが低いことが分かってきた。WHOのテドロス事務局長も「まだ結論を出すには早い」と前置きしながらも、それを認めている。しかし、まだ油断はできない。

記事を読む
「オミクロン株」流行に伴う入国禁止で南アフリカが反発した理由

「オミクロン株」流行に伴う入国禁止で南アフリカが反発した理由

「不当で非科学的かつ発展途上国を苦しめるもので大きく失望した」南アフリカは日本や米英、EUなどがオミクロン株の流行に伴って実施した南アを含むアフリカ南部諸国からの渡航制限を批判した。南アにしてみれば「とんでもない!」対応だったのだ。なぜか?

記事を読む
広がるGo To Eat キャンペーン食事券の販売再開「オミクロン」流行の懸念も

広がるGo To Eat キャンペーン食事券の販売再開「オミクロン」流行の懸念も

新型コロナウイルス感染者数の減少に伴い、首都圏でGo To Eat キャンペーン食事券の販売を再開する動きが広まってきた。オミクロンの世界的な流行が懸念される中での食事券の販売再開は、感染者数の動向にどのような影響を与えるだろうか。

記事を読む
「新型コロナ」と「インフル」両方に感染するとどうなるの?同時流行の可能性も

「新型コロナ」と「インフル」両方に感染するとどうなるの?同時流行の可能性も

新型コロナの変異株であるオミクロンによる感染症の拡大が懸念される中、流行期の冬場を迎えインフルエンザ感染者の増加も危惧されるようになってきた。重複感染は肺炎の重症化と長期化につながる可能性がある。

記事を読む
新型コロナにオミクロン株発生、そもそも「オミクロン」って何?

新型コロナにオミクロン株発生、そもそも「オミクロン」って何?

新型コロナウイルスに「オミクロン株」が検出され、「デルタ株」騒動が落ち着きつつあった世界を再び緊張させている。もっとも「オミクロン株」の実態は、まだ解明されていない。「オミクロン株」の正体はともかく、そもそも「オミクロン」とは何か?

記事を読む