いよいよ「iPad mini」にProモデルが登場する!

alt

分かれる予測の理由は「Pro」モデルの追加

注目すべきは頭脳に当たるCPUで、前出のクオ氏は「iPad Air」や「iPhone 12」シリーズに採用されている「A14 Bionic」チップを搭載すると予想。一方、アップル情報サイトの9to5Macは、今秋に発売予定の次期「iPhone 13」シリーズと同じ最新の「A15」チップを採用すると報じている。

併せて「iPad Air」や「iPad Pro」に採用されているSmartConnectorが搭載されると予想。小型のMagic Keyboardが同時発売され、ノートパソコンのように使える可能性もありそうだ。

これらの大きく分かれた予想から推測できるのは、「iPad mini」の「Pro」モデル追加だ。すなわち上級モデルの「iPad mini Pro」にはミニLEDディスプレー、CPUに「A15」もしくは「iPad Pro」と同じ「M1」が採用される。

ストレージ容量も「iPad mini Pro」は、現行モデルの2倍の128〜512GBに増えるはずだ。価格は「Pro」モデルだけに、普及版の「iPad Air」より高く「iPad Pro」よりも安い8万円前後になるだろう

一方、普及モデルの「iPad mini 6」には液晶ディスプレー、CPUには「A14 Bionic」を搭載して価格を抑える。現行機の正常進化版と言えるだろう。価格は現行モデルと同じ5万円前後となるはずだ。

小型ながら高性能な「Pro」と、お手頃価格の「6」。「iPad mini」の選択肢が増えることで、ミニタブレット市場が活気づくかもしれない。

iPad mini proの予想スペックと現行モデルとの比較

モデル名 最低価格 ディスプレー CPU ストレージ
iPad mini Pro 8万円前後 8.5〜9 ミニLED M1またはA15 128/256/512GB
iPad Pro 12万9800円 12.9 ミニLED M1 128GB~2TB
iPad Pro 9万4800円 11 液晶 M1 128GB~2TB
iPad Air 6万9080円 10.9 液晶 A14 64/256GB
iPad mini 5万380円 7.9 液晶 A12 64/256GB

*ディスプレーの数字はインチ

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

次期「iOS 15」が5年前に発売した「SE」に対応する理由

次期「iOS 15」が5年前に発売した「SE」に対応する理由

2021/06/09

米アップルが2021年6月8日に発表した、今年秋の「iPhone13」に搭載する「iOS 15」が話題になっている。同OSではビデオ電話アプリ「FaceTime」の強化などが盛り込まれるが、今回注目されているのは機能よりも旧機種への対応だ。