オーバーアロットメント

オーバーアロットメント
オーバーアロットメント

有価証券の公募・売出しにおいて、当初の公募・売出し予定株数を超える需要があった場合、主幹事証券会社が対象企業の株主等から一時的に株券を借りうけて、公募・売出しと同一条件で追加的に投資家に販売すること。

需要動向に即した販売や売出し後の流通市場における需給関係の悪化を防ぐことを目的として導入された制度である。

なお、過剰販売及びシンジケートカバー取引等を通じた利得行為の発生を避けるため、合計数量は公募・売出し予定数量の合計の15%を上限とすることが定められている。

※ご注意
  • 追加して欲しい用語がございましたら、お問い合わせフォームからご連絡ください。掲載については当社にて判断させていただきます。
  • 当サイトに掲載されている用語集より引用する場合は、必ず出典元およびURLを記載してください。
    例:「M&A Online 用語集(https://maonline.jp/glossaries)」